ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

キム・ジウン監督 ”ペルソナ”おもしろ考察

ノムノムノムでイ・ビョンホンの悪者キャスティングは本当にベストチョイスだ.
イ・ビョンホンはノムノムノムでキム・ジウン監督のペルソナとして席を取っている.
キム・ジウン監督 クワイエットファミリー, 反則王長靴紅蓮, 甘ったるい人生, ノムノムノムドングずっと新しいことを見せてくれる監督
過去静かな家族, 反則王等のキム・ジウン初期作たちは最近作品たちの感覚的スタイルよりはコメディーが株を成した. (この時キム・ジウン監督のコメディージャンルのペルソナはソン・ガンホが引き受けて来た.) キャラクターと冷笑的ブラックコメディをザルイクルオネッオッダ.
(追記あり)



しかしキム・ジウン監督はスリーで(カミングアウトは見られなく) 変化する. スタイルリスィした感覚の目を開いたのか音楽編集美術等イェゾンがは非常に違われる. 特に長靴紅蓮の感覚的スタイルはパク・チャンウックといっしょに韓国最高と感じるほどガムガックイノムチョ流れた. (音楽, 俳優(林数正義イメージ), 美術, 編集, カメラ皆パーフェクト)
しかしキム・ジウン監督はもう一度変化する. 女性性の映画で男性盛栄化でうって変わってしまう.
すなわちスリーと長靴紅蓮は女性俳優たちによる女性性李剛した(スタイルは女性性とハムケナタナッダ.)ホラームービーだったら, ダルコムハンインセング(甘い人生)は強い馬草においがプルプルナはやくざ映画だ. その後作品もソン・ガンホ チョン・ウソン イ・ビョンホンをキャスティング
してウエスタンムービーを作る. それも過去男性たちのロマンイン
夕陽の無法者の原題をそのまま取りながらね.
この馬草映画(ノムノムノム,甘い人生)でキム・ジウン監督はイ・ビョンホンという彼の新しいペルソナを登場させる.
甘い人生でイ・ビョンホンはキム・ジウン監督の感覚的なスタイル(女性性)と強い男性像をそのまま全部食べてペルソナ書の準備を終える(バロダウムザックプムケスティング) 甘い人生を見ればイ・ビョンホンは本当に美しくて纎細ながらも強い男性性をよく表現する. グリビッピブ, 美しいあごの線と気丈夫な体つき, ザルマッヌン黒い色スーツ中低音の素敵な声, 強いながらも感性的な目つき等本当に催故意キャスティングだったと見る.(エリックはエラー)
今度ノムノムノムでも悪者は3倍雨中一番スタイルリスィして一番男性性がドッボイは役割で, イ・ビョンホンはグヨックをよく消化しているゴッウロボインダ.(アジックモッブァでそのままそうのようだ)それに
過去 キム・ジウン監督のコメディージャンルのペルソナ ソン・ガンホまで 登場したら本当に期待される.(キム・ジウンと二つのペルソナの出会い)
キム・ジウン監督の映画は引き続き弁化する. 韓国でこんなに多様なジャンルをこの程度まで作ることができるゼヌンヌングはキム・ジウンしかない. 各自の個性に当たるように一つや多ければ二つの位に専念することができることなのに
キム・ジウンは3~4種ザングルヤングファルルマンドルオッウなら皆まね以上の作品を抜き出した. ブラックコメディ, コングポヤングファルワル, ウエスタンムービー,SFドンググが抜き出したジャンルたちだ. (なかでも長靴紅蓮は韓国ホラームービー中天井値アニルがする個人的考え)

*ペルソナ*

真正な自分とは違い他人に闘士された性格を言う. この用語は
カールを戎夷作ったがエトルリアの道化役者たちが使った仮面を意味する
ラテン語で由来したのだ. カール・ユングによれば, ペルソナがあるから個人は生活の中での自分の役目を反映することができるし, したがって自分の周辺世界と相互関係を結ぶことができる. また自分の固有した心理構造と社会的要求の間の妥協点に到逹することができるからペルソナは個人が社会的要求に適応することができるようにする.

私が映画「甘い人生」を観たときの第一印象は ジウン監督でした
ビョンホン扮するソヌよりも この監督「すごい」と思ったんです
何がそう思わせたのか まだよく解かりませんが まず色 
その色に言葉を浮き上がらせるやり方というか 
まだ私はこの方のように監督を語れませんが 
何か惹きつけるものがあります
映像にしても音楽にしてもです
映画「ノムノムノム」では何を魅せてくれるのか楽しみです 
監督の最初の構想の時に思い描いたことが何なのか知りたいと思います
この記事に興味を持ったのは「カミングアウトはみられなく」と
「ラテン語」そして「ペルソナ」でした
なんとなく私と考えていることが似ているような気がしました
by kazem2 | 2008-06-26 21:05 | 趣のままに