ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「ノムノムノム」出演料投資は必要なかった!

スター俳優たちが出演料で製作コストに投資する事も多くなった. 映画 '化け物'のソン・ガンホは出演料全額を投資して 2倍の収益を得た.
ソン・ガンホはインタビューを通じて "製作初盤資金圧迫がひどい時負担を分けてほしかった"と明らかにした事がある. 製作コスト投資を受けにくい作品に俳優が出演料を投資して初期製作コスト負担を分けているという話だ.
これは映画興行によって追加でお金をもらうランニングギャランティーや収益を分配する目的に製作社持分確保とは概念が全然違う. 映画が興行で失敗する場合出演料より少ない金額を返してもらうことができるからだ.







61回カン国際映画祭参加した ソン・ガンホはイ・ビョンホン, チョン・ウソンとともに映画 '良いやつ, 悪者, 変なやつ'(以下 'ノムノムノム')にも出演料一部を投資する意思を表明したことと知られた.
'ノムノムノム'を製作したバルンソンのチェ・ゼウォン代表はアジア経済新聞との電話通話で "製作コスト投資用地に困難を経験する当時三人の俳優が奮って出演料の中で一部を集めて投資する意思を明らかにしたが以後投資者円滑に成り立って現実化されなかった"と明らかにした.
催代表は引き続き "興行が不透明な製作初期に出演料を製作コストに投資することは作品に対する自信感と強い愛情がなければ非常に大変な事"と説明した.
一方映画 '映画は映画だ'に出演中の俳優ソ・ジソブと姜指環もこの映画に決まった金額を投資して人目を引いた. 普段出演料より少ない金額の出演料を受けながらも低予算映画に力を加えるために製作コストを一部投資したこと
この映画の製作社スポンジ関係者は "投資よりは十匙一飯の概念"と説明した.(抜粋)
[アジア経済新聞苦境席記者]
kave@asiaeconomy.co.kr
2008-06-14 23:01
by kazem2 | 2008-06-14 23:33 | News