ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ビョンホン 11日 帰国

ハリウッドのブロックバスター, ベニス映画祭グランプリ監督の映画, 韓国最大製作コストの話題作, そしてカン・ジェギュ監督が作る
200億ウォン諜報ドラマ.'

演技者なら誰も一度欲心を持って挑戦したい作品だ. ところで一作品でもない四種類皆に挑戦状を投げた男スターがいる. まさに
イ・ビョンホンだ.
彼は国内でテレビ劇場とスクリーンにかけて自他が認めるトップスターで, 海外ではベ・ヨンジュン チャン・ドンゴンなどとともに韓流を代表するスターだ. ところでイ・ビョンホンはこんな名声を後にして今
16年俳優人生最大の勝負の賭を投げた



イ・ビョンホンはチェッコプラハで進行された撮影を終わらせて 11日午後帰国した. しばらく業務のために国内に立ち寄ったりしてもおおよそ 200日ぶりの帰還. 彼はその間海外で三つの本の映画を撮った.
三作品皆まだ封切りしなかったが彼の俳優人生で重要なターニングポイントになる映画たちだ. まず 7月中旬封切られる '良いやつ, 悪者, 変なやつ'(以下 'ノムノムノム'). イ・ビョンホンが 2007年 7月から中国で撮影したこの映画は純制作費 174億ウォンにマーケティング費用を含んで 200億ウォン内外が投入された話題作だ.
ソン・ガンホチョン・ウソンが一緒に出演する映画で外貨の攻勢に見た目の悪く滞った韓国映画の自尊心を捜してくれることで期待を集める作品だ. 私たち映画今年の一年商売がこの映画によったと言っても過言ではない. あれほど韓国映画看板スターであるイ・ビョンホンの担った荷が重い.
'ノムノムノム'の撮影日程を割って香港で撮った映画 'I come with the rain'と言うベニス映画祭グランプリに輝く出るという中紅監督の最新作だ. イ・ビョンホンが弔詩ハトネットと共に公演したこの映画は 8月ベニス映画祭競争部門の招請が有力だ. 興行スターではない '俳優' イ・ビョンホンの価値を評価受ける作品なので彼は殺人的なスケジュールの中でも特別な念を入れた.
そうであるかと思えば最近チェッコプラハで撮影が終わった 'G.I.JOE'は韓流スターを越えてもう米洲及びヨーロッパ市場で彼が通じることができるか挑戦する映画だ. 'G.I.JOEはシエナミラー, デニスクェイドなどが出演してパラマウント社が製作するアクションブロックバスターだ. 作品の比重にふさわしくパラマウント社は撮影終了を控えた去る週末プラハで世界各国の記者たちを呼んだし, この時イ・ビョンホンも多国籍取材陣の注目を引いた. 後半作業を経って来年 8月封切りする映画が成功する場合アメリカ市場進出がもっと本格化されることができる.
200日余りの息忙しい旅程を終えて帰って来たイ・ビョンホンは休息なしに下半期に最後の挑戦に出る. カン・ジェギュフィルムと太原エンターテイメントが一緒に製作するドラマ 'アイリス'が彼を待っている.
200億ウォンの製作コストが投入される超大型諜報ドラマでイ・ビョンホンには 'オールイン' 以後 5年ぶりのドラマ出演だ. ロシア, 日本, アメリカ, 中国などを行き交って撮影される予定であるこのドラマは特に萎縮した韓流ブームに触媒制になることで期待を集めている.
果して正常の安楽さをあきらめて演技者で一生一帯の挑戦に出たイ・ビョンホンの選択はどんな結果を生もうか. rush@donga.com
2008 06-12-07:34
by kazem2 | 2008-06-12 07:59 | News