ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ヨン様 「太王四神記」苦戦

1日大阪 ‘太王四神記プレミアムイベント’にはファン 3万5000人余りが雲集したし, 4日東京 NHK放送社会見には取材陣 300人余りが殺到した. 7日横浜で開かれたサッカースター中田英寿(31)の慈善サッカー大会にも登場, 6万余観客を沸き返えるようにした.
ベ・ヨンジュンがこのように日本に長居をする主な理由は NHK 地上波が土曜日夜 11時に放送中の史劇 ‘太王四神記’を広報するためだ. 4月5日から放送されているドラマはしかし視聴率競争で苦戦している.
‘太王四神記’は韓国で平均 30%の視聴率を記録しながら大きく成功した. しかし日本での初回視聴率は 7.7%(ビデオリサーチ)に過ぎなかった. 2回 5.9%, 3回 5.4%で回を繰り返えすほど視聴率はずっと落ちた.




日本では視聴率が 10%台を越せば人気ドラマで認められる. NHKが放送, 韓流熱風を呼んだ ‘冬のソナタ’は平均視聴率 14.4%を記録した. 富士TVが放送したグァン・サンウ(32) 主演の ‘天国の階段’は平均 11.7%をあげた. イ・ビョンホン(38), リュ・シオン(36) などが出演した ‘美しい日々’は 11.5%, 韓国食べ物熱風を呼んで来た ‘大長今’は 11.3%だった.
以後韓流はたじろいだ状態だ. 企画ドラマ ‘悲しい恋歌’(8.9%)が期待位の成果を得ることができないのに引き継いで ‘パリの恋人’(3.7%), ‘朱蒙’(2.6%) などが大変不振だった. ベ・ヨンジュンの ‘太王四神記’がまた触媒と作用するのを期待したが視聴率面では期待以下の雰囲気だ.
‘太王四神記’はベ・ヨンジュンが日本へ来た先月 31日視聴率が 7.4%で上昇した. ところでベ・ヨンジュンがあらゆるイベントを広げた後人 7日には 5.3%に落ちた. このような時間帯に TBSが放送した日本と五万のサッカー国家代表ワールドカップ予選戦(18.3%)に日本視聴者たちの関心が集まったのが主原因ではある.
ベ・ヨンジュンは今度訪日で日本で相変らず確固な ‘ヨンサマ’の影響力を確認した. ただ, 個人の知名度を韓流コンテンツ活性化で引き継ぐことはできなかった.
yhkim@newsis.com
私も評判のドラマということだったので 観ていましたが もうひとつ
解かりにくくて ドラマに入り込めませんでした
何かをしながらみていたのがいけなかったのでしょうか
by kazem2 | 2008-06-10 18:38 | 趣のままに