ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

韓国映画人に期待する

スクリーンクォーター制が縮小になり 外国の映画が入ってきて
観客にとっては選ぶものが多いほうがいいですが
韓国映画界にとっては やはり危惧されたような状態になったのですね
ここ何日かの記事を読んでも暗い気持ちになるようなものばかりです
100編余り作っても 封切りになるのが半分にも満たないとなれば
深刻です
映画はタダではできません。 相当な赤字が予想されます
そうすると やる気が起きなくなります
負のスパイラルに入り込んだような感じですね
韓国映画人にとっては 今までが”ぬるま湯”に浸かっていた状態
なのでしょう
今は試練の時とはいえ作ったものが世に出ないとは悲しいことです
映画を単純に商業的なモノサシでみてはいけないという考えもありますが 観客からチケット代(お金)を取る以上 商業的に成功させることも頭において置くべきです
いい作品には 韓国映画 外国映画に係わらず 観客はついてくると思います
頑張ってください
ビョンホンのように 常にトップにいる人は どんな状況にあっても 
いつも自分のステージを持っていて 力を発揮します
ビョンホンはハリウッドにいくしかなかったのかもしれませんね
by kazem2 | 2008-06-04 13:19 | 趣のままに