ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ビョンホン カンヌインタビュー

第61回カンヌ国際映画祭に進出したキム・ジウン監督の韓国型ウエスタン映画 ('ノムノムノム')で '悪者' チャンイ役を引き受けたこと.
彼は 24日午前(現地時間) カンヌ浜辺で韓国記者たちとインタビュー席を持って "食傷した悪役演技になるか心配もなって乗馬を学んで足の折れるなど困難があったが後には (しなければならないという) 来るのが生じた"と出演きっかけを紹介した
彼はまた "リアルな悪人演技は楽しくて楽しみがわく映画にふさわしくない思った"と "それよりは最高になるために命でもかける嫉妬心多いキャラクターで理解した"と説明した.







次は一問一答.

--カンヌへ来た所感は.

▲映画撮ることも大変だったが本当に大変なのはカンヌ日程合わせるのだった. 3ヶ月の前からパラマウントにお願いをしたのにあんまりスケジュールが縛られた状況だから出発直前まで可能性がずっと繰り返し変更された. 今日試写会が重要なので反応が良ければこれ以上良いことがなさそうだ.

--出演を決心するようになった理由は.

▲悪役を一度やって見れば面白いと思って来た. ところで実際にしようとするから楽しさにだけできるのではなくて責任感がよる事だったよ. 私がする悪役演技が食傷して失望ならばどうか心配になった. 出演した後には期待以上に新しい感情をたくさん経験するようになった. 撮影期間に妙な感じをたくさん受けた.

--どんな姿の悪役を演技しようと思ったか.

▲全般的に楽しんで笑うことができる楽しみがわく映画だ. その中で私がリアルな延期を固執してはいけないと思った. 分析して計算して聞けば当たらないのだ.

--馬に初めて乗ったと言っていたが.

▲幼い頃民俗村へ行って登ってみたことと済州島で小馬登ってみたのが全部だった. 馬に乗って見たら本当に危ない動物だったよ. 自由自在で乗るというチョン・ウソンも何回も落馬した. 一月過ぎるようにこの作品ができないとくり返し変更している状況で遂にすると言ってから何日ぶりに落馬して足首が折れる事故にあった. 私がこの映画ができないのが運命だねたかった. ところで来るのが生じていたよ. 私の感情が重要にしなく重要ではないという考えにした. 後で馬場では早く学んで運動神経が良いという話も聞いた.

--撮影当時にはどうだったか.

▲馬場で馬と一緒に身を合わせて走る '習歩'を教えてくれと言った. ところが (コーチが) 撮影する時監督が俳優にそのようにまでさせないと言っていたよ. ところで中国へ行ったら先後に何らの障害物もないから習歩ばかりしなければならないのだった. 初めには '私は死ぬね' たかったが実際にして見たら適応になった.

--それではまた馬に乗る映画を撮ればお上手だ.

▲それはまた考えて見なくちゃいけない. それでも馬は恐ろしい(笑い).

--取る前に運動をたくさんしたようだ.

▲シナリオを初めて読んだ時どのようにすると悪辣な感じが生き返えるか悩んだ. 心理や性格も重要だが身が現われた時ほっそり痩せてもこっそり筋肉が現われる身なら血も涙もない悪人と見えないかと思った. 足けがをした時一月半分を休んだがあの時個人トレーニングをした.

--名うての俳優たちと一緒にしたが競争心が生じなかったか.

▲現場に来て見ればそんな考えがするはずだ. 中国砂漠撮影現場は戦地みたいだ. 日がチェング出ていながらも 1分ばかりに真っ黒い雲が群がって来る. 雨風にテントがしわくちゃになったり昼に暑い時は 40℃まで上がる. 気候と環境による苦痛が多かった. だから各各演技だけお上手ならば良い状況だった.

--今度悪役演技が俳優生活のターニングポイントになるか.

▲もっと遅れる前にあれこれして見たいという考える. ところでいざその中で精神なしにする人はターニングポイントというのがよく感じられない. 後でこの状況が過ぎた後には 'あの時苦労をたくさんしたな'という気がするようだ.

--'ノムノムノム' 中国撮影が終わって 'G.I 組' 撮影にすぐ入って行ったが.

▲中間に韓国にちょっと入って行ったことを引けば 200日身近に家に行けなかったわけだ. 結婚してたらたいへんだった(笑い).

--韓国型ウエスタンは新たに試みされるジャンルなのに, 今度演技がこれから新しい典型で残ることができるようだが.

▲そのようになればいいね. 私よりはジョン・ウェインのように典型的なチォングザブイはチョン・ウソンが引き受けた '良いやつ' 役だ. 私の引き受けた役は最高ではなければならないという考えを常にする人物だ. とても小さな部分に対しても嫉妬心が多い. 見掛より内気で. そして良い奴が必ず良いやつであるのではない. 監督様に映画題目が '良いやつ, 悪者, 変なやつ'ではなく '悪者, もっと悪いやつ, 本当に悪いやつ'と変えなければならないのではないかと冗談言ったりした(笑い).

cherora@yna.co.kr  22:03配信

カンヌの奴等右端のちょっとだけ見えているのをクリック
by kazem2 | 2008-05-24 22:43 | News