ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

[インドネシアへの旅・・・「美しき日々」のあと]


♡インドネシアへの旅



'留守にし出す' , 今の彼にはこれより切実なことがないと言った. 変化無双した所への旅行代わりに限りなくだるくて平和なお休みのためにイ・ビョンホンと一緒にインドネシアの美しい島, Lombokノボテルコレルリアリゾートに発った.
垂れた椰子樹の下で一週間のお休み...

'美しい日々'が終映するこの間, 出勤道に偶然に彼のドラマ撮影チームとでくわしたことがある. あいさつを掛けて軽く笑わせたしたがカメラに向けた彼の顔ではいっぱい引かれた輪ゴムのように切れるように張り切ている緊張感が感じられたが, それから三時間くらい後私はインターネットを通じて彼が気力がつきて倒れたというニュースを接した.

前から彼と (ロピシへ)が計画したのは引導旅行だったし終始 '引導'を歌った彼だったが, 気温が攝氏 50度に迫るという真夏の引導旅行がくたびれた彼にはどうしても心細いという気がする時頃.

彼が島に旅に出ようと提案した. 申し分ない代案だというのに私たちの皆は同意したし, そして私たちは引導代わりにLombok行荷物をまとめる事にした. 土気色ガンジス川に足を浸す代わりに珊瑚色海に跳びこむことも悪くないと慰安して...

下手な空港職員が私たちの足首をつかまえたおかげさまで旅行の手始めは危なげだった. 全速力で走って辛うじて飛行機に上がる前まで旅行のときめきみたいなことは思い浮かぶ振ることがなかった. それに空港まで見送りに出たファンが包んでくださった果物やお菓子包みをいっぱい持っていた彼は歩くことがのろかったし, とにかく去ろうとする飛行機をつかまえるために仁川空港で 100 メートル競走をしなければならなかった理由は 9時間の長い飛行が終わって行く頃明らかになった.

飛行機がLombokでの着陸のために低空飛行を始めながら会った絵みたいな空と長い間視野にとどまった巨大な火山 ( 私たちの見た火山はLombokと地図の上に爪位落ちたバリ島の物だった. )がイゼホンランスロウン都市を忘れても良さを黙黙と教えてあげていたから..

飛行機は一週間の間とどまる新しい世界に私たちを下ろしたし, ドラマ撮影が追いこみに至るほど満たすひまなしに発散しなければならなかった息苦しい呼吸をまだ整えることができなかったように見えた彼もいよいよ余裕を捜したようにだぶつく歩くことで滑走路を横切っていた.

ちゃかちゃか, 断層役場建物一つ大きさのマタラム空港で異邦人を初めて当たることは壁あちこち付いている指ほどのとかげたちだった. そしてヨーロピアンたちとインドネシア人たちが半々ほどまじてにぎやかな小さな空港の沼と言う(のは)...
いつか私を驚かした北京空港の騷乱を彷彿させる混乱するにつけてしばらく黄亡骸する間ノボテルコレルリアの職員が忽ち私たちを見知って手を振った.

ミニバンに乗ってした時間ほどウルトングブルトング田舎道を走って至った所, まっ暗な夜, リゾートとの最初出会いはこぢんまりして暖かかった.

わらぶきとシルエットが似ているササック ( Lombokの伝統家屋 ) バンガローと闇につけて白いこれで目立ったように見える浅黒い肌のLombok原住民たちに会いながら私たちは千変万化した旅行の刺激程一週間のだるくて怠けなお休みも充分に幸せな選択だったのを認めなければならなかった.

一夜, 浜辺でのバーベキューパーティーでリゾートでのお休みが始まった. 朝まで巨大な都市の息苦しい呼吸の中にあってふと平和な楽園で投げられた私たちは垂れた椰子樹, 照明を受けて輝く海, いっぱい調った料理とすべての歌を自分の式で解釈して呼ぶ原住民バンドの素朴なヨンズエソさえリアリティーを感じることができなかったが, イ・ビョンホンが頭で水をぽつりぽつりと下げてさわやかな表情で現われた..
遠くなくて良い人会うようです, 来年頃... そして結婚すれば 2年位は仕事の内と結婚生活に抜けているとか旅行通うようですよ." 誰か予知力を発揮してこんなに言うと彼は水くさくも直ちに自認めた.

"よく合わせますね. このごろ '結婚'に対して真剣に考えています.. 結婚したいです. 恋愛をして見てから長くなったが, もうまた恋愛をすれば隠すとかスキャンダルみたいなことを警戒しないんです."

驚くほど近くで零れ落ちる星と少しはじめじめする空気, 椰子樹が四角距離(通り)は音, そして適当な量のアルコールにだるくなった私たちは島でのお休みが少しずつ過ぎ去っていることを惜しんだ.

そのように一週間の休息が終わる頃静かだったリゾートが引き立ち始めた. 黄金連休に迎えたヨーロッパの旅人たちがはるか遠い島のリゾートを尋ねて来たのだ. うら寂しかったところまた旅人たちの熱気で満たされ始めた. 何日ぶりに立ち寄ったパパはバーのバーテントドは浮かれて私たちに歌と踊りを勧めたし, おとなしく座っていたカメラマンとアシストは珍しい踊りで '熱帯の最後の夜'を楽しんだ.

去らなければならない時間になったが, 皆浜辺で起きる思いをない. しばらく呆然と海を眺めたうちの皆はふと残しておいて来た事と延ばしておいた悩みたち, 忘れた約束たちを仕方なく思い浮かんだ.

初日空港で私たちを迎えたおしゃべりなレックシが私たちをまた空港で案内した.

日を受ければ黄金色と見えた防葛への屋根たち, ?欺瞞すれば妙にだるくなった浜辺のレストラン, 鴎のように優雅に飛びながらもからすのように鳴いた白いおうむ, プールとところどこでも情熱的なキスを見せてくれた南米から来た恋人, いつもあっという間にしっぽを巻いたとかげ, 始終ミスター李( イ・ビョンホン )を捜し回った親切なメード, マタラム空港の滑走路で会った最後の日のソンセッまで....

ソウルに戻って来た後忽ち忙しい日常に適応してしまった私たちはLombokでの一週間を真黒く忘れていてからたまに一つずつその所の感じたちを思い浮かんで.. '良かったが...' して呆然と吟じたりする.

ビキニ(key_gold)

732 イ・ビョンホンが去ったLombokノボテルビキニ 2008.02.19 0
by kazem2 | 2008-02-19 18:19 | 趣のままに