ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[出国3日前のインタビュー シネ21]

e0109292_8411420.jpg

♡MAGAZINE CINE21
♡「ノムノムノム」封切り4月30日となっていますがやはり公開は夏だと思います ビョンホンさんは6月までアメリカです
♡ソヌの背中



<良いやつ, 悪者, 変なやつ> <子供パソコンウイドもっとレーン> のイ・ビョンホン
イ・ビョンホンは現在韓国映画界で一番忙しい人物中一人だ. 2007年は彼に一番気が抜ける一年だったし今年も手強く見える. 2006年 <その年夏>を封切りした後しばらく甘ったるい休息を取った彼は 2007年初からキム・ジウン監督の <良いやつ, 悪者, 変なやつ>(以下 <ノムノムノム>)に突入したし, 初夏にはKimuraTakuyaと <ヒーロー>を取ったし, 真夏と秋には中国で出るという中フング監督の <子供パソコンウイドもっとレーン>(I Come with the Rain)を撮影したし, 似ている時期日本でツアーを持ったし, ハリウッドブロックバスター (G. I. Joe) 出演を決めた. そして最近 10ヶ月近くかかった <ノムノムノム>の大長征を終えた彼は言葉とおり撮影が終わるやいなやアメリカ行飛行機に乗りこんだ. 1月23日 <ノムノムノム>で自分の撮影分量を皆終えたイ・ビョンホンは現場にサガッドンジムがバングを取りまとめて持って直ちに仁川空港に向けたのだ. アメリカで彼はまず のためにあらゆる訓練を受けるとか多様な出会いを持ちながら現在は公開することができないが論議されているいくつのグローバルプロジェクトを打診する予定だ. ‘寒流’ スターで ‘ワールド’ スターで徐徐に足を移していること. おかげさまで去年中旬から論議されて来たイ・ビョンホンとのインタビューも出国三日前の 1月20日にはやっと成事になることができた. あんまり余裕がなくてやむを得なく <その年夏> 封切り当時 <さんの21>が撮った写真と <ノムノムノム> <ヒーロー> <子供パソコンウイドもっとレーン>のスチール, そして所属社で撮ったスナップ写真を見せてくれるしかないことを残念に思う.

-<ノムノムノム> 撮影を 4月から今までしたから肉体的でも精神的でも疲れがたくさん積もったろう.
=たぶん一番忙しい一年ではなかったかと思う. 蟹に <ノムノムノム>を取りながら出るという中フング監督の <子供パソコンウイドもっとレーン>まで同時に取って中国と香港を行き交わなければならなかった. そこに日本 4ヶ都市を回りながら ‘アレナーツアー’という名前の公演までした. 最初計画では映画を皆撮った後にすることにつかまっていたが, 映画スケジュールが増えながらそのようになった.

-<ノムノムノム>の窓が役はどんなに引き受けるようになったか. 初悪役ではないか. 典型的な悪役ではないとしてもキャラクターの間の関係では悪役の位置に立つようになるでしょうに, もし負担ではなかったか.
=いつかからそんな考えをするようになった. ‘今まで私がひどすぎるように橋をたたきながら渡って来たのではないか. どうして幼い頃あらゆることをはかって計算しながら作品を決めただろうか. 試行錯誤はあの時たくさん経験しなければならないことなのに.’ ところで今も遅くなかったという気がした. だから私をそのままぱっと開いておきたくなった. この前ようならばかしげた役目も推進力ありげに追いやることができるようになったし新しいことも試みるようになったようだ. <ノムノムノム>のチァングイは演技生活 17年の間初めて引き受けた悪役なのに, あいにくにも <子供パソコンウイドもっとレーン>で私が引き受けた役目である受動ぶどう悪役で, のストームシャドーも表面積には悪役だ.

-そのように考えをまたするようになったことがもし <その年夏> 以後ではないか.
=<その年夏> のためではない. <その年夏> 以後休むうちにあらゆる考えをして見るとそうするまで及んだようだ.

-キム・ジウン監督は窓というキャラクターをどんなに説明したか.
=その時代のばたやと言った. 彼の人生で一番重要なことは最高にならなければならないというのだ. だから名誉を一番大事に計算する人だ. 最高になるためにはたまらなさも不死するそんな人物だ.

-実際に初めて引き受けた悪役演技はどうだったか.
=私はすごく面白かった. 延期と言う(のは)理性と感性が同時に作用することだが, 私はキャラクターに最大限感性的に沒入するのが正しいと思う. しかし <ノムノムノム>は俳優たちの鮮やかで自然な演技だけ固執する映画ではないようだ. 少しの過剰とスタイルが必要な映画みたいだ. スタイルが出ようとすれば監督の要求し次第に腕はぴったりこの位だけ大目に見てやって視線は正確にどこかを報告, こんな式で演技しなければならない. 結局理性と判断しなければならないという話だ. 初盤にはそのように手動作一つ, ゴゲッジッ一つまで気を使いながら延期をして見ると感性的な部分を制約受けるような感じがしていたよ. ところでそこで面白いのができた. モニターを見たらどんなに出たかは分からなくても思いもよらなかった私の表情があったし予想することができなかった感じもした. 私が思ってもとても悪しく見える感じだと言えるか. とにかくこの映画は一言でひとしきりよく遊んだ気持ちだ.

-必ず悪役なのでそんな感じがしただろうか.
=悪役だからもうちょっとそんな部分たちを感じることができたようだ. とてもディテールした動作たちを監督様が要求し次第に, あるいは私が設定したとおり演技しておいてモニターに見れば二人みんな想像することができなかったことが出る時がある. そんな場合に感じる快感のようだ.

-そういえばスタップたちによれば同じ悪役でもチァングイは他に見えると言っていたよ.
=昨日撮影の時も監督様とその話をした. 映画に私がタバコを吸う姿をクローズアップで取る場面が 2番(回)出るのに, 初めにはテグが乗った汽車を止める時だ. あの時姿はよほどクールする. 後半部にも似ている場面が出るのに目つきや表情がとても邪悪で卑劣なばたやみたいだ. この二つの場面を見たら私の演技が一貫されなかったようだったよ. ところで監督様がそんな話をしていたよ. 彼が処した状況によって感じが変わることであって, チァングイの性格が変わることではないようだと.

-<ノムノムノム>のために学んだのが多くないか. 一応馬に乗ることから学ばなければならないでしょうに.
=学んだりしたが大変な過程があった. 出演決定をたいてい翌日初めて乗馬を学びに行ったがよりによってすぐその日夕方, 家階段で足を踏みはずして桃骨がぽきっと折れた. 程度がひどくて結局病院で手術を受けなければならなかった. その後ではいくら間家で休まなければならなかったが私が主人公で登場した <ローストプルレニッ>というゲームにはまった. 歯なのオンライン大田になるから楽しさがあったよ. そうするうちに我に返った. みんな熱心に準備の中なのに私がこれでも良いがと言う気がして身筋肉を鍛える事にした. 窓というキャラクターは大きめにした筋肉を持ったのではなくとても寝るのが破れた筋肉で押し堅められた人物だ. 着の身着のまま見ても ‘やあ, あいつは本当に悪辣だ’ そんな感じがする. それでトレーナーを家と呼んで足にギプスを一軒で筋肉訓練をした. 一度に 50分ずつばかりするにもトレーナーの要求する強盗はおびただしかった. 完全地獄訓練だった. (笑い) それでも私の毒毒しい面があるのかトレーナーではなくこの位訓練を消化した人は誰もいないと言っていたよ.

-これから本当に多い人々が問って見る質問であるでしょうに, ソン・ガンホ, チョン・ウソンと個人的に親しくはあるが現場でキャラクターで取り組んだらどうしても競争心が生じないか.
=競争心がてんからなくはなかったはずだ. しかしあんまり利口な俳優たちで経験も多いから映画がまずという考えをしたようだ. 映画は死んで自分だけ住むというのが話になるのか. そんなことをノムドルよく分かっていたから相手によくしてあげなければならないという意識もみんな持っていたようだ.

-KimuraTakuyaと一緒に出演した <ヒーロー>はどんなに提案受けたか.
=KimuraTakuyaのマネージャーイイジマと言う(のは)粉餌ある. かなりずいぶん前に分かるようになった以後あらゆる議論をするようになる関係になったがある日 <ヒーロー>にカメオに出演してくれと言う提案をして来た. 以前にも ショー出演など何種類要請を断ったことがあってすまなかったりしたし, この映画に出演するのが悪くない事みたいでもあった. 代わりにどうせ出演する事にしたがよくしようという心にはくもっと作ってくれと言って頼んだ.

-出るという中フング監督の <子供パソコンウイドもっとレーン>に対して話して見よう. どんなに出演するようになったか.
=<ノムノムノム>よりも先に出演を決めた作品だ. 2006年頃か, 出るという中フング監督とプロデューサーであるフェルナンドスルリチンが韓国を尋ねて来て会ったことがある. その席で出るという中フングは異聞列氏の <人の息子>が好きだと言いながらその作品をモチーブで映画を作ることなのに出演してくれと言うのだ. 私も大学 1年生の時の衝撃的に見た小説だから好感があった. いくら後シナリオが来たが話が難解ではあっていたよ. アート映画を作る方だからある程度は予想したが, とても難しくて初めには荒てた. (笑い)

-そんなに難しいのに出演決定はどんなに下したか.
=なんか難解な面があったりしても私が引き受けるスドングポというキャラクターは理解ができていたよ. そして出るという中フング監督の世界で私が何か得るのがないか, 私が何か感じるのがあらアンウルカという期待もあった. 悪役に対する挑戦と似ている次元でもある. 私が少しでも若いと思う時私が分からない私を捜してみようというの言葉だ.

-出るという中フング監督はあなたをどうしてキャスティングしたと言ったか.
=<甘ったるい人生>を見たが, 表情が皆好きだったと言った. そんなディテールした表情たち, ディテールした感情はアジア俳優の中で見にくいことだと言っていたよ. そうではなければ… この映画で私の引き受けた役目は香港組職のボスなのに, 私が <甘ったるい人生>で組職の 2人者で出たからかも知れない. (笑い)

-<子供パソコンウイドもっとレーン>は何のイェギンが.
=説明しようとすると複雑で製作陣もとても詳細に公開する巻いてくれと言う立場(入場)だから手短に言えば, まず主人公が弔詩ハトネッなのに彼はどんな仕事で警察で追い出された後私立探偵をしている. 彼がある日センプランシコの一中国人から失踪された息子を捜してくれと言う頼みを受けて結局香港まで行くようになる. 彼はヨムンラックが引き受けた役目である香港刑事とともに通うのに, この刑事には必ずつかまえたい犯罪者がいる. それがスドングポ, だから出る. スドングポは香港犯罪組職のボスで情け容赦なくて無慈悲な人だ. この人のアキレス腱が一緒に暮す女リリーだ. スドングポにリリーは命とも同じ存在だ. ところでリリーがある日消えてスドングポは彼女を探して出る. それで会うのがKimuraTakuyaが演技するシタオだ. 彼は神秘の能力を持っている人物ながら弔詩ハトネッが依頼された失踪された息子でもある. おおよそこんなに進行される.

-<ノムノムノム>と同時に取ったと言ったが撮影分量は多かったか.
=15回次位だったが, 問題は何回行かなければならなかったというのだ. 最初には 2番(回)だけ行けば良いと言ったが結果的には 5番(回)か 6番(回)を香港へ行かなければならなかった. それでも中国で香港だからソウルで済州島行き交うように軽い心で行ったり来たりすれば出来ると思った. ところで一度行けば 13時間もかかった. <ノムノムノム> 撮影地であるドンファングから香港まで行こうとすれば他の都市に出てからまた上下や北京に行って香港行く飛行機を乗り換えなければならなかった. あまりにも飛行機に乗るから後には私がパイロットになったようだったよ. (笑い)

-外国でもあって芸術映画監督が導く所でもあって現場雰囲気が非常に違ったようだ.
=非常に違った. 印象的だったことは一ヶ月後の撮影日付けと俳優たちことにの集合時間までディテールするように予告されるうえそれを正確に守るという点だった. 撮影途中雨が降ればそのまま取ったりした. もちろん製作者にダックダルダングすることもあったし, あんまり忙しい俳優たちを集めておいたからでもあったはずだ. 一番難しかったことはリリーとのラブシーンだった. リリーは <グリーンパパヤ香り>と <シクーロ>の主演と同時に出るという中フング監督の否認である出るという累イェンケが演技したからだ. 監督が横で見守りながら “もうちょっと… やや小いもっと…” こういうのに本当に困り果てていたよ. (笑い)

-弔詩ハトネッはどうしても主演だから大宇が特別だったでしょうに, 韓国のトップ俳優として引けを感ずる感じはなかったか.
=そんな気がすることもできたが, 結局にはそんな必要がなんかあるが下と思った. もしかしたら弔詩ハトネッと言う(のは)友達があんまり愛想が良くてソグルソグルヘソだったかも知れない. 初撮影のために香港へ行った時も弔詩ハトネッが嬉しくあいさつをしていたよ. それでこの人がどうしてこういうの, するのに部屋金までトレーラーの中で <甘ったるい人生> DVDを見たというのだ. 後で親しくなっては <甘ったるい人生>をアメリカでリメークしたいという話もした. そうだったからあまり引けを感ずることがなかった. 初めてする英語せりふ演技のため心配もしたが, どうせ人間の感情を表現することはお互いにまったく同じなことなのに, しながら心を入れ替えた.今 話をして見よう. どんなふうに提案が入って来たか. シナリオを先に受けたことか.
=所属社である BHエンターテイメントには海外パート担当であるチャールズという人がいる. 彼は私のアメリカエージェントであるエンデボとともに何年の間多くの作品に関して論議して来た. は去年に提案受けたが魅力的だと思った. トリートメント位を見て判断した. シナリオはしばらく後こそ受けた. ところで確かにそんな面は徹底的だったよ. ハリウッドではマニアたちがスタジオ近くに隠れている途中コンピューターを盗んだり, シナリオ一枚を引き上げるために建物ゴミ箱まで探すと言う. それでそうかシナリオが流出されないように神経をたくさん使った. 私に送ってくれたシナリオもコピーができないように赤色紙に字を取って送った.

-ある背景で出演提議に応じるようになったか.
=実は初めには否定的な方が 60% 位だった. 悩みになった点は製作コストが大きいブロックバスター映画だと老若男女皆が見られる水準で作られるという点だった. しかし先ほど言ったように, しなくて後悔するとして後悔しようという考えが基本的にあったし, 普段助言を与える皆さんに聞いて見たらみんなやって見なさいと言っていたよ. パク・チャンウック監督も “これをするのが当たるようだ” して話してくれた.

-はアメリカであんまり有名なマンガだ. 映画も設定が同じだが.
=はおもちゃで始めてシリーズマンガで作られたことだが, 元々は米軍たちの主人公だ. 韓国でも という名前で紹介されたことがあるんだ. 映画バージョンで ‘G. I. 組’チームと相手先である ‘コブラ’チームは多くの国人々が一緒に団結した国際機関に変わった. 基本的に彼らの間の対決を描く. 言ったようにハリウッド側の保安要求が徹底的でこの以上は言ってくれにくい.

-あなたが引き受けるようになるストームシャドーはどんな人物か.
=ストームシャドーは幼い頃お父さんみたいな師匠からニンザ教育を受けた人だ. 彼はスネークアイズという西洋子供と一緒にニンザ教育を受ける. ふたつは競争者ながらも兄弟みたいな関係だったりあるが, ある日師匠が疑問の殺されてストームシャドーが消えるとスネークアイズは犯人がストームシャドーと思う. その後でふたつは宿命のライバルになる. ドッザしたらこのふたつはアニメーションファンに一番歓呼受けるキャラクターと言う. 二つとも戦闘力が強くて神秘感まで感じられる人物だ.

-インターネットでは ‘イ・ビョンホンが日本ニンザ役目を引き受けた’と賑やかだったが.
=ストームシャドーは韓国人で設定すると製作陣と合意されている. それはキャスティングされる時から私が立てた条件でもある. 西欧人たちはアジア人を見る時国籍仕分けをよく分かったハザンナ. それに日本市場が大きいから日本人キャラクターがたくさん出たり. とにかく私の立場(入場)では当然韓国人で設定しなければならないと要求しなければならなかったし, 製作陣もこころよく受け入れた.

-アクション延期をたくさんしなければならないが.
=量が多いより一度アクションを広げればとても大きい規模で広げるようだ. 初めてキャスティングされる時私の言ったことがある. 私はジャキチャンでもなくてイヨンゴルでもないと. 私にそんな武術をしなさいと言ったら絶対にできないと. 彼らももうよく分かっていると言っていたよ.

-それでも基本的な訓練は必要ではないか.
=それで今アメリカで行くことだ. は 3月から始めて 6月まで取る予定なのに, 一ヶ月反情も準備過程を通すようになる. その中にそんな訓練もあるようだ.

-多くの便宜海外プロジェクトに同時に出演するようになった. 負担と覚悟があるようだ.
=出るという中フング監督の映画と は劇と棘人映画と思う. 私の基準ではあれこれすべてやって見ながらこれからは私をもう一度見つけなければならない時期ではないか思った. 勿論 に出演するという決定以後憂慮する視線も多くなったが, ある側面では本当に他の雰囲気と違う考えを持っている監督たちに私を任せて見ることが個人的な発展に役に立つと思った.

-もし活動の重量中心をハリウッドまたは海外に移すつもりも持っているか.
=全然ない. 韓国で良い監督たちと作業することはあまりにも相変わらずの既定事実で, そうして機会になればハリウッドでも外国だか行って来ることもできるという次元であってそこにヌルロアンアで何をするということは絶対ない.

-話を聞いてみたらこのすべての海外プロジェクトが <甘ったるい人生>で始まったようだ.
=それでキム・ジウン監督との出会いが本当に運命的なのではなかったかと言う気がする. それによって変化されたことが多い. キム・ジウン監督にありがたい心を持っている.

-ハリウッドで作業するようになればしばらくさびしくなるんと言う(のは)考えはしないか.
=先に間カン・ジェギュ監督様もいらっしゃってまだそんな考えをしないが, もしそうだとしてもそれが私をちょっと鍛錬させてくれると思う.

-韓国ではトップスターで君臨して来たが, そこではそれほど認められることができないことが間違いない. それに対する心の準備もしているか.
=基本的にどの位腹中に覚悟をしている. どこでナンダギンダしてもセングパン分からない友達が来て自分をトップ待遇をしてくれと言ってしたら受け入れるか. 基本的に甘受しなければならない部分ではないか思っている.

-テレビゲームである <ローストプルレニッ>にはどんなに登場するようになったか.
=分かる方がゲーム製作社であるケブコムと連結してくれた. 普段ゲームが好きな方だが, 必ずアドバンチュアゲームばかりする. 私が球技種目運動が下手でそうかゲームも <ウィニングイレブン> のような球技種目はしない. (笑い) 特に好きなゲームが <バイオハザード>と <グィムザ>なのにそのゲームを作ったケブコムが私をモデルしてゲームを開発するとはファンとしては楽しみがわく事だった. そして私が私を操りながらゲームをするとは考えだけでも面白かった. 撮影は二日位かかったが思ったより簡単だった. どんな機械の前に座らしておいて腹立った表情, 楽しい顔をしなさいと言う. それもたまに NGを出したりしたが(笑い), そのように 10分位した後コンピューターをとんとん触れるから自動的に 3次元模様になった. 非常に楽しい経験だった.

文 : 紋石
写真 : 五戒屋
♡「子供パソコンウイドもっとレーン」は「I come with the Rain」のことです
by kazem2 | 2008-02-13 08:41 | 俳句