ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

暮らしの手帖

e0109292_20581794.jpeg
連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のヒロインのモチーフ 大橋鎮子さんに興味を持ちました。



雑誌「暮らしの手帖」は硬派なイメージがあって 気軽には手に取れませんでした。
欲しい電化製品などがあり 比べる時に本屋さんでパラパラとページをめくる程度でした。
ドラマ「とと姉ちゃん」が始まり 大橋鎮子さんに興味を持ち 「暮らしの手帖」を読んでみたくなったのです。
図書館にある「暮らしの手帖」を読んで 手元に置いてじっくり読んでみたいと思い6-7月号を買いました。
前はもうちょっと薄ったように思いますが なんだか清潔な感じのする雑誌でした。
宣伝がないということが こんなに楽だったとは思いもしませんでした。
すっきりとして 丁寧で 綺麗で 清潔な感じです。
ドラマ「とと姉ちゃん」で彼女たちが着ているブラウスやセーター 家財道具などに通じるものがあるようなそんな感じで素敵です。
文字の大きさも丁度よくて 隅から隅まで綺麗に読みました。とっても充実感がありました。
1946年夏スタイルブック創刊号の付録のデザインは 色使いがカラフルで 
モデルさんのまつ毛が長く とってもお洒落です。
戦争が終わり 自由に羽ばたく女性像が浮かび上がってきました。
丁寧に作ってあるから 丁寧に読んだように思います。
私が一番よかった読みものは「今日の買い物」番外編「いのくまさんに会いに行く」でした。
画家猪熊弦一郎についての記事です。
7月 18切符を使って香川県丸亀市にある「猪熊弦一郎現代美術館」に行こうと思っています。
この年になってから 素敵な雑誌に巡り合えて嬉しい気持ちでいっぱいです。
by kazem2 | 2016-06-29 20:56 | 趣のままに