ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

CINE21 <ヒューゴ>はスコセッシの仮想伝記

☆cine21.com
<ヒューゴ>の君の俳優、プロデューサー、脚本家、原作者インタビュー
e0109292_1905019.jpg




ベンキングスレーとエミリーモーティマー、エイサーバターフィールド、クロモーレツをはじめとする俳優たち、そしてグラハムキングプロデューサー、脚本家ジョンローガン、原作者のブライアン・セルジュニクイ家族みたいな雰囲気で記者会見場に現れた。これらはお互いがお互いの演技を褒めてくれて、監督に対する尊敬の念を表現した。映画広報のために無理に集まった俳優たちから感じていた退屈や生意気な姿は全く見られなかった。<ヒューゴ>に対する自負心が感じられた記者会見場の雰囲気を伝える。
e0109292_1931831.jpg

                     ベンキングスレー
-ジョルジュ·メリエスについて知っていたのか。
=ベンキングスレー_幸運にも学生時代に校内フィルムクラブがあり、エイゼンシュテイン、フリッツ·ラング、メリエスなどの作品に触れる機会があった。<月世界旅行>の記憶が非常にぼんやりと残っていたが、本シナリオに接する機会があったのだ。ところが不思議なことは私達皆、この作品をどこかで見たような感じを受けたという事実である。意識の世界に残っているというか。映画を準備しながら、それについて多くを知っていく過程は、真の楽しみだった。

-初めて映画に接することになった経験を言ってくれ。

=エミリーモーティマー_ 13歳まで一人っ子で育った。雨の午後は、頻繁に英国郊外に住んでいたが、TVをたくさん見た。チャンネルがぴったり3個であったすべてのことをTVで学んだといっても過言ではない。
ドリスデイ主演の"カラミティジェーン"を見たことが覚えていたが、まだその作品に愛着が深い。スコセッシは、 "ヒューゴ"を使用して、自分だけでなく、私たちの"初めてのシネマ体験"を再創造したものだと思う。魔法のような感じだった。

ベンキングスレー_私が見た最初の映画は、というタイトルでも知られている(1951)だ。ろばを生かすために長い旅に上がるイタリアン少年の話だ。私が主人公と一緒同様にできて、観客が私を持ち上げては、 "主人公がここにある!"と声打撃もした。

(笑)クロモーレツ_ママはオードリー·ヘップバーンがすごく好きだ。だから、私が見た最初のシネマの一つは、 "ティファニーで朝食を"であった。多分5〜6歳だったようだがどんな内容なのかはよく分からなかったが、思い出されるのはあまりにも美しい女性の姿だった。私もあんな女性になりたいと考えていた。たぶん私は"ヒューゴ"で引き受けたイザベラ役を好きか分からない。イザベラは、ヘップバーンが演じたキャラクターと似ていない。

-スコセッシの作品に慣れているファンがどのようにこの作品を楽しめばなるのか。

ジョンローガン_キャラクターにフォーカスを合わせたことが共通点だといえる。特にディケンズ作品のキャラクターたちと似ている。マーティとディケンズのいくつかの作品について話を交わした。強烈なメインキャラクターの旅の映画だという点はマーティの他の作品のようだ。

グラハムキング_スコセッシは世界的にファンが多くないか。そのためか、スクリーニングを行うたびに、観客が驚いたりしたよ。イタリアのトンネルなくね。(笑)撮影現場を数日空けるたびに"私のいない間、誰キャラも殺さず、悪口も入れてはいけない"と冗談を言ったりした。(記者たち爆笑)<ヒューゴ"は、複数のレイヤーで構成されているため、すべての年齢層が楽しむことができる。家族映画という言葉が最もよく似合う映画だ。この映画を"イベント"と考えてほしい。

-3Dで作業するのは誰かの考えていた。

=グラハムキング_スコセッシのアイデアだった。ある日突然電話をすると3Dで作業するのが良いということだ。スコセッシが必要なんだから当然の動きはしたが、率直にどのように難しいかは知らない始めたのだ。しかし、やはりスコセッシは、独自の方法を見つけた。巨匠が望めば、我々は、当然彼の意見に従わなければならないと思う。(笑)一部の観客は3D映画を見ると頭痛が起こると言われており、私たちの映画を見てそう言った人はまだ一人も見られなかった。ほとんどの3D映画が後半作業を介して3Dに変えるが、この作品は、撮影時から3Dメガネをかけてする必要がありました。すべてのシーンを3Dを念頭に置いて撮影したので、他の3D映画ではなく、 <ダイヤルMを回せ>のような作品を参考して撮影した。

-3D作品というのが演技に影響を与えたのか。

=ベンキングスレー_ 3Dカメラは、延期することを好まないようだ。むしろ俳優の行動(behavior)を好きなようだ。若い俳優たちは、フィルタがないため、大きな助けになったようだ。他の俳優たちも、より経済的で控えめにするようだというか。3Dでの演技が上手だと偉そうなふりをすることができず、引き受けた役割を控えめに演技する方法しかなかった。

エミリーモーティマー_ 3Dで撮っていることを忘れることができなかった。あまりにもカメラが大きいから!信じられないほど!パラドックスだが初期のシネマで使っていたカメラのように大きかったというか。マジックを一緒に公演する感じだった。他の映画とは感じが確かに違った。

e0109292_1934960.jpg

                        クロモーレツ
-スコセッシと作業していることが怖くはなかったのか。

=クロモーレツ_マーティンスコセッシの前でオーディションを見ることも震えたが、その前にアクセントの演技を台無しにするのがより怖くなった。ところで入って"お会いできなって嬉しいです、ミスタースコセッシ"と思ったら、 "マーティと呼んで"って言われましたよ。ぜひ父のように感じてその後で震えることはない。マーティのように親しい友人のような監督を再び会うことは不可能なようだ。
e0109292_1941431.jpg

                   エイサーバターフィールド
-キャスティング後主演俳優エイサーバターフィールドを最初に会った時どうだったか。

=ジョンローガン_衣装を着たエイ社が私の前に歩いてくるブライアンの原作の中に描いていたヒューゴが生きて出てきたようだった。こんな感じは初めてだった。

ブライアンセルジュニク_この映画の有名な俳優が数多く出演していないか。ところで私は、エイサーに会うのが一番緊張した。これは必ず私が作り出したキャラクター同じだったからだ。挨拶もまともにできなくどもったほどであった。(笑)今はエイ愛きちんと話を交わすことができるようだが、それは私が作り出したキャラクターなのにどのように実際に住んでいるのかとても不思議だった。

- <ヒューゴ>がスコセッシの幼年期の多くを連想させるという話もあったが。

=ブライアンセルジュニク_マーティは幼い頃に喘息のために苦労をたくさんしたよ。私も同じだった。そのためか、私は無意識のうちにヒューゴのキャラクターに私の幼年時代を入れたし、それをマティが認知したようだ。どのような評論家は"ヒューゴ"をマーティの仮想自伝(imaginary biography)と表現したが、完全で美しい説明だ。<風と共に去りぬ>と"キングコング"などを担当するデビッド·O. セルジュニクグァ非常に遠い親戚である。実は我が家にはハリウッド映画の方ではなく、ニュージャージー州クリーニング屋を運営している家なのに.... (爆笑)でも親戚は親戚だからまたスクリーンにセルジュニク家の名前を上げて喜んでいる。(爆)観客も、現在最も尊敬されている監督のいずれかが、新しいテクノロジーを利用してシネマの開始を美しく見せてくれるということに大きな意味を持たないかと思う。

文:良知現
by kazem2 | 2012-03-09 19:18 | Comments(0)