ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

CINE21 ジョルジュ·メリエス 映画メディアの先駆者

☆cine21.com
e0109292_18373810.jpg




<ヒューゴ "にも出てくるよう、映画史上初の映画がリュミエール兄弟の"列車の到着 "(1895)であれば、メリエスの世界に陥ることになる少年ヒューゴが駅でいつも"列車の到着 "を見て子供という設定は、かなり意味深長である。それならリュミエールとメリエスの違いは何だろうか。
<オックスフォード世界映画社 >は、ジョルジュ·メリエスを置いて、"おそらく映画にあって "フィクション"という概念を本格的に導入した最初の人 "であると言う。風刺漫画家であり、魔法があった彼は映画にも出てくるよう1895年リュミエール兄弟が作って上映した短編映画にどっぷり魅了された。その後リュミエールのカメラと似たようなカメラを作った後、そのままの街並みと一日が経過している瞬間をフィルムに追加し始めた。そんなある日、バスが通過する時に、カメラが停止してしまったし、カメラを固定した後、レンズ前方枚の差が過ぎ去っていた。後でそれを上映したときすべてがしてきたバスは、瞬間枚まで車で変わって走り始めた。彼が "映画的トリック"を初めて認識するようになった劇的な出来事だった。文字通り、それは魔法であり、フィクションであった。バスが腸の車変わったのが偶然だとすれば、彼はその偶然を映画の魔法のように昇華させるために、いくつかの "準備"と "演出"が必要であることわかっているようになった。世界初のスタジオのいずれかがそのように誕生した(<ヒューゴ>で、その記念写真を撮影するのがまさにカメオ出演したマーティン·スコセッシ監督である)。

メリエスは1896年から制作を開始し、1912年に至るまで、スベクピョンの映画を製作した。ロンドン、バ​​ルセロナ、ベルリン、そしてニューヨークにも配分事務所を立てながらリュミエール兄弟を圧倒した。そのスタジオは、バルコニー、跳上げ戸、そして移動皆兵などの演劇ユニットで密にいっぱい満たされた形であった。
メリエスの映画会社 "スターフィルム"スタジオは、画面内のすべての要素を制御し、広範な技術的可能性を示した。風刺漫画家でもあった彼は、初期型のコ​​ンテはもちろん、セットや衣装デザインまで引き受けた。さらに、多くの場合、直接主演を引き受けたり一方で複数の役割を演じたりした。ところが、彼の映画のコンセプトは、初めから3Dであった。例えばスタジオで撮影した "人魚姫"の場合、カメラの前に彼が飾られた海底の世界は、背景の絵の前で衣装を着た女優、カメラの前に置かれた水槽など、さまざまな "重"で構成された形態であった。映画で再現されている "月世界旅行"のセットもそうだ。彼の映画は決して "平面"ではなかった彼は、映画という新しいメディアの可能性を一番最初に気付いたパイオニアであり、預言者であった。

しかし、彼の人気は "パテ"社など、他の競合他社が体を伸ばして別の形の映画が人気を得始め、1908年から傾き始めた1913年、最終的に破産に至った。デビッド·ボードウェルは、<映画芸術>で、彼が映画史に及ぼした影響と意味について、 "映画をリアリズムで拘束させることはミジャンセンを本当に貧困にする。映画芸術では、ミジャンセン手法の1人は、すぐにジョルジュ·メリエス "と述べた。生まれから "現状のまま入れて出す"映画を新たな形へと進化させたというのだ。また、 "それは現実の正常な概念を超越する力を持っており、メリエスのミジャンセンは彼に映画にあって、完全に想像的な世界を作成できるようにしてくれた"と付け加えた。"メリエストリックの遺産は、完全に即興的な想像力による愉快な非実績の世界"という言葉と共に。

手品師、映画監督のもう一つの名前
e0109292_18395367.jpg

ブライアン/セルジュニクのゲイビウッドの "エジソンのイブ:機械生命の魔術の探求の歴史"という本を読みながら、 "ユゴーカブレ"の輪郭を取った。その本にはメリエスの自動人形(内部時計装置によって帰るまるで自ら動くように見える機械人形)が博物館に寄贈された小道具の屋根裏部屋にめりこんでいるが、最終的には、燃えてしまったことが記されていた。彼は "一人の少年がゴミの山で、その自動人形を発見する姿を想像し、そこからすぐにユゴーの話が生まれた"と話す。おそらく "ヒューゴ"の自動人形は、マーティンスコセッシにとっても未知の領域に残っている映画の純度それ自体である。自動人形との出会いは数々の映画少年少女たちが、生まれて初めて映画と向き合った、まさにその夢の瞬間である。そしてそれは魔法のという美しい仕掛けでもありながら素朴な機械技術の変形であった。<ヒューゴ>は一人の少年の目を通して、その秘密と創造の源を探索していく映画だ。

e0109292_18402095.jpg

原作ではヒューゴ(エイサーバターフィールド)の父(ジュード·ロウ)は、今まで彼が見てきた自動装置に対して、 "ほとんどの魔術師が魔術を働かせるために使用しようとしたもの"だったと言う。"魔術師の中には時計のボールから始めた人々がいるんだ。彼らは観客を驚かせしようとする機械の知識を利用してこのような自動人形を作成してくれた。ひたすら人々を驚かせたいのが目的だったが、反応が非常に良かった。観客はどのようにして人形が踊って文字を書いて歌を歌うのか分からなかったために魔術師が人造人間を創り出したと考えたんだよね”とも付け加える。

その後6歳になると父が持参した時計を修正するようになったヒューゴは、引き続き自動人形を見せてくれと締めた。そうヒューゴが、初めて自動人形を合わせる時は、少年スコセッシが初めて劇場で映画と遭遇したその時であるのだ。"ヒューゴはそれを初めて見た瞬間、その感じを忘れられないだろうと思っていた。非常に高度で複雑な機械は、覗いて見ただけで頭がクラクラした。残念なことに多くの壊れた状態だったが、美しい尽くせなかった。 "自動人形を知った後ヒューゴは魔術師になりたかったし、その魔術師は、すぐに映画監督の別の名前だろう。

スコセッシの映画旅行
e0109292_18404617.jpg

<ヒューゴ>は<マーティンスコセッシの映画の旅>(1995)と <私のイタリア旅行記>(1999)から続くマーティンスコセッシの"私の1930年代のフランス映画の旅 "でもある。噂の映画ファン マーティンスコセッシが映画100周年を記念して1995年に作成された <マーティンスコセッシの映画の旅>は、延々4時間にわたった米国の映画会社で、彼の極めて個人的な旅行だった。親切な映画先生になって4歳の時に見た映画は、母親と初めて行った劇場をはじめ、アメリカ映画の父GWグリフィスの <イントルロロンス>(1916)など、彼を圧倒した映画などを説明していった。<ヒューゴ >でヒューゴとイザベラ(クロスモーレツ)がルネ・タバルの"夢の発明 "を読むときにも、まさにその<イントルロロンス>場面が挿入されます。彼は、監督を魔術師(illusionist)として監督、詐欺師(smuggler)として監督、性状の破壊者(iconoclast)として監督など三類に分けた。映画の中で新しい魔法とも同じ編集技術を披露したDWグリフィスとFWムルナオガ代表的な魔術師としての監督ならばジョルジュ·メリエスはまさにその最初の魔術師だったのだ。

また、彼は <私のイタリア旅行記>を使用して、自分のイタリアの映画に対する愛情を込めた記録を披露した。彼の祖父母は、ほとんど教育を受けていないイタリアのシチリア島の移民だった幼い頃の劇場で見たイタリア映画を通じて家族を理解し始めた。いわば <私のイタリア旅行記>は、ヴィスコンティやフェリーニ、アントニオーニとロッセリーニなどの巨匠の映画を通じて、自分のルーツを探していく旅だった。だから "ヒューゴ"は、 "私的"という手がかりがつい先ほど紹介した二つの映画と比較すると、米国とイタリアに続き三番目に出たフランスの旅行であると同時に、世界の映画財団の創設者として、何か責任感のある "公的な"旅とすることができます。その目的は、まさに世界の映画会社が3Dで始めたスコセッシの宣言である。リュミエールの列車が着いたときに人々が "列車が駆けて来る"と騒動をブリョトドン日、メルリエスの月の女神と地と宇宙飛行士たちがお互いに重なって立って動いて有頂天シーンなどスコセッシは3Dの源を探索する。

そしてそれが、現在の映画をなす土台になったこと明らかにする。"メリエスの最も優れた点は、私たちが今している映画的手法のほとんどを彼がすべて作ったという点だ。最近になって映画会社の学者たちは過去メリエスの映画を見ながら、まるで堅い3D画面の初期段階のように見えることを発見した。1930年代から50年代を経て、現在に至るまでの科学空想、ファンタジー映画の脈を引き継ぐハリーハウゼン、スピルバーグ、ルーカス、ジェームズ·キャメロンまで一直線上にある。メリエスは私達が今のコンピュータで描いた画面とデジタルで作業をスタジオでカメラだけ持ってやり遂げた "というのが彼の話だ。そんなスコセッシに "ユゴーカブレ"は、かなりの衝撃だっただろう。"これは実話だ。彼は破産した後、溶いたら塗りモンパルネス駅おもちゃ屋さんで、ほぼ16年間働いた。本の最初読んでおもちゃ屋で働く高齢者がジョルジュ·メリエスイルゴラゴン想像もできなかった "と話す。メリエスを尊敬すると言いつつ、その晩年についてはまだ分からなかった彼は、財団の長として、世界映画史の最後のパズルを合わせる作業が多分 "ヒューゴ"だったのかもしれない。

マーティンスコセッシの昔3D映画
e0109292_18411992.jpg

<ハウス·オブ·ワックス>から<ダイヤルMを回せ>まで
<ヒューゴ>は、3D技術のマーティンスコセッシの愛情をたっぷり込めた。彼が青年期に映画館に通う時、ほとんどすべてのジャンルで3D技術が初めて使われ始めた。彼は1953年に初めて見た3D映画は、アンドレ·ド·トート監督の"ハウス·オブ·ワックス"であった。しかし、スコセッシに3D技術を映画に使用して話を際立たせたりすることができるという考えをするようにした映画は、まさに一年後に公開されアルフレッド·ヒッチコックの<ダイヤルMを回せ>であった。そしてそれが長い年月を経て"ヒューゴ"にまで至るようになった。彼はその感想をこう語る。"<ダイヤルMを回せ>はすばらしい映画だった。3Dが一つの効果として使用されたのではなく物語と密接に関連してスペースをストーリーの一部として使用していた。私3D作業をしながら感じたのは、この手法は、俳優をもっと引き立つようにするということです。まるで彫像が動くような感じを与える。これで平面的な感じで終わるのではなく、演技と動線がよく合うならば演劇と映画の一つに合わさったようだが、芝居も映画でもない風変わりな感じを与える。それがいつも期待していたものであった3D映画を必ず作成しなくちゃいけない決意するきっかけとなった。 "

そしてスコセッシは3D映画制作の基本的な指針とスタッフたちに "ハウス·オブ·ワックス"と <ダイヤルMを回せ>を見せてくれた。スコセッシの撮影監督ロバート·リチャードソンも3D映画の仕事は初めてだった。彼は "私"ヒューゴ "を初めて起動したとき、頭の中に描かれる感じはヒューゴが走っているのを肩越しに見ることだった。そしてヒューゴの目にはどのような渇望が入っている。3D技術を使用すると、顔の表情がより生き生きと表れている。人を別の目で見ることになるというか。より近い人のように感じるようになる。3Dは、観客とキャラクター間のより深い絆を感じさせる "と話す。

文:ジュ・ソンチョル
by kazem2 | 2012-03-09 18:57