ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

"ガビ"パク·ヒスン "作品の背後から息をするような天性俳優"

☆movieweek.co.kr
e0109292_1825145.jpg

パク·ヒスンは、自分で "自分を露出するために慣れていない人"と言う。
人間パク·ヒスンを覆って作品の背後に隠れた時、はじめて楽に息ができるという魂の俳優だ。

e0109292_1965544.jpg

マスコミ試写会が3月6日午後2時、ソウル城東区ヘンダンドンCGV往十里店で開かれた。



最近パク·ヒスンは、本意と違ってプロで身分上昇(?)を経験している。
<依頼人>(2011)では、最先端の検査を演技をしたら、今度は王である。
"これより上がろうとすると玉皇上帝の役割をすべきか?ネチズンがウェプツン<神と一緒に>の仮想キャスティングで私の名前を挙げているのも見た。 "(笑) 王を演技する俳優には、いくつかの持って生まれた条件が整っているといいはずだ。なんだか信頼ができる声とか、見るだけでも信じて従ってしたくなる威厳が感じられる容貌とか。それならパク·ヒスンは、どのくらいの合格点を受けるに値する。(<ガビ>でゴンリョンポを着て座ったパク·ヒスンを見てください。) が、パク·ヒスンが演じた高宗は、実際には絶対的な権力や威厳とは距離が遠い人物だ。むしろ彼は王との理由で、世界で最も不幸な男に近い。
"無人島に一人で離れた人の心境だろうと思っていた。誰か一人を信じられないのではなく周りのすべての人を信じられない状況で、 "生きなければならない"という理由一つで支える王ですか。
" "ゴミ"のシナリオでは、このような高宗を表現する適切な修飾語が書かれている。"鋭敏で気まぐれが激しいが、考えが深い王。" パク·ヒスンは、彼を理解するために、高宗に関する資料をこまめに探して読んだ。思考の再定義が必要だった。それもそのはず、パク·ヒスンが一番強烈に覚えている高宗の姿は極端綿時代に共演した演劇"桔梗"でソン·ジルが演じたそうです。 劇中、高宗は大臣たちの前でうとうとし、布団をかぶってあっちこっち逃げ回るのに忙しい無能な王だった。"高宗が再照明されるきっかけになったらしたが、美化したくはなかった。従ってデータを少し冷静に勉強した方だ。もちろん、 "ガビ"の高宗はどのように見れば、背景のような人物だが、再評価受けるようにしたいという若干の使命感さえ生まれた。 "あ、これは何事にも徹底しそうな俳優の典型的な答えである。まさか、人間パク·ヒスンもそうかな?


-自分でどの部分に最も厳しいとは?

全般的に厳しいほうであるようだ。極端綿でのオ·テソクの先生に耳にたこができるように聞いた話が、 "うまく行く時疑いなさい"ということだったんですよ。疑いが習慣である。人が以前よりもうまくいけば余裕をもって下に置くことも知ら覚えておいて、何度も振り返って疑う。

-周辺の人々はどのように接し方なの?

本人に厳しい人は、周囲にも厳しくする必要がありじゃん。ように満足しているから。だから。私はそれができない。内蔵病を本当に多く患うスタイルである。ところが、最近は少しずつでそうしようとする。しばらく内蔵病をとても病んで胸がはちきれそうだったんだ。とんとんいたずらをするよう"ああ、私はそれしてくれ!"と話すから中がちょっと解けたよ。私はホ当たりや、私はなかったため、このように弱点を少しずつ明らかにに慣れるようにもして。

-そう心が変わったきっかけはありますか?

映画ながら、数年間は、 "ここは私の場所ではない"と思っていたようだ。<南極日記>(2005)から徐々に変わった。これはもう1年ぶっ通しで撮影しますか私露出せざるを得なくてと言う。以前は、撮影現場で演技ばかり考えて一言しなかった。元顔もたくさん分ける方で。

-それでは大衆というあいまいな対象とのコミュニケーションはどうすればいい?

非常に用心深い。例えばバラエティ番組のようなもの。私が不足があるかもて見ると、出演するとどうしても認知度は上がってんだろう。それでも個人的な話を持ち出すのはあまり好きではない。大衆が私をどう思うかもしれないけど、私の話をどのように吐き出して。そして演技で多様な姿を見せるのが私の仕事なのに、自分もないことに訳もなく商売の元手を無駄にしたくない。そして、私はトークショーに出て話すに感動ストーリーをすることもない。あえて包装したくもない。

-パク·ヒスンはいつも作品の背後に立っている感じだ。それ専門でもあるが。

そうだ。隠れていない。私どう見るのだろうかし。(笑)

-そのような面演劇の舞台よりも映画が心を楽にしてくれると思う?

舞台では、反応がすぐにも見えますが、映画ではそうではないか。そんなこともあるのね。演劇を12年もしたが、今は舞台に上がるのが怖いです。確かに舞台だけの魅力がある。いつ帰るのかはよく分からない。

-1人芝居をしてみればどうだろうか?

その考えもした。四十歳になる前に、1人芝居をあげよう。ところで私はまだ自分の演技に自信がなくて。すればするほど余裕がなければならないのに、かえって大変で難しい。

-それでも一生演技したいですか?

そうだ。

-そう決意したきっかけは?

演技以外には上手にできるのが本当に何もない。副業でビジネスをする人もいるんだ。ところで私はお金がないばかりか、何にも挑戦したいと思わない。私の人生に冒険やチャレンジ精神というのは全くありませんが、作品的に冒険をするのだ。

- "情熱なく覇気のない青年"という話聞いて悩みに陥った若い俳優たちが聞けば助けになる話だね。
昨日(この)ミンギと一緒にお酒飲んでいたがミンギも悩みが多くなったよ。子が本来自由な魂なのに演技を真剣に考えてみると何度も家に押しかけてきて本だけ見て映画ばかり見てきた。'俳優はこうしなければならないということなのか'とする混乱がくることだね。だから、 "イ·ミンギらしくない俳優ならイ·ミンギはつまらないから、そんなことやめなさい"と言った。"私"を持っている俳優としてのすべてのものは自然にたまると思います。きれいにアイドルのようにできた野郎が演劇の時、転がり落ちて苦しみ考え抜き愛しいということを知るからイ・ミンギが魅力的なのではないのか。人が作成されないまま正規化された俳優はぬいぐるみになっているようだ。つまらないだろう。

-今一番やりたい仕事は何か?巨匠との仕事?ブロックバスター?

率直に言って、最近は普及しているか、興行になるようなものを選んでいた。ところで一回りぐらいしたから飽きたよ。最近のコン·ヒョジンと一緒にキム·テヨン監督の短編を撮影した。
<美しい彼女>と、香港映画祭出品作のオムニバス映画だ。久しぶりに短編映画の撮影だから、エネルギーが満たされたようだ。疲れがみなとれた。

-仕事溜まった疲労がどのように解けたのだろうか。

スランプも体験して、解けないのもあるが、私が追求する作品をし終えればコンディション自体が良くなる。

-つまらない結論だがやはり天生習うよ。名前まで俳優らしい。
人がコメディアンパク"ぐるっと"とまちがわなければいいですが(笑)

*インタビューの全文は、<ムービーウイーク> 518号を確認することができます。★
e0109292_19564929.jpg

               3月6日マスコミ試写会でのパク・ヒスンさん
by kazem2 | 2012-03-06 19:07