ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

CINE21コ·ヒョンジョンの "ページ" 賞味期限を越えて息をする

☆cine21.com
e0109292_19482916.jpg




"私を引き起こした。
"コ·ヒョンジョンは、良い音楽、心からありがとうございましという挨拶をそのようにした。
"申し訳ありません。"タブローに耳を傾けてくれてありがとうとお礼をそうした。隣の席でこの上なく楽しい目つきで二人をかわるがわる眺めるすらりとする青年は俳優チョ・インソンだ。
真にあくどかった、学閥を狙った是非を払って理解するほどの沈黙の時間終わりに昨年10月発表されたタブローの初めてのソロ アルバム≪列花≫をコ・ヒョンジョンに聞かせた張本人がチョ・インソンだった。
なぜ私たちは皆その時ではないか。友人と夜が更けるまで無駄口をたたいて“そうだ、君この歌一度聞いてみる?”といいながらイヤホンを渡して、この頃一日にも10回超えて回して聞く音楽を前渡してこそ気がすむ日。友人が感嘆の声をあげて共感を表わす時の質素だがぴりっとした幸福の気勢。チョ・インソンはその愉快な興奮がまだ行く前にコ・ヒョンジョンの代わりをして、いつか要人分けた縁があるタブローに“私たちの皆一緒に会いましょうか?”用心深い招待を打電したし快い承諾で三人の会合は成し遂げた。

今になって話ですが、<シネ21>は、2011年初夏の数日をタブローと一緒に過ごした。
<シネ21>デジタルマガジンバイラルフィルムを演出したパク·チャヌク、バクチャンギョン監督が当時多くの人々の視線の外で過ごしていたタブローの助けを求めた結果だった。オ·ダルス俳優のためのラップメイキングから、彼の所管ではなかった犬の演技指導に至るまで、録音スタジオや撮影現場で会ったタブローは明るく熱心だった。薄くはあるが影が込められたところとはいえ、過去芸能プログラムで笑って騷ぐ中でも、妙な落ち着きを維持した例穏やかな彼の瞳だけだった。数ヶ月後、«列花(ヨルコト)»を聞いた後になって、当時、彼の内面を初めて見積ることができる。悲しみがついに家になる状況に親しくなった彼の心を(<家>)、撮影打ち上げが終わって帰宅するタクシーの中で彼がどんな考えを撫で触っか()。«列花(ヨルコト)»は、 "音楽的にも、ビジュアル的にも、ヒップホップらしくない不足の私の色になってしまったようだ"と自評するタブローの個性が火の悪条件とぶつかって前後測定暇なくパッと咲かせた赤い花のように見える。これはある(裏面)を見た人の歌だ。歌詞が吐露するように息をする理由が息を防ぐ再耕作される可能性があることを、愛を受けると持つのではないということを、釣り針は避けたがどうせ漁港の中に住んでいることを分かってしまった者の寂しさとそれを押し切った希望を書いておりた手紙だ。
"たまには映画音楽を作っている心でした。頭の中に満ちている、空にしてしたい場面が多かった時期で。誰が映画音楽に使ってくれたなら幸いですよ。 "

本物メロドラマに敏感で、洗練された形式に含まれた遠回しに言わなかった真実を好むコ・ヒョンジョンがタブローの新しい音楽に熱く感応したのは驚くことでもない。YGエンターテイメントスタジオで進行された彼女のインタビューは大変な時期を通過した仲間のアーティストの奨励とは距離が遠かった。あなたの音楽に癒して幸せだったと告白の場であり、«ヨルコト»によって湧き出た感情が冷めないうちに出すパーティーに近かった。コ・ヒョンジョンとチョ・インソンは8年目に入り込んだ親密なよしみを証明する呼吸で時間の流れを忘れるようにしたし、'同業サンニョン'(同業相憐)の教頭で非常に楽しくなった対話は日が沈む頃タブローの返還のカン・ヘジョン俳優の合流で笑い声を高めた。«ヨルコト»の最後のトラック "賞味期限"は誰も聞かない音楽、空っぽの客席の前でアイドリングしているフィルムになるかもしれないという不安を歌ったが、四人は実体のない世界の通念が彼らに迫る恐怖に負けずによくに暮らすことを陽気に相談していた。

文:キム·ヘリ 写真:ソンホンジュ 2012.03.01
by kazem2 | 2012-03-02 20:05 | Comments(0)