ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[ヒューゴ②]マーティンスコセッシの映画人生を描いた作品

☆movieweek.co.kr
ヒューマニズムスペクタクル[ヒューゴ]深読み
e0109292_21465318.jpg





◇ジョルジュ·メルリエスの映画人生を復元した"ヒューゴ"

しかし、最も強いモチーフはジョルジュ·メルリエス監督だった。実際には3D映画の試みは、映画史初期のからあったが(先に述べた英国のウィリアムフリーズ-グリーンも試みたことがある)、多分メルリエス監督の映画は3Dに最適なミジャンセンを持ったかもしれない。アウトドアでカメラを持っていったリュミエール兄弟とは異なり、メルリエス監督は、ほとんどの映画をスタジオで作ったが、彼 ​​は前景と後傾の間のかなり深い深度のあるセットを作ったカメラの機械的操作を介して被写体の大きさを誇張したり、縮小しした。 特にメルリエス監督が100年以上前に作った映画が"ヒ ​​ューゴ"を使用して3Dで復活する光景は、古典的な映画のスコセッシ監督の畏敬の念と熱い愛情が表れる部分である(<ヒューゴ>の撮影監督ロバート·リチャードソンもこう言う。 ""ヒューゴ"は、並ぶものがない挑戦だった。私の心の中には、常にフランス映画が3Dの可能性が溢れているエリアに位置していた、そしてメルリエス監督の作品を持っている3D映画をサンプリングしてみたかった") 。 そのような面スコセッシ監督はこの映画で、映画評論家として登場するルネタバル(マイケルストルボグ)という人物と重なる。スコセッシ監督は、映画を作ることほど映画を保存することに人生を捧げた人である。彼は1970年代から数々の古典映画がフィルムの腐食によって永久に消えている現実を周囲映画関係者換気させ、1990年には"映画財団"(The Film Foundation)を設立し、映画の保存に努めている。そして"ヒューゴ"を使用してメルリエス監督の映画的遺産がいかに偉大か派手なスペクタクルで表示します。 メルリエス監督の伝記映画ともいえる"ヒューゴ"は、メルリエス監督の情熱的な映画人生を復元する(自分のすべてを捧げたという点で、彼はもしかしたら"マジックボックス"のウィリアムフリーズ-グリーンのような人である)。子供の頃から創造的な本能が生支配したメルリエス監督は、授業時間には友達の似顔絵を描いた10歳の時に紙人形で、演劇の舞台を作ったし、ティーンエージャー時代に直接人形を製作した。父の靴工場でエンジニアとして働いていた頃、彼はチャン・ユジンロベール-ウーダンの極端に魔法を接しから魔術師として成功する。

e0109292_21472524.jpg


<ヒューゴ>で繰り広げられるメルリエスのエピソードは原作<ユーゴーカブレ>がそうであるよう、ほとんど事実である。彼はリュミエール兄弟の映画を見て魅惑されたし、1万フランのお金にもカメラ購入を拒絶されたし結局直接カメラを作ることになる。1896年から映画を作り始めたメルリエスは1913年までに531編を演出し、偶然の機会に、カメラの機械的操作による"トリックフィルム"(Trick Film)を作っており、1896年にはモントゥレユエ建物全体がガラスでできたスター·フィルム·スタジオを設立した。 頂点は、1902年の"月世界旅行"だった。エジソンも違法コピーをして上映していたこの映画以降、 "妖精の王国"(1903)は十八個のセットで製作された彼の最高作だった。しかし、1907年から徐々に仕様の道を歩いた、1914年に第一次世界大戦が爆発する頃破産して映画製作を停止する。彼のスタジオは、展示(战时)に病院で使用され、彼のフィルムは、口頭焼材料として使用された。 戦争が終わって、ロベール· -フデン劇場とスター·フィルム·スタジオが解体されたり買収される危機に処するメルリエスは怒りの中で、自分が作成された映画のすべてのネガとセットと衣装を燃やした、その後モンパルナス駅からお菓子やおもちゃを売って生きていた。しかし、映画評論家たちの粘り強い修復作業を通じて、彼の映画は、再発掘され、1929年には大規模な回顧展が開かれ、1931年にはレジョンドヌール勲章を受けた。 ジョルジュ·メルリエス監督は"映画の真の父"であった。私達が今目撃している映画の手法は、ほとんどメルリエス監督のアイデアできっかけを見つけることができる。"メルリエス監督は、私たちが今、コンピュータグラフィックスとするすべての作業をスタジオでカメラだけ持ってやった"と言われるスコセッシ監督は、 "ヒューゴ"で彼の仕事をそのまま再現し、彼の映画を3Dにアップグレードし、映画の歴史の偉大な遺産を現代の観客に伝える。 その作業は、メルリエス監督が100年前に情熱に浮かれて飛び込んだ創造的プロセスを連想させる。メルリエスを演じたベンキングスレーはこう語る。"彼の映画を見るとしてジョルジュ·メルリエスがどんな人なのか知ることができなかった。しかし、スコセッシ監督と一緒に働きながら、彼はメルリエスの分身だという気がした。彼の作業は、まるで映画界の先駆者と毎日のように働く気持ちだった。だから、スコセッシ監督の姿を演技に込めた。 "

◇スコセッシの映画人生を描いた"ヒューゴ"
e0109292_21475186.jpg


スコセッシ監督は、原作を初めて読んだ時このように回想する。"ヒューゴは一人で巨大なエンジンに囲まれた壁、つまり駅に住み世を去った父をしのぶ。私はその少年に深く共感した。少年の孤独、映画を愛する心と創造的な機械装置である自動機械まで。ヒューゴは、カメラ、プロジェクター、ロボットなどの映画に登場するすべてのマシンを使用して、父との絆を感じる。そして、その機械を使用してジョルジュ·メルリエスは自分の過去と、自分の内面を探求する。 " このようなヒューマニズムから出発した映画は、孤児ヒューゴをメルリエス家族の暖かい懐に抱かれるようにして、メルリエスの過去と和解させる。原作では枝葉的だった駅員(サーシャバロン ​​コーエン)のキャラクターを浮き彫りにしたのもそんな理由だ。戦争の傷で足の片側に機械装置をつけて警備犬と生きている彼は、この映画に登場するもう一人の孤独な人々である。どのように見れば彼は、自動機械のような存在なのに、イザベラが持つハート型の鍵を使用して自動的に機械が動作を開始するように、花屋の女リセット(エミリーモーティマー)は、胸に小さな花を挿しながら、彼は少しずつ変化する。 <ヒューゴ>は、自分だけの世界で閉鎖的に閉じ込められていた人々が関係を開始し、これ以上寂しくないように生きていく暖かさで仕上げます。これは、映画を"ヒューマニズム的なスペクタクル"と思っているスコセッシ監督が自分の映画人生を介して観客に最終的に伝えたいメッセージであるかもしれない。彼は、自分のすべての映画人生を"ヒューゴ"に入れる。ヒューゴに劇場が"お母さんの死を忘れさせてくれるほどに特別なところ"であるように、スコセッシ監督に映画は孤独な少年期を堪えることができた力であり彼の未来であった。 そして彼はメルリエスを復活させる過程で、自分の"映画情熱"を目覚めさせる。<ヒューゴ>でメルリエスは、スタジオで見物にきた子供の頃のルネ·タバル(ガリバーマクグラス)にこう言う。"あなたの夢はどこから来たのか気になる場合申し上げ見学して行きなさい。
ここで夢が作成され"何十年も映画を作ってきた今年で70歳になった巨匠の、自分の初心の恥ずかしがり屋の告白だ。
by kazem2 | 2012-02-28 22:01 | Movie