ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[ヒューゴ①]マーティンスコセッシが復活させた偉大なる遺産

☆movieweek.co.kr
ヒューマニズムスペクタクル[ヒューゴ]深読み
e0109292_2015152.jpg




ブライアンセルジュニクウイ有名な児童図書であり、一種のペクションイン<ユーゴーカブレ>を3Dで映画化した"ヒューゴ"。この映画の監督はスティーブン・スピルバーグやクリス・コロンブスではなく、マーティンスコセッシという事実は少し意外だ。しかし、 "ヒューゴ"は、マーティンスコセッシ監督の作品の中で最も自分をたくさん投影した作品であり、主人公ヒューゴの姿には、1950年代のニューヨークのリトルイタリー地区で、映画という魔法にとりつかつかまったマーティンスコセッシ監督の幼い時代が重なる。

◇マーティンスコセッシ監督の分身、ヒューゴ

<ヒューゴ>には、ささいだが、印象的な場面が一つある。メルリエス(ベンキングスレー)のおもちゃ店で盗みをしてから見つけられたヒューゴ(エイサーバターフィールド)は、自分の持ち物をすべて手放すことになり、そのせいで、自動機械に関連した大切な手帳を奪われることになる。手帳だけ返してくれは子供の懇願をメルリエスは冷酷に振り切って、最終的にヒューゴは彼に出る。ところが、実際に駅の外に出ようとするヒューゴはショートパンツを着ている。時は冬。少年はぶるぶると震えながら冷たい風の中に歩いて入らなければならない。 ヒューゴは季節がない。彼の世界は、半ズボンを着ても生きていけるの駅である"内部"空間である。駅の中で動いている二十七個の時計を管理して生きていくヒューゴには、数多くの歯車や機械部品が連動して動作"時計の世界"が家である。唯一の友達がいたら、人間の形状を持った動きも話すこともない自動機械。博物館の火災で亡くなったお父さん(ジュード·ロウ)の遺言ともいえるだろう。ヒューゴは自分が一生懸命頑張って更新すると、いつかはこの機械が動作することができるだろうという、私は機械を使用して、父のメッセージを知ることができ、寂しくないだろうという希望の中で生きていく。 以前のマーティンスコセッシ監督に映画の原動力は、罪の意識と怒りと苦悩と暴力のようなやや激しい感情だったら、 "ヒューゴ"は、穏やかな同情の視線が感じられる。これは、幼い頃の自分の憐憫でもある。映画の中の孤独な少年ヒューゴはすぐにスコセッシ監督自身だからだ。ヒューゴは時計裏世界を眺めるようにスコセッシ監督は、3階にあった部屋のベッドに横になって街を見下ろしたし、ヒューゴに駅が世界のすべてであるようにスコセッシ監督は、ニューヨークの"リトルイタリー"がすべてだった。 喘息と胸膜を含めて大小の病気がちが絶えなかったスコセッシ監督のニックネームは"約食べるマーティ"(Marty Pills)であった。彼は他の子供たちと一緒に街を遊び回ることができなかったし、両親はいつも仕事で忙しかったし、子供の頃スコセッシ監督は、ほとんどの時間を一人で過ごした。彼は、自分だけの世界に落ちてしまう。まるでヒューゴは時計と自動機械の世界に没頭するように、スコセッシ監督には映画が全てだった。 "リトルイタリー"と呼ばれる地域が、彼 ​​の人生に与えた影響は莫大だった。ここは一種の人種ゲットーだったが、そこでは幼年期と青年期を送りながらスコセッシ監督は、アメリカ(特にニューヨーク)という空間に二重的な感情を持つようになる。彼は<純粋の時代>(1993)のように距離を置いて眺めて、ニューヨークの上流社会に有頂天に陶酔されますが、"ディパーテッド"(2006)のようにその中に掘り下げて、現代のニューヨークの堕落を苦しめる描き出すこともある。ニューヨークで生きていつも自分が異邦人であることを認識しているスコセッシ監督は、 "内部の外"のような存在であり、これは彼の映画を貫くテーマの一つだ。 "ヒューゴ"も同じだ。ヒューゴは駅の中に生きています人々の目には触れない。正確に合致し帰る時計の針だけが少年の存在を証明してくれるだけだ。そう終日時間を合わせてみると一日が過ぎ、時計の外に見えるエッフェル塔の上夕日がいる。スコセッシ監督は、この部分を、この映画で最も美しいシーンの一つを示す。ヒューゴは夕陽を眺めながらイザベル(クロエモーレツ)にこう言う。 "私は世界が一つの大きな機械という想像をしたりして。機械には不必要な部分はないから?正確に必要なものだけがあるだけだよ。だから、私は思っていた。もし世界全体が一つの大きな機械なら、私もどのような必要があると思います。私が存在する理由があると思います。 " <ヒューゴ>は、常に児童養護施設に連れて行かれる危険にさらされているが夢を失わない少年が、自分の"存在理由"を尋ねる映画だ。まるで病弱な少年スコセッシが映画を通じて人生の意味を探して、自分の未来を見つめて夢を持っていたように、最終的に映画監督になって自分の存在を証明したように。

◇スコセッシの母胎映画[マジックボックス]
e0109292_2024526.jpg


洗濯工場で働いていたマーティンスコセッシ監督の父は、時間があるたびに、幼い息子を連れて近所の劇場とニューヨーク近代美術館の回顧展のようなところに連れて行ったりしたし、四、五歳の時からスコセッシ監督の映画人生は始まった。6歳の時父は町内で初めてTVを購入し、彼は映画にもっとはまって入った。"私は映画を愛する。それは私の人生のすべてであり、それ以外には何もない。 "スコセッシ監督の映画への信仰告白である。 "好み"という言葉が顔負けでスコセッシ監督は、雑食性映画ファンだった。<白昼の決闘>(1946)のような西部劇、ネオリアリズム映画たち、マイケル·パウエル監督の"ピンク神"(1948)、<ウォーターフロント>(1954)のようなリアリズム映画、イングマールバーグマン監督の宗教的作品.... この時会った一本の映画は、彼に映画の"本質"を教えてくれる。映画は"魔法の"とのこと。まさに"マジックボックス"(1951)というイギリスの映画だった。 アルフレッド·ヒッチコック監督の"39階段"(1935)でスターダムに上がったロバートドネトイ主演を務め、ジョン·ブルチン監督が演出した<マジックボックス>は、フランスのリュミエール兄弟と同じ時期にイギリスで映画を発明しようとしていたウィリアムフリーズ-グリーンという人物の伝記映画だ。あまり知られていない凡作だったが、この映画はスコセッシ監督に特別だった。 まず、ウィリアムフリーズ-グリーンという人物を簡単に説明すると、1855年に英国ブリストルで生まれた彼は10代の時に徒弟システムの中で写真を学び、二十歳に自分のスタジオを開いて一代で加えた人物だった。偶然マジックランタンに接した彼は、 "動く画像"に心酔することになり、1889年にはセルロイドフィルムを用い、1秒あたり10枚ずつフレームを使用して動きを作り出した"クロノフォトグラフィック"(Chronophotographic)カメラを発明する。リュミエール兄弟より5年早い1890年に大衆の前に公開した毎秒のフレーム数があまりにも少なかったし、機械自体も信頼性が落ちて印象的なパフォーマンスになれなくてすぐに忘れられた。 本業は写真だった彼は映画にはまって、すべてを失ったすぐ破産します。それでも情熱は冷めず、カラーフィルムにまい進して、 "バイオカラー"(Biocolour)を開発した競争相手の登場に押し出される。<マジックボックス>は、映画に及ぼした彼の生を照明するために、スコセッシ監督はこう語る。 "ロバートドネトイ ローレンスオリビエに、自分が作った映画を見せてくれる場面は、私に映画のすべてを話してくれた。映画作りの魔術特性を私の前にパッと開いたのだ。それは魔法の的であり、一方では熱狂的なものだった。主人公は、自分の家族とキャリアとすべてをかけて、試してみてまた試みる。映画に完全に取りつかれていたのだ!この映画のその部分が私魅了させた。八才にしかならない子供が映画監督になることを夢見るようにしたのだ。 " 多くの映画でクラシックのオマージュを捧げてきたスコセッシ監督が、強い自伝的要素を持った"ヒューゴ"から"マジックボックス"への言及が欠かせわけがない日。彼はこの映画のカメラマンとしてカメオ出演するが、まさにこの場面は、 "マジックボックス"で、彼に捧げる敬意だ。

◇スコセッシが3Dを選択した理由
e0109292_2028073.jpg


幼いヒューゴが自動的に機械を修理する仕事に没頭していたように、マーティンスコセッシ監督は、映画の魔術魅力にはまって過ごした。<マジックボックス>が彼には特に重要なのは、フリップブック(Flip Book)を作成する方法を教えてだったのだ。連続した画像をすぐに設定した場合の動きの錯覚を作成されたフリップブックは、スコセッシ監督が作った最初の映画関係者計算であったし、ティーンエージャーになるまで彼を捕らえた遊戯であった。 <ヒューゴ>でヒューゴがメルリエスに奪われた手帳もフリップブックになるが、原作にない場面を入れたのは、おそらくスコセッシ監督が自分の子供時代を反映した部分である。それとともにスコセッシ監督は、図に陥って入った。漫画をそのままコピーもしたし、劇場から帰ってくる時の画面比率である1.33対1の規格に合わせて映像を塗られていた。当時、彼はTVシリーズ"デンジャー"(1950〜1955)が好きだった、30分の一回絵にそのまま復碁するほどだった。そのような面"ヒューゴ"でヒューゴとイザベルがメルリエスが隠しておいた箱を取り出すが、誤ってその中の画像を乱す場面は印象的である。 多くの紙が部屋の中に振り乱して神秘的な動きとイメージを作って出すのに、この部分は、 "絵描いていた子供"だったスコセッシ監督の幼年期を強く喚起する。"私は多くのスペクタクルに心酔していたいつの日かそれらの中で、同時代の人々にどのようなヒューマニティを持って近づくことができるいずれかの仕事をすることになるだろうと思っていた。"その"ヒューマニズム的なスペクタクル"がスコセッシ監督には映画であり、以来、彼の映画の中で感じられる、非常に具体的な感覚は、子供の頃の絵を描くがあったから可能だった。 スコセッシ監督がブライアンセルジュニクウイ<ユーゴーカブレ>を選択した最大の理由も、おそらくその部分である。本の半分以上が鉛筆で描いたイラストに満ちているこの本は、まるで彼が子供の頃に描いたその絵を連想させる具体的イメージである。まるでストーリーボードのように、自分が見た映画を絵で再構成したりしたスコセッシ監督に、 "ユゴーカブレ"は、強いインスピレーションを呼び起こすテキストであった。 興味深いのは子供の頃スコセッシ監督は、多くの場合、3Dさえ(!)しようとしたという事実である。西部劇の銃撃戦のように決定的な場面を描くとき、彼は弾が発射される銃のようなもの突出されるようにカットをつける方式で立体感を与えようとした。息子が紙人形をカモながら遊んでいる誤解と心配していた両親のためにすぐに'3 D遊び"を止めたりしたが、彼 ​​に立体映画は、自然に習得した表現手段であった。 "ヒューゴ"を準備してスコセッシ監督が立体映画を浮かんで上げたのはそのような面最近の商業的な'3 Dブーム"とは少し距離がありそうだ。多分スコセッシ監督は、どのような必然性によって3Dを選択し、ここには彼が十歳頃に経験した映画体験も大きく影響している。1952年に"ブワナの悪魔"という3D映画が興行に成功すると、ハリウッドでは、ほぼすべてのジャンルにわたり立体映画ブームが起きていたが、1953〜1954年に第六十九編の3D映画が作られるほどだった。さらに圧倒的なスペクタクルだったワイドスクリーンの登場で急激に幕を降りたが、当時の3Dブームはすごいものだった。 アンドレ·ド·トス監督の"ハウス·オブ·ワックス"(1953)を初めに見た3D映画として記憶しているマーティンスコセッシ監督は、 <ヒューゴ>のリファレンスとしてアルフレッド·ヒッチコック監督の<ダイヤルMを回せ>(1954)を参照する。"この映画は、3Dを一つの効果ではなく、物語と密接に関連してスペースを物語の一部として作成するために使用します。私3D作業をしながら感じたのは、この手法は、俳優をもっと引き立つようにするということです。まるで彫像が動くような感じを与える。演技と動線がよく合いさえすれば、演劇や映画の一つに合わさったようだが、芝居も映画でもない風変わりな感じを与える。私は3D映画を作ってなくちゃいけない長い間考えたが、まさにそのような部分をいつも期待していた。 " "3Dが観客とキャラクターの間のより深い絆を感じさせるもの"というスコセッシ監督の哲学が"ヒ ​​ューゴ"によくあらわれた代表的な場面は、後半にメルリエスが聴衆の前で話をする部分である。<良い友達>(1990)も効果的に使用された撮影技法である"ズーム·イントラック·アウト"(Zoom-in Track-Out)は、後傾は、ますます遠くなって前景の人物はますます近づくとキャラクターを際立たせますが、これが3Dで使用され、その効果が倍になってメルリエスは、本当に画面の外に出てくるような錯覚を与える。 しかし、彼は"ヒューゴ"で3Dを使用した、より大きな理由は、この映画が映画史初期のを大事にするからである。スコセッシ監督は、19世紀末〜20世紀初め、観客たちが映画という奇跡的な観光スポットの前でどれだけの素晴らしさを感じたのか見せてほしい。そういう意味でリュミエール兄弟が1895年にパリのグランカフェで"列車の到着"を大衆に公開する場面は印象的だ。スコセッシ監督はこの場面を"画面の中の画面"の方法で表現するのに、 "電車の到着"が上映される画面と一緒に観客の反応を一緒に示す。当時の観客は3Dがないにもかかわらず、 "列車の到着"を見ながら列車が画面の外に出てくるかもしれないが3次元的な反応をするが、その光景を表わす"ヒューゴ"が3D映画という点はかなり興味深い。 ★

2012-02-27 キム·ヒョンソク(映画コラムニスト)
by kazem2 | 2012-02-28 20:31 | Movie | Comments(0)