ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

CINE21 さあ来い、時代劇の出番だ!

☆CINE21
2012年韓国映画のキーワードは、時代劇のブーム現象集中分析
e0109292_1916174.jpg

                         <血の涙 >の撮影現場




<年を抱い月>が38.4%の視聴率を上げて高空行進中だ。
いわゆるフュージョン史劇の登場と一緒に史劇を消費する層にも一大変化がきている。中高年層の固定観客を誘致することに重点を置いた史劇はもう20〜30代の観客にアピールできる様々な素材とジャンルで勝負を置く。昨年<朝鮮名探偵:トリカブトの花の秘密 >と<最終兵器活 >で観客動員に成功した忠武路も新たな時代劇との遭遇を急いでいる。史劇が持っている過去というファンタジーが素材の枯渇に苦しむ忠武路のメロとコミック、アクションとスリラーという多様なジャンルを培養土の役割をしている。正統史劇と決別した新しい史劇映画はどんな姿だろう?2012年韓国映画のキーワードとなった史劇。
忠武路はなぜ時代劇に熱狂するのか、また史劇のタイプ別の強みは何か一つ一つ説明します。

文:イ・ファジョン 記事:ガン・ビョンジン 2012.02.28
by kazem2 | 2012-02-28 19:19