ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

韓国ブロックバスター映画製作10命令④·⑤

☆cine21.com
話の規模から把握してください/ 憂鬱な名前と値
e0109292_22444919.jpg

                    <海雲台(ヘウンデ)>



必ずブロックバスターでなければならない必要はありません
Size does matter。約15年前、 "ゴジラ"のメインコピーは、ブロックバスターの本領が "大きさ"と強調した。しかし、 <ゴジラ>であるために大きさが重要だっただけ、すべてのブロックバスターが規模に踏み付けられる必要はない。忠武路の一プロデューサーは "失敗した韓国型ブロックバスターには、お金を注ぎ込んだことから、それに見合った利益を出さなければならないという強迫があるようだ"と話す。<追撃者>の人物らの追撃戦だけでも、汗と緊張感を作り出したナ·ホンジン監督は、 "黄海"でトレーラーを倒さなくても、スペクタクルを超える快感を伝えることができただろう。津波の劇的な局面で活用した "海雲台"のユン·ジェギュン監督が自分が製作した<7鉱区 >は、モンスターをなぜ濫用したかも疑問だ。"規模をあまり意識しない。重要なのはストーリー "と強調したカン·ジェギュ監督が自分の言葉と相反した結果を出したことも同じだ。

ブロックバスターにふさわしい大きさに向けて無理な野心は、多くの場合、映画の文脈から外れた場面を導出する。観客の満足のために設定されたスペクタクルが、むしろ空虚になる。何よりも制作費を増やす。それに応じて製作費回収のためのマーケティング予算も増える。興行が地上最大の目標であるはずのブロックバスターは、より大きなリスクを抱くことになる。2011年のブロックバスターの中で探ってみる例<最終兵器弓 >である。韓国固有の弓を持った魅力を見せてくれるという意志で団結した "最終兵器弓"は、弓のスピード感と追撃戦の密度という具体的な標的を狙ったおかげで、アクションの快感を増幅させることができる。歴史的な文脈とスペクタクルの野心を収めながら、生まれた効果である。スペクタクルの必要性を疑うとともに、 "あえてブロックバスターなければならないか"という反問を提起する必要もあるだろう。<7鉱区 >は怪獣映画ではなく、3Dに傍点を撮りながら、ブロックバスターとなった。<黄海>は、計画とは異なり、製作費が増え、最終的に年末の大作映画になってこそだった。ブロックバスターは、ブロックバスターになる瞬間、ややもするとモンスターになることがある罠に陥る。大きさは問題ではない。ハリウッドではなく、韓国ではなおさらそうだ。

ブロックバスターとスターパワーが必ず一緒に行くのではない
チケットパワーがスターの能力を計る重要な尺度だと、最近チャン·ドンゴンの成績は落第点に近い。グローバルプロジェクトであった<無極>(2004年)と <ウォリアーズウェイ>(2010)は、それぞれ60万人(映画館入場券統合ネットワーク集計)と38万人を集めるためにとどまり、純製作費1​​50億ウォン<タイフーン>(2005)は、 450万人をやっと超えた。なんと280億ウォンが投入された "マイウェイ"は250万人をそこまで満たしていない。ハ·ジウォンはまたどうなのか。130億ウォンプロジェクト "7鉱区"は224万人に満足している。だからこれは、スターの出演が興行まで保障してくれるのではないということだ。

それでも韓国産ブロックバスターは、まだスターを訪れる理由は明白です。スターが付いている "マーケティング力"を無視することができないからだ。ある製作者は言う。"<スパイダーマン> <バットマン>のように映画以外のプラットフォームで検証されたコンテンツがブロックバスターに"企画 "されているハリウッドと違い、韓国産ブロックバスターは、オリジナルのシナリオに大きく依存している方だ。そうするうちに映画を見ずに "高地戦"や "マイウェイ"がどのような話なのか観客が知っている訳がない。関心と認知度を喚起するために仕方なくスターをキャスティングするのだ。 "そうだ。スターがない場合は、投資受けにくいのが現実だ。その点で確実なコンテンツを企画した大規模なプロジェクトでなければ、韓国産ブロックバスターは、当分の間、スターパワーに続く傾くようだ。しかし、有用なモデルではある。2009年1145万人を動員して最多観客数を記録した "海雲台"を思い出してみよう。ソル·ギョング、ハ·ジウォン、パク·チュンフン、オム·ジョンファ、キム·イングォン、イ・ミンギら出演陣は、当時の最高のチケットパワーを誇る俳優たちではなかったが、各々引き受けた配役をよく消化した。これが可能だったのは "津波が海雲台(ヘウンデ)を襲うという自信に満ちた企画があったから"である。よく育てた企画が、開くにはスター羨ましくないという言葉はこういう時に書使うようにある言葉だ。

文:ガン・ビョンジン 記事:キム·ソンフン
by kazem2 | 2012-02-22 22:56