ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

韓国ブロックバスター映画製作10命令① 面白味の解らない複製品は行け

☆Cine21.com
e0109292_21543555.jpg
<7鉱区>



私が理解できないのはこの国映画版では、ジャンル映画の試写会で監督が "私はジャンルに分けることが嫌いです!"と言うと、なぜか当たり前になって容認されているかということだ。

これは素直にあると言って移ることができることではない。ジャンルに対してよく知らずに、さらに嫌いだということすら感するならば良心上その監督は初めから仕事をするべきでなかった。それでも無理に仕事を引き受けたのならもジャンルを嫌いと言っても分からないという声は出ない程度に努力をして勉強をすべきだった。それでも彼らは無理やり法廷にひかれて出てきた反逆者のように言い訳する。"全ジャンルについてよく知ら..."

まとめてみよう。ジャンルは徹底的に経験の蓄積によって存在する。推理物を例に挙げてみよう。エドガーアランキャリッジ名探偵が事件を解決する方式を作成します。ここにアーサー·コナン·ドイルが表示されてナレーターの役割と科学捜査を強化する。ここにリチャードオースティン·フリーマンのような作家が現れて犯人を事前に明らかにする本推理物を作って大失敗ヘミトイが現れて、ハードボイルドのオフセットを作成します。ジャンルの進化は、作家たちが先輩の肩の上で新しい何かを添加する過程の繰り返しで、これをまともに理解するためには、最近の作品だけざっと見てはならない。ジャンル開始から続く累積の過程全体を理解しなければならない。ように完全なペンジルイ可能でそれから創作が可能です。、大幅な愛情が必要なことだ。しかし、これらは愛情もなく関心もないんだ。多分彼らはそんなことなくても十分に映画を作ることができているようだ。せいぜいジャンル演技だから。

ジャンルのファンが映画を無条件よりよく作るという話はしない。遠くまで行く必要もなく、<伝説の故郷>の暗鬱な例から。しかし、それでもジャンルの基本的な愛情はまだ欠かせない。あなたがこのようなことを経験しないでひたすら映画の直感で見抜く天才ではない場合。そしてその可能性が何パーセントなるだろうか。そしてあなたが本当にそのような天才といっても、あなたの映画的な工夫がすでに他の天才と多数のボムジェドゥルイ発掘しておいたものではないとどのように確認することができる。知らずに真似すると知って真似することの間の差は非常に大きい。

ここからミステリーの領域に入る。確かにこの国にも(ホラーこれは、SFでも、ファンタジーであろうと)、個々のジャンルのファン層が存在する。そしてそれらの映画を自分で作成する人々も相当数存在する。しかし、いざ韓国でジャンル物が出てくる場合、自分がジャンルのファンだと明らかに人はほとんどいない。いざ関心を寄せる人々はジャンルの演技を作らない。

多分ジャンル演技を企画している人々はジャンルのファンが指摘する細かい問題点は越すことができるものであり、彼らがターゲットとした多くの観客は、これを気づいていないと思うかもしれない。ターゲットのレベルをそのように取っておけば、ちょうどそのレベルだけ事前調査で観客をだますことができないだろうか。

申し訳ないが、そうではない。ジャンルは完成品のリストだけで構成されているのではない。昨年のマンジャク<7鉱区 >に属しているSF /モンスタージャンルだけしても"エイリアン "シリーズを読破するだけでは得られない多くの要素が含まれています。それは映画が厚かましく無視した生物学と物理学の基礎知識から、機能性キャラクターの活用とサスペンスの構成でも、制作費削減のトリックまで多様だ。映画のみをカウントしても70、80年以上の経験の報告がジャンルという名前の金庫の中に格納されているのだ。ところがこれをDVD何本を見ることでカバーして乗り越えていけると信じる。その楽天主義は感心しながら同意するのは難しい。

文:デュナ 2012.02.21 Share it
by kazem2 | 2012-02-21 22:08 | Comments(0)