ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

CINE21[シネマトーク]肉体の痛み映画を見て出す

☆Cine21.com
<シネ21>とCJ CGVムービーコラージュが一緒にするシネマトーク:<カット>
e0109292_12442280.jpg




"カット!"という監督の叫びが課題となる瞬間だった。
120分のランニングタイムの間、観客は主人公秀二役の西島秀俊がヤクザに殴られるシーンを絶えず見なければならない。人間サンドバッグになった秀二のすっきりした顔は腫れて上がってなくて崩れて降りて、体はモンウロいっぱいで、見守る人々さえ体の片隅がしびれそうだった。映画上映が終わった後、キム·ヨンジン映画評論家の初めての挨拶は "皆さん大変だったんですか?同志愛を感じます "であった。2月10日CGV大学路で開かれた<シネ21>ジュ・ソンチョル記者とキム·ヨンジン評論家の "カット"シネマトークは、そのように努めて冗談で雰囲気を変えた後になって始まった。

<カット>は、イラン監督と日本俳優という妙な化学反応が作り出した結晶体だ。<走る子供たち> <ラスベガスの夢 "でよく知られているアミールナデリ監督は今回の作品の芸術の一人の人間の無限の熱望と意志を込めた。イランで生まれ、映画を演出する、米国に亡命したアミールナデリの経歴を見ると、彼が日本の俳優たちと、日本で映画を撮ったということは、もう一つの課題と試みのように見える。映画は、秀二の切実な叫びから始まる。彼の叫びは、資本が芸術を飲み込んで、それによって映画のダウンロード、映画は観客と会う機会さえない現実のツジダ。一見イデオロギー扇動のように見えるが、結局、秀二が強調するのは、芸術映画を本当に楽しんで、そして芸術の真の価値を悟ってほしい心である。尊敬する監督のように優れた芸術映画を作りたいという彼は、お金がなくて、映画製作はおろか、やっと不法映画上映会や開いて生きていく。ある日、秀二は、兄慎吾が組織によって処断されたという消息を聞く。慎吾が12年間まじめに働いた組織で処断された理由は、秀二の映画に制作費を待機のために巨額のお金を借りたが返さられないと、組織のセクションを中国人ギャングにお金をもらって売ったためだ。自分のために兄が死を迎えることになったという罪悪感に駆られた秀二は、慎吾が進行膨大な社債借金を抱え込むことになる。ヤクザが秀二に与えた償還期限はわずか12日。お金を返済する能力すらない秀司は、慎吾が死んでいったトイレでの人間サンドバッグになってお金を稼ぎ始めます。12日の間に合って稼いだお金で借金を返すことができるかもしれないし12日になる前に命を失うことができる危機で秀司は、映画でも、お金をもうけることもあきらめない。

西島秀俊の興味深い変身
ちょっと重い内容ですが、<カット>が国内観客の関心を呼んだ理由は、主演の西島秀俊のおかげである。去る2月3日<カット>を広報するため韓国を訪問した西島秀俊さんは昨年、キム·テヒと一緒にしたドラマ "私のスターの99日>で、韓国でも認知度を積んだ俳優だ。<好き> <サヨナライツカ>などソフトなイメージをアピールして女性ファンたちの心を捕らえた彼は、映画への情熱に満ちた秀二に扮して、強力な変身を試みた。ジュ・ソンチョル記者は "西島秀俊さんのこんなに悪を支え叫ぶ姿を初めて見た。実際には西島秀俊のフィルモグラフィーを見ると、少し堅いと思うほどの作品に自分を隠してきた俳優なのに一味違う "と言って"俳優のビョンシンマン見ても "カット"は、興味深い作品だ "と短い感想を伝えた。ジュ・ソンチョル記者が西島秀俊の "変身"に注目している場合キム·ヨンジン評論家は、映画の "話法"に注目したように見えた。キム·ヨンジン評論家は "前作"ラスベガスの夢 "もそうだが"カット "も単純なメタファーを最後まで押し通して、最終的に観客を説得させる方法がすごい"とアミールナデリ監督への賛辞を惜しまなかった。
e0109292_12451598.jpg

<シネ21>ジュ・ソンチョル記者(左)とキム·ヨンジン映画評論家が "カット"シネマトークに参加した。

<カット>は、一人の男がお金を返済するために、人間サンドバッグになるという単純なストーリーを持ったように見えますが、作品は芸術のひどい熱望を超えて巨匠たちの作品に対する尊敬でいっぱい組まれている。秀司が開く不法上映会で上映される作品と彼枚迎える度に思い出す作品は、映画をあわせて合計102編に達する。黒澤明、小津安二郎をはじめヒッチコック、オーソンウェルズ、ジョンフォード、ロベール·ブレッソンなど、すべての世界の映画会社の一節を飾った監督たちの作品だ。秀司は信じられないほど殴られた翌日にもオズの墓訪ねて記念碑をきれいに手入れたりプロジェクターに巨匠たちの作品をかけて黒い自分の体をスクリーンに申し立てたもので癒しとリラックスを得る。キム·ヨンジン評論家は、その場面を挙げて "ちょっと幼稚に見えますが、映画を物理的に受けて出すというように見えた"と解説を付け加えた。"暴力が常識的なことはありませんが、少なくともこの映画では映画の純粋性を守ろうとするどのような記号である。"ジュ・ソンチョル記者の言葉のように映画が秀司の口を借りて表わすツジナ秀司が全身に受け止める暴力は一度もやめて殴ってしてもらう査定するかビルジない彼の真っ直ぐな意志とも似て見える。そのために、秀司の行動は、 "マルチプレックスが、今日の芸術映画をのみ込んだの時代に真の芸術映画がすぐに娯楽そのものだった古き良き時代の精神を再び上記せよう"という彼の叫びとかみ合って、さらに切実になる。

良い映画に向けた監督の熱望
"映画はストーリーが全部ではない。ところで変にストーリーだけを付いて行って映画を見ることになる。分かってみれば、私たちは映画を見て、映画は基本的に持っている肉体性と同様の認識を得ることになる。アミールナデリのこういう部分を極大化した作品を作り上げた。 "キム·ヨンジン評論家は、近年の映画では見られなかっアミールナデリの風変わりな演出方法を会話のテーマに上げた。"いくら腹筋があっても普通の人であれば全身骨折で内蔵破裂ですでに死んだ。実際には全く説得力ない話だ。誰が痛い死にそうなのに "市民ケーン"を思い出しのか。しかし、それ自体が意味する痛みがある。故国では検閲のために、米国では投資のために映画を存分に撮ることができなかったアミールナデリ監督が付いている主流の映画の鬱憤、良い映画を作りたいという熱望がまさにそれだ。そのような感情が画面の物性に感じられるのが驚いた。 "また、彼は"アミールナデリが<カット>で私たちに投げていた問題意識や映画の話題が深く残る場所になったら良いだろう "と言う言葉を最後に2月のシネマトークのドアを閉めた。
アミールナデリは、西島秀俊、映画の不屈の意志を持った二人の男がもたらした映画 "カット"にようやく力強い "カット"サインが落ちたようだった。

文:ナムミンヨウン 写真:チェソンヨル
by kazem2 | 2012-02-21 12:45