ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

CINE21「私を愛したスパイ 」よもう一度

☆cine21.com
映画化すればいいスパイ小説と実話
e0109292_21324951.jpg

                     <作戦名バルキリ(ワルキューレ)>



映画で脚色なスパイ小説の傑作を選ぶのは映画で脚色な正統推理小説を選ぶよりも百倍難しい。なぜですか?これらは、パズルの謎とは異なり、はるかに映画化する簡単既にほとんど脚色されているからである。

疑いと、一度見てください。ジョセフコンラッドの "秘密諜報員"は、ジョンボケンウイ<39階段>、サマセットボディ<オセンドゥン>、エリックエムブルロウイ<ディミトリウスの管理 "、ジョン·ル·カレの"寒い国から来たスパイ "とジョージスマイリーシリーズ、イオンフレミングのジェームズ·ボンドシリーズ、レンデイトンのハリー·パーマーシリーズ(スパイの名前は、映画化された後になってついたことではあるが)、フレデリックフォーサイスの<ジャッカルの日 >、ジャック·ヒギンズの"鷲着陸する "、ロバートロドゥルロムの本シリーズ、ケンポリプログラムの "針の穴" ... これらは、スパイ小説の代表作リストがスパイ映画/ドラマの代表作リストにもたくさん落ちていない。
e0109292_21355516.jpg

                         <鷲着陸する(鷲は舞い降りた) >
実話に素材を回すと?やはり事情は大きく異ならない。バルキレウイヒトラー暗殺未遂、エーススパイライリー、ハイドゥリヒ暗殺、ケンブリッジの5人、ロバートハンセン事件.... これらはすべて、直接イッガクセクドゥェオコーナ他の小説の素材になって映画化されるかドラマ化された。映画版の人々はあなたが思ったほど甘くない。それらを軽視してはいけない。あなたが知っている話だと、彼らは何十年前から知っている。

イアン·フレミング、ジョセフコンラッド...これらを再見
e0109292_21371810.jpg

                  <私を愛したスパイ ><西欧人の目>
それでも何本かゴラボなら?
まず、私はイアン·フレミングに帰りたい。彼の作品のほとんどが映画化されたのは事実である。しかし、イオンフレミングが書いた小説がすべて忠実に映画化されたのはではなく、一部はそのままタイトルのみを借りた。これらの中脚色者などの立場で最もそのように見えるのは<私を愛したスパイ>。小説と映画は全然違うし、原作では一般的なボンドシリーズの形式で果敢にすぎているからだ。カナダ人の女性主人公の1人称ナレーションで始まる導入部だけ読めばこれがボンドと何の関係なのかと問い詰めたいと思うほどだ。実際にボンドは小説がしばらく行われた後になってやっと登場する。もちろん、この映画を一般的なボンド映画の規格に合わせて映画化は難しい。おそらく広報も難しいだろう。それでも可能性はある話だ。さらに、原作は、タイトルとよく似合う。

ジョセフコンラッドの"西欧人の目"はどうか。ドストエフスキーを嫌いだったポーランドの作家が書いた最もドストエフスキー的な小説である。まあ、私はこのロシア革命主義者たちの間で思わずかけたプラッチ青年の話を観客がそのように望むことではない。特にテーマが明らかになってドラマが完成されているほとんど自爆に近いクライマックスに達すると、ほとんどの読者は、手足のしびれは、症状を感じる。しかし、これだけ"ロード荷物"も同じではないか。そして現実の世界でスパイたちとはほとんどジェームス·ボンドのような英雄ではなく、 <西欧人の目>のラジュモプような人間である。<西欧人の目>はスパイジャンル物で優れた矯正効果を出すことができる。私に魅力的に感じるのは、英語とロシア語が重なって混用される姿なのに、ああ、ハリウッドならここに全く関心がないだろう。

エリックエムブルロウイ最初の小説"暗い国境"はどうだろうか。そんなに人気のある本ではなく、エムブルロウイ代表作でもない。小説自体が当時流行した安価なサスペンス物のペロディニ、おそらく要塞読者はしら急に引いたユーモアと真剣なアクションを区別できないようだ。しかし、この30年代の小説には、よりもっともらしい映画の材料になることがあります。この作品の最も魅力的な面は核爆弾を扱った最初の小説の一つとのこと。核爆弾が出てくる<風雲のジェンダソン>なのである!原作の科学の記述は混乱だが、これについてより詳しい知識を持った我々はこれを改善してより多くのもっともらしい話をすることができないだろうか?しかも結末は小説よりも弱々しい​​。主人公が核爆弾の秘密を破壊してようやく戻ったとき、ラジオでオート韓菓フリッツ·シュトラウスだけ最初の核分裂実験に成功したというニュースが出てくるエンディングを考えてみてください。原作ではありませんが作成することもあるということだ。

エリザベスボオンの<真昼の熱気>が脚色された敵かどうかを検索してみた。ハロルド·ピンターが脚色したTVドラマが一つあったります。しかし、第二次世界大戦当時のイギリスを舞台に二スパイの間に置かれた女性を主人公にしたがロマンスに興味がある人がそう少しは変だ。ボオンをあまりにも真剣に考えているではないかと思う。

ロナルド·カークブライドの小説"短い夜"を脚色したがる人はあまりいないと信じる。まず、二重スパイジョージブレイクの脱出をモチーフとしたが、冷戦インフォメーション小説の話が時代に少し遅れたためであり、(読んだことはありませんがシノプシスだけ見ればそうだということだ)、第二に、この作品はアルフレッド·ヒッチコックが死ぬまでずっと映画に作成のために整えていた本ですからだ。しかし、私は"短い夜"を経なくても、ジョージ·ブレイクの話は、まだ映画化される価値があると思う。彼がたとえ"敵"といっても、すでに冷戦は終わったし、賢い敵の脱出入れる描いた映画の伝統が存在し、彼と彼の脱出共犯ショーンバークとの関係は真剣にパボルに値する。さて、やはり読んだことはないが、ジョージブレイクが出てくる韓国の小説もある。パク·ヨンスクの"ダブルクロス"。韓国戦に当時の駐韓外交官だったジョージ·ブレイクが韓国のスパイと韓国の女性を置いて三角関係を繰り広げたという。かわいそうなブレイク。本おもしろいのか分からない。

映画よりも劇的な実話
e0109292_2139780.jpg

                   <テレマークの要塞の英雄たち>
実話の話が出たのでする言葉だが、きちんと映画化される価値がある物語で、ノルウェーの重水工場を爆破し、ナチスの核爆弾の開発を阻止したノルウェーの特攻隊とレジスタンスの話がある。知っている。すでにカークダグラス主演で"テレマークの英雄たち"が出てきた。しかし、映画は実話の迫力の半分の半分の半島満たしていない。実際に起こった話が面白いのに、それをあえて脚色して退屈なメロドラマにする必要がありますか?そして今度は是非ノルウェーの主人公たちの役割は、ノルウェーの俳優たちに任せよう。

映画化されるはずなのに出ない"実話たち"はもう一つある。なぜ誰も発表されたグリフィスの"回顧録"に関心がないのかな?アメリカ人のファッションモデルが第二次世界大戦当時、OSSに抜擢され、スペイン社交界でお金をこんこんと書い贅沢な生き方をしてスパイの手引きをしてから、戦争が終わった後、伯爵夫人であるまでなったという話なのに?主張の信憑性については、言葉が多いが、この程度なら80年代にアメリカでたくさん出てきた通俗的なミニシリーズの素材として十分ではないか?

実際に起こったことはないが起こるところだった作戦もある。二重あきれることか。第2次世界大戦時にOSSのヴェルナー·ハイゼンベルクの拉致計画を真剣に考慮したことを知っているのか?ハイゼンベルグがノーベル賞を受賞した偉大な物理学者であり、ドイツの核分裂の研究チームで重要な位置にあったのでざっと妥当である。しかし、彼らはこの計画を組むとき、彼(大理論物理学者らしく)電池がいかに働くか理解できない機械値であり膨大なマザコンだったという事実は知らなかった。

一度とぼけ急離し、この計画が実際に起こったと想像してみるのはどうだろうか?もちろん、ようやくドイツに浸透して入った主人公たちにハイゼンベルクは、ここに残って研究をサボタージュしているのが自分の使命だと主張して(カジトことを信じてあげよう)主人公を説得する。しかし、まさにその瞬間、彼らはより忠実なナチスの科学者が核爆弾の製造に不可欠な研究をしたことを知ることになる。これを阻止するためには、物理​​学をきちんと知っているスパイが必要である。主人公たちは、すぐにOSSにご連絡してひょっとして物理学に精通し知って金庫破りの泥棒の技術に優れた諜報員を派遣することができるか尋ねる。OSSは、ニールス·ボーアにこの内容を転送してボアは、 "信じられない事がぴったりの一人いますよ"と答える。その夜、OSSは、病気の妻に手紙を書いていたリチャード·パインマンを引っ張ってきてスウィスヘン飛行機に乗せる.... ただそんなこともあった話だ。

文:デュナ 2012.02.14 Share it
by kazem2 | 2012-02-14 22:12