ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[クッキーインタビュー]チェ·ミンシク"悪魔"チャン·ギョンチョルを語る

☆news.kukinews.com
チェ·ミンシクが明らかにした "半月"(犯罪と戦争の別名)チェ・イクヒョンVS "悪魔"チャン·ギョンチョル
e0109292_1025587.jpg




[クッキー人トビュ]チェ·ミンシクが明らかにした "半月"崔益鉉VS "悪魔"チャン·ギョンチョル

2012.02.13 11:17
[クッキー映画]
時の厳しい質問が満足の利害や貴重な回答を勝ち取ることがある。
先月30日、ソウル三清洞のカフェで出会った俳優チェ·ミンシクに投げた"悪魔"チャン·ギョンチョルと"半月"崔益鉉の質問がそうだった。両方の線の枠内にいない人物にも二つのキャラクターを眺める好感度は温度差があるとし、 "単純にキャラクターの違いではなく、監督の演出スタイルできた結果はどうか"尋ねてまた尋ねた。答えを躊躇していたチェ·ミンシクは頭がうなずくように話を聞かせた。

-私が"悪魔を見た"と"犯罪との戦争:悪者たちの全盛時代"(以下"悪者たち")を記者ではなく、観客と見たんです、観客たちが"悪魔"チャン·ギョンチョルに頭を向いたら、 "半月"崔益鉉は熱狂しましたよ。これらの反応の違いは、単にキャラクターの違いだけでてくるか、一人は稀代の連続殺人鬼の人は生きていくためにいろいろな種類の小細工を転がすロビー屋、一人は私になるには遠い距離にある人物の他は食べて生きようと私もしてするかもしれないと思わせ模写をする人であることから来る違いだけではない気がしました。

キム·ジウン監督とユンゾングビン監督の演出スタイルの違いでも来るの結果でしょうか?

=なぜ、チャン·ギョンチョル良い方が多かったが?(笑)-

そうです。キム·ジウン監督の"悪魔を見た"が自分の生涯最高の映画という方、私の周辺にもいます。

=冗談だよ。不安な方が多かったが、またそのようなキャラクターも可能だと思います。

-観客一人一人の満足度ではなく、普及して好感度は明らかに違いがあるようです、インターネットの反応をみてびっくり。だからユンゾングビン監督はチェ・イクヒョンを使用してチェ·ミンシクという俳優も引き立つようにし、映画も生かして一挙両得を見かけた時、キム·ジウンは、監督は映画のためにチェ·ミンシクを利用したでしょうか?

=利用という表現は行き過ぎですが(笑)。映画は監督の芸術でしょう。自分が好きな俳優を当然使うことができますね。

-活用とすべきか(笑)。より多くの説明をしようとするこのようなのです。観客の立場では、 "悪魔を見た"を見に行ったときにキム·ジウン監督独自の演出スタイルについても期待をするが、チェ·ミンシクという俳優の演技にも期待を抱いて表を買います。他の俳優ではなく、すぐにチェ·ミンシクをキャスティングした理由、立場で演じた結果があると思っているんです。ところでチャン·ギョンチョルはチェ·ミンシクという俳優の味を感じにくかったし静かではキム·ジウンの色は目立っていたんですよ。キム·ジウンとチェ·ミンシクを見に行ってギムジウンを見てきた感じ、その点を残念がると思います。

=おっと、ここに私の友軍(友军)がいらっしゃいましたね。観客の方々がそう思っていただければ俳優の私としては本当に感謝していることでしょう。しかし、申し上げたように映画は徹底的に監督の芸術です。監督と俳優がキャラクターを眺める視点や見解が異なる場合があり、時には相反する部分を補完することも、監督が俳優の考えと表現を認めてくれたりしますが、監督が"必ずこれをしたい"これで、それに応じなきゃいけないのが俳優のことだと思います。それが嫌なら映画で下車するか、自分で監督をするべきでしょう。

-ジャンギョンチョルはキム·ジウン監督が考案したキャラクターそのままを実行した結果であるというお話でしょうか?続く質問が困難であることを俳優チェ·ミンシクは灸である"悪者たち"を演出したユンゾングビン監督の話を取り出した。

=ユンゾングビン監督が私だけで遊ぶようにしてくれたりしました。まるですべての俳優、スタッフと一緒にむしろを敷いてくれて、その上で私がやりたいように踊るようにしてくれた月でしょうか。私ユン監督に"いや、いいんですか?何かしたいことがあれば私にも必要と指示をくれ"と言ったほどです。ユン監督は、ただ"先輩がしようとする限り、したいようにしてください"と言うんですよ。監督がそう言ってくれると私がどれくらい負担になりますか、責任を持ってもっと熱心にしたんです。自分の中で答えが出なければするのだから、心配たくさんして楽しく作業しました。一日後のソウル三清洞は、別の場所で会ったユンゾングビン監督も同じ話をしました。まずユン監督は、ドラマ"ソウルの月"時代からのファンだったし、信じて一緒にする俳優ハ·ジョンウの推薦があったからこそ"悪魔を見た"に出演するために"悪者たち"を仕様した俳優チェ·ミンシクを"悪魔を見た"が終わるように待っていたと述べた。そう念を入れてキャスティングした俳優の演技に満足していること聞くと、 "最高だった"と親指を立てた。"私が今回の映画でディレクティングをしていない唯一の人が俳優チェ·ミンシクでした。実際にはチェ·ミンシク先輩が準備して来たチェ・イクヒョンは、私が思っていた人物と違いました。しかし、演技の方を見ると共感となって説得できましたよ。触らずに残しておくのが答えだと思いました。もちろん、私が最初に描いた人物にこだわってディテールから一つ一つ取っていくこともありますよね、そう何かを要求したら、そのまま実装していただいたたことです。しかしそれは必ずしも正しいのかと思った。演技については、チェ·ミンシク先輩が専門家であり、私よりずいぶん長く修練を積んでこられたでしょう。通チェ・イクヒョンがされて来られたチェさんが自然に吐き出すの表情とディテール身振りをそのまま生かすのが、映画にももっと良いと思いましたし。

" -ああ、チェ・イクヒョンは俳優チェ·ミンシクの色がたくさんついていますね。キム·ジウン監督との作業はどうでした?

=う〜ん...、ジャンギョンチョルという人物についての部分、私は同意できない部分があるのが事実です。
しかし、映画は繰り返し言っているが監督の芸術です。キム・ジウン監督の考えはしっかりしたその後、俳優が続くのが当たります。(チャン·ギョンチョル表現は)キム・ジウン監督が言うとおりにしたんです。主演俳優ラプシゴ自分を前に出せば本当に多くの人が一緒に働く現場が難しくなります。多くの人を導くのが監督であり、学ぶまた、俳優の役割があって...そのような基本が守られなければなら作業が楽しく作品がよく出ます。-俳優チェ·ミンシクが考えたチャン·ギョンチョルはどんな人物だったんです。

=育ってきた環境のせいに社会性が欠如しいて恥ずかしがり屋でなく、恥ずかしさが多いです。またサイコペスジョ、感情の変化、その格差は1から100で、即座に駆け上がる人物です。たとえば、学園ミニバスを運転するチャン·ギョンチョルがルームミラーで自分の好みの理想の女性を発見している。普通の人であれば、その学院の車の中から声を掛け、徐々に心の壁が低くなるように徐々に近付くでしょう。しかし、チャン·ギョンチョルは好みの女性に会った時はどうすればかわからない、また恥ずかしがり屋が多く、学生たちが乗って降りる車の中で言葉を付けることができないですね。だから、誰も来ない、誰も見ていないビニールハウスで撮影でしょう。自分なりに慎重に好きだと告白をするが、相手女子にはビニールハウスに連れて来たことから、非常に暴力的な状況ですね、当然嫌いです。しかし、チャン·ギョンチョルは女子学生の拒否が"君が何、私を好きでないの?"は逆心を発動させて、感情が棒棒向かう人物だから爆発してはいけないのに服をかき分けて、その...こと(暴行を)して首を絞めたった1つの意識とも一緒に行います。ところがその時、誰が自分の名前を呼び、 "チャン·ギョンチョル!"。ここでは私しか知らない場所である必要がしますが、誰も知らない私だけでは受けるの死の意識なのに誰かこれを見たんです。チャン·ギョンチョルは瞬間恥ずかしくて服を一つ一つ準備して着て...羞恥心は意識を台無しにした相手の怒りに向かっそう彼に向かって突進するようになるんです。

-と、見たくなってんです。

=殺人をまたくださいましたし、(手で遮って)弟.... 記事にそのようにでたんではないですか、(ハ)ジョンウと私の"悪者たち"の共演について、 " 国民的殺人の出会い"ですよ。私の"悪魔を見た"もそうだが、 "オールドボーイ"も強かったんです、ジョンウも"追撃者"がすごいしたんです。それでも両方の演技もたくさんしたが、殺人鬼の演技は、余韻が深く残るようです。再び殺人をしないとはできないが、作品が良ければまたするべきだが、まずは殺人のイメージを消去する必要がと思います。

-特に出演したいジャンルはありますか?

=メローをしたいです。若い俳優たちのロマンチックコメディもいいけど、この年になって見せてくれることができる骨深いメロもあるでしょう。"パイラン"もしていたが、今では可能なメロ演技をします。機会があれば、観客の方々にお見せしたいですね。"悪者たち"のもう一つの軸は、釜山(プサン)地域のナンバーワンの組織暴力団ボスチェ・ヒョンべを演じたハ·ジョンウは、すぐに来る29日封切りする'ラブフィクション"で愛に苦しむちっぽけな男に戻る。
普通の市民もチンピラでもない"半月"チェ・イクヒョンを実感できるように演技した俳優チェ·ミンシクがきちんと積み上げてきた時間のキョルルそっくりそのまま盛り伝える愛の物語を待っている。

国民日報クッキーニュースホンジョンソン記者dunastar@kmib.co.kr
by kazem2 | 2012-02-14 10:59 | Movie | Comments(0)