ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[ジン·ジュングォンのアイコン]創造的畜生

☆cine21.com
ボヘミアンの存在の美学
e0109292_22222520.jpg




"ボヘミアン"という言葉がある。ネイバー百科事典によると、 "ボヘミアン"とは "浮世の慣習や規律などを無視して放浪しながら、自由奔放な生活を送る詩人や芸術家"を指す。
インターネット百科事典 "ウィキペディア"は、 "ボヘミアニズム"という項目の下にこう書いている。"非慣習的ライフ スタイルの実践。多くの場合、似たようなマインドを持つ人々同士似合って、恒久的な結束なしで音楽、芸術や文学に従事すること。そういう意味ではボヘミアンは路上生活、冒険家、放浪者ということができる。 "

文学ジプシーたち
プッチーニオペラのタイトル "ラ·ボエーム"は、元の "ボヘミアの女"という意味だ。ここでわかるように、ボヘミアンは、西ヨーロッパのロマニ(Romany)族、いわゆる "ジプシー"をいう。これらが "ボヘミアン"と呼ばれるのは、彼らが西欧に入ったときに、主にボヘミア(今のチェコ)地方を経たからだ。これらの生活がどうだったのは映画 "ジプシーの時間"によく現れている。ボヘミアンは、通常、住みかや仕事なし、窃盗や物乞いのような非正規的な方法で人生を続けていく社会の下層の周辺部の生活である。

今日のような意味で "ボヘミアン"は、19世紀に登場した。当時のヨーロッパの主要都市には、周辺化された人生を生きる貧しい記者、文人、芸術家集団が存在したが、これらは通常、政治·社会的に非正統的で反体制的な性向を見せた。特にフランスでは文化人や芸術家たちは、当時の家賃が安い​​郊外地域に集まって下層民ジプシーたちの隣人で、住んでいたという。特定の人種集団を指し用語が芸術家的ライフスタイルを指す言葉になったのはこのためだ。

"ボヘミアンという用語は、今日、特定の部類の文学ジプシーの技術として広く受け入れられる。どこに住んでどのような言語を駆使するかボヘミアンは意識的、無意識的に人生と芸術の慣習性を脱いでしまおうとする芸術、ガーナの文人である。 "("ウェストミンスター·レビュー "、1862)、さまざまな国から別の言語を駆使して住んでいるがジプシーが、元の一つの114人種であるように、世界の主要都市のボヘミアンたちも、国籍や言語は違っても文化的には一つの種族といえる。

"ボヘミアン"は、あえて主流社会の認識を得ずに自らの社会の周辺部に退いたアウトサイダーであり、彼らには多くの場合、衣服の慣習や結婚の義務から自由放蕩イメージが付きまとう。無宗教と俗物性を容赦なく嘲笑の知的傲慢もボヘミアンのイメージを構成する重要な要素である。ジプシーに道徳や法律、慣習や礼儀が何の意味があるのか​​?"ボヘミアン"は、このジプシーたちの生存方式を自由人の存在美学に昇華させたこれらとすることができる。

ボヘミアニズム(bohemianism)。創造的な知識人たちのこの新しいライフスタイルは、19世紀のヨーロッパの多くの国で先に小説を具体的形状を得ることになる。例えば、 <ボヘミアン生活のシーン>(1845)を発表したフランスのアンリムウィルジェル。彼が集めた話は、後にプッチーニが "ラ·ボエーム"(1896)を使うために土台となっている。一方、同時期にイギリスではウィリアムセコリガ<虚栄心の市場>(1948)を、それより少し遅く、スペインでは、バレエインクルランイ<ボヘミアの光 >(1920)を発表する。

ボヘミアンのライフスタイルを一つの存在美学で正規化(?)一人はすぐにノルウェーの作家、哲学者であり、同時に無政府主義活動家であるハンス·ヘンリク·イェーガー(1854〜1910)であった。1886年に彼はボヘミアンの存在美学を描いた著書( "プラクリス次ニアボヘメン>)のために刑を宣告されて2ヶ月間刑務所に拘禁された。司法当局の目には彼の著書は、風速を著しく損なうものに見えたようだ。あの有名な "ボヘミアンの9戒め"は、まさにこの本由来する。

ボヘミアンの9命令
当時は、虚無主義、無政府主義、共産主義思想が全ヨーロッパを席巻していた。世紀末のこのような急進的な雰囲気の中ではいかけるクリスチャニア(オスロ)で、 "クリスチャニアのボヘミアン"という知識人のグループを結成するが、そこには北欧の象徴性の絵画の代表エド·ムンクもいた。はいかけるムンクをはじめとする "ボヘミアン"のグループのメンバーは恋愛の自由とブルジョアジーの打倒を叫んだし、社会の諸悪の根源はキリスト教に由来すると信じていた。

"クリスチャニアのボヘミアン"は、はいかけるが作った "ボヘミアンの9戒め"を実践して住んでいた。命令は次のとおりである。"①君の人生を少なく。②家族と縁を切りなさい。③父と母との距離を置く(親はどんなに距離をおいても過言ではない)。④5クローネ以下のお金のために近所の人を打たいけない。⑤田舍臭い人を憎み嘲笑、無視、軽蔑してください。⑥セルロイド小売付きの服を絶対着てはいけない。⑦スキャンダルを作り出すことを気にいけない。⑧後悔してはいけない。⑨自ら命を停止する。

この命令を、今日の言語に翻訳すると、 "人生を文学作品のように育てていき、道徳の偽善に反抗し、個人的な連とらわれはならない、自分の気質を率直に表現し、社会の平均的俗物されていることを軽蔑であり、格式などは出してしまって、必要に応じて社会的物議を作り出さず、自分のした仕業絶対後悔しないで、自分自身があなたの生命の主人になれ "。約この意味ではないか?もちろん、このように生きれば、円満な社会生活などは、あきらめなければならだ。

現代の遊牧民たち
10戒めは "あなたの親を敬え"と言うか、9戒めは、 "親を知るをおこがましく見て"と教える。このように "ボヘミアンの9戒め"が旧約聖書の10のヒントをパロディにしたのは、当時西欧でのキリスト教妨害ただ一つの宗教ではなく、すべての化石化した習慣や道徳の根であったことと関連がある。一見すると "人生大引けになれ"という話のように聞こえるか、9命令はただの窒息だけのようなシステムを破壊することで、新しい人生を構築するように審美的な倫理の挑発的な表現であるだけだ。

ここでは、20世紀初頭の "アバンギャルド"芸術のメンタリティーどこ由来か垣間見れる。広く知られているかのようにアヴァンギャルドの芸術家たちは(政治と文化の両面で)自分のブルジョア体制と敵対の中に入れて、既成の体制を破壊する過程の中で今まで存在しなかった新たな社会と芸術を構築しようとした。このアバンギャルドのメンタリティーなボヘミアンの感性を受け継いで、より明確な政治的 - イデオロギー的 - 美的表現を与えたにすぎないかもしれない。

ドゥルーズが言う "ブレイクアウト"の存在美学は、哲学的論証の方法では、前衛的な芸術のメンタリティー的な社会的抵抗の美学に翻訳したものということができる。それならブレイクアウトの美学も過去にさかのぼると、最終的にボヘミアンのライフスタイル、さらにはジプシーの生活に接しているわけだ。そういえば、ジプシーたちは、元の放浪者たち(vagabonds)ではないか。道徳と羞恥心を知らないこの放浪者たちは、社会から脱走して、文字通り "遊牧的"(nomad)生活を送った。

ボヘミアン。この "創造的畜生"の存在美学がエリート主義的だと批判することもできる。しかし、社会的束縛から抜け出すために自発的貧困を実践していたボヘミアンのライフスタイルは、資本主義という欲望機械に自発的に依存して生きていく今日の大衆にまた他の人生のインスピレーションを与えることができる。全身を包む市権力の網の中でも、最小限の自尊心を守り、既に存在する理由がないの化石化した習慣や道徳の暴力の前で一握りの傲慢さ(オマーン)を持つことはいくらでも可能ではないか?

文:チン·ジュングォン イラスト:ジョンウォンギョ 2012.02.10 Share it
by kazem2 | 2012-02-10 22:44 | Comments(0)