ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2012最強のプロジェクト12編「プロメテウス」と「トータル·リコール 」

☆cine21.com
文句が必要なリドリー·スコットのSF / 20年ぶりのリメイク...果たして?
e0109292_21321982.jpg


                      <プロメテウス>



<プロメテウス> Prometheus / <トータル·リコール "Total Recall”

監督リドリー·スコット/出演マイケルパスビンド、シャーリーズ·セロン、ノミラパス
公開予定6月7日

UP巨匠が自分の最終的なジャンルに戻った。どんな言葉が必要なのか。DOWNリドリー·スコットは、PG13とR等級でも編集した後、封切りバージョンを決定することだよ。PG13の評価は絶対にない!

信じられないほど巨大で信頼できなく広大な映画。<プロメテウス>を説明することができる文は、それだけだ。"エイリアン" "ブレードランナー"以来30年ぶりにSFジャンルに帰ってきたリドリー·スコットの新作は、タイトルからして巨大なことこの上ない。プロメテウスはゼウスから火をフムチョダが人間に伝えたタイタン族である。プロメテウスが人間に文明の贅沢だけ抱かせたのではない。ゼウスは、プロメテウスから火を渡された人間に罰を下すためにパンドラの箱をヨルオジョトヒョトゴ、結局、人間は文明の歓喜と苦痛を同時に背負って生きるされた。いったいどんな話機このように重いタイトルを背負っているかと?それより先に知っておくべきことがある。<プロメテウス>は、おや、まあ、 "エイリアン"のフリークォルです。

しかし、<プロメテウス>のエイリアンは登場しない。リドリー·スコットは、 "ディズニーランドにもそのような存在を再び呼び込むつもりはない"と断言する。賢明な選択である。代わりに映画は1本早い段階で死んだ化石として登場した巨大地球外生命体 "スペースジョッキー"の起源を訪ねて行く。"エイリアン" 1ほうから30余年ジョンミレ、人間が宇宙人によって遺伝的に操作されて進化したという証拠が発見される。( "エイリアン" 1編でリプリーが働いていた会社)ワイルランド産業は宇宙船 "プロメテウス"を創造外国人が住む惑星に送る。しかし、会社の指図を受けた乗務員が神の力を盗んで自分のうとした、最終的に、創造主の怒りを醸し出している。もちろん、 "プロメテウス"の正確な内容はまだベールに包まれています。ただ陰謀論に興味のある読者であれば、外国人が人類の進化に決定的な役割をしたと主張している "神々の戦車"(1968)の作家エーリッヒ·フォン·なんてケンをすぐに思い浮かべたのだ。リドリー·スコットも電話なんてケンの利点を認めている。"NASAとバチカンも進化の過程で外部からの助けがなかったら、人類の現存は数学的にほとんど不可能なことということに同意します。それはまさに何人かの携帯電話なんてケンのアイデアを借りて解いたこの映画のポイントである。 "

リドリー·スコットによると、 "プロメテウス"は、 "非常に厳しい荒涼とした映画になるだろう"とする。"エイリアンは生物兵器のために作られたのだろうか?私たちの惑星に侵入してきれいに(人類を)きれいにしてしまうため?映画の主人公たちは、人類の創造主を見つけることでしょうが、予想とは全く違う、非常に野蛮な振る舞いを持つムンミョンイルだろう。 "ブライアンデ·パルマの"ミッション·トゥ·マーズ "と"エイリアン "を組み合わせた宇宙的なホラー映画を一度思い出してみると感が来るだろう。さらに、スコットは "ブレードランナー"の特殊効果を担当したダグラススペクトルブロックのアドバイス( "もし実際に撮ることができる場合は、実際に撮りなさい!")を記憶して、多くの場面を実際のセットで、物理的に撮影したんだ。ヨソトダル、英国パインウッド·スタジオの6個セットを占領して作った映画だなんて。何かものすごいものが来ている。
e0109292_21383580.jpg

                      <トータル·リコール >

監督レン·ワイズマン/出演コリン·ファレル、ケイト·ベッキンセール、ジェシカビール、ブライアンクランストン
封切り予定8月2日

UPフィリップK. ディック原作は適切な方法で映画化するなら面白くないが、ほぼ不可能である。
<マイノリティ·リポート>のように。DOWNポールボホベンの恍惚とした陰気なビジョンを凌駕する ​​ことが果たして可能なことだろうか?

1990年代のハリウッドは今よりはるかに堅かった。ほぼすべてのブロックバスターがPG13等級に規格化されたまま市場に販売されている今とは違った。作家らの影響は、より強大しスタジオもギャンブルを恐れていなかった。代表的な事例は、フィリップK. ディックの短編を映画化したポールボホベンの "トータル·リコール>である。この映画を、今再び鑑賞する場合口をつぐむことができないに違いない。1990年基準で史上最大の製作費(5000万ドル!)を入れた<トータル·リコール >は、最初から最後まで血肉と跳ねる暴力の美学にあふれている。サブタイトルをつけようと、 "火星に行ったトッドブラウニングの"フリークス ""というか。

<アンダーワールド>と<ダイ·ハード4.0 >のレン·ワイズマンがリメイクされる2億ドルウォン新しい<トータル·リコール>は、ポールボホベンのバージョンから完全に斜めにしていく物語ではない。舞台は、世界がユーロメリー川新上海に分かれた未来。工場労働者·クエイド(コリン·ファレル)は、毎晩悪夢に苦しめられた中で自分が記憶を削除されたスパイであるかもしれないという考えに至って、二重スパイの妻(ケイト·ベッキンセール)を経て真のアイデンティティを求めていく。ところであなたはポールボホベン映画の熱狂的なファンなら "トータル·リコール"を20年ぶりにリメイクすることに疑問を持つかもしれない。レン·ワイズマンは、 "私も同じ疑問を投げかけた"と話す。"しかし、台本を読んでしまってからこれはとても他の話になるだろうということを悟った。ただフィリップK. ディックの本とポールボホベンの映画の中で最も興味深かったの部分は、 "これが真実か、それとも幻か"という歪んだ考え方のゲームの中で主人公が自らのアイデンティティを求めていく過程だった。その核心は、そのまま維持する。 "

もう一つの問題は、評価である。2億ドルウォンのブロックバスターをポールボホベン映画のようにR等級で公開するのは不可能な時代だ。当然評価はPG13です。それでもレンワイズマンはグレードに合わせながら映画を撮るつもりはみじんもないようだ。"非常に激しいPG13になるだろう。過度に暴力的なシーンも一応は撮った。MPAAに切りと要求する場面はDVDに乗せるとなる。 "それならボホベンの映画の中で皆が驚きだった(あるいは尊敬していた)胸セット付きの女性は?"そうだ。胸セット付きの女性も出てくる。(笑) "

文:キム·ドフン 2012.02.07 Share it
by kazem2 | 2012-02-07 21:38