ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[マ・ドンソク]演技はアンサンブル、その時点で私殺さなければならない

☆cine21.com
<犯罪との戦争:悪いやつらの全盛時代>マ・ドンソク
e0109292_18212035.jpg




年俸300万ウォンとチキン店を経営する貪欲妻、父親よりも、宣銅烈が好きな息子の "パーフェクトゲーム"のバク・マンスがホームランを打った。ホームランボールが描く放物線は、別の男たちの顔がかすめて行った。ドラマ<ヒット>の "ミッキーソンシク"以後 <ビースティ·ボーイズ> <深夜のFM> <不当な取引> <痛み>のマ・ドンソクを通じて現身した男たちだ。現実の重さと小心な耐性に圧倒されている彼らは暴力的であることも切迫するとみられた。特に女性の前でどうしていいか分からながる図体大きい男の後ろ姿が胸が痛かった。その間に抑えられて積もった感情の重さがパク・マンスを通じて溢れでたし、それでパク・マンスはマ・ドンソクが演技した男たちの決定版になった。<パーフェクトゲーム>以後マ·ドンソクの次の打席はすぐに戻った。彼は現在、2012年1月2月の韓国映画をつなぐキーワードの一つだ。昨年から渡された "パーフェクトゲーム"はもちろんのこと、友情出演で登場した "ダンシングクイーン"と "ネバーエンディングストーリー"、そして "犯罪との戦争:悪いやつらの全盛時代>(以下<犯罪との戦争>)まで。封切り時期に見ると、ほぼ毎週、新しい映画の中で彼と会っているような錯覚に陥るほどだ。こうなれば "マ・ドンソクの全盛時代"ということができるものではないだろうか?俳優として、男としてマ·ドンソクしていると思うが気になった。

-今の韓国映画の観客は、ほとんど毎週の顔を見ている。

=時期がそうなった。<パーフェクトゲーム>が<犯罪との戦争>と一緒に付いて出たところで、ちょっと出 ​​てきた"ダンシングクイーン"と一緒<ネバーエンディングストーリー>まで重なったよ。以前に"深夜のFM"と"不当な取引>は、ほぼ同じ時期についた時も当惑した。

-それだけ出演提議を受けた作品が多くなったのだ。

=本当にありがたいことだ。昨年から少しずつ増えてきた。女主人公の横に事件を集めて行く裏切ったり、彼女を最後まで守ってくれる役割があるという。ところで作品の選択においては、まだよく分からない。適当な分量の映画もあって、主演の映画もありますが主演はまだ控え目だ。それだけ責任感が大きいですから。

- <犯罪との戦争>で引き受けた配役は、特別な名前がありません。シナリオ上使われたのが"キムさん"であるが、むしろ印象的だった。

=その感じが出ても良かったよ。その後は、劇中で紹介する場面で、名前を何にするかを置いて監督と一緒の相談もした。女性の名前にしようかしている途中キム·ヨンシクに決めた。運動選手の名前みたいじゃない。

- <犯罪との戦争>のギムの部屋は"パーフェクトゲーム"のバク・マンスに通じる感情がある。家族のために弱まるしかない男というか。

=それだけリアルだ。ユン・ゾングビン監督と通じるものもリアルなものを好きだという点だった。ユン監督は、幼稚園に通う時、クリスマスの日来たサンタのひげをはがしたが子供たちをすべて泣かせたよ。それだけ偽を嫌いだ。私としては彼が書くセリフを好きにならない。

-釜山(プサン)出身の仲間たちが劇中のなまり演技が一番リアルだといったよ。

=たくさん不足だ。方言というのが気に使うほど、元の感じを与えるのは難しいよ。幸いにも映画に釜山(プサン)出身の俳優たちも多かったし、ユン監督も釜山(プサン)生まれである。<パーフェクトゲーム>をする時も光州出身の俳優たちに聞いて見ながら演技したが、"犯罪との戦争"も同じだった。<痛み>では江原道寧越方言をしており、 "天軍"では、北側の方言をしたが、周りから一体いつソウルの言葉に演技かとそうする。(笑)本来の人々は私がアメリカで暮らしてきた話した後、英語のお上手だとするとびっくりする。みんな江原道出身であることが分かる。

e0109292_1823174.jpg

-今まで演じたキャラクターのほとんどにも通じる話だ。よくアメリカで住んでいるか活動してきた人ならそれとなく留学経験者の感じを期待しますが、今まで演技にずっと地域的な感情がにじみ出ていた。

=住んで見てきた人もいて、父や兄もいたから。男たちが共通して感じる感性ではないか。だから、そんな感じを表現するのがより控え目だ。

-演じたキャラクターだけ見れば俳優マ·ドンソクは人としてどう生きてべきだとの価値観がわからないかと思う。

=ある程度はあるはずだ。演技を始めた時も、男ならやりたい事はして見るとしたり、一度したら、殺害されるかご飯がなっても最後まで行かなければならないという考えだった。幼い頃はなかったのだった。10年間運動しながら生活力を積んでみると忍耐が生じたのだ。私は私の実力があるか、持って生まれた能力があるとは思わない。幼い頃から演技したり、演劇映画学科を出たわけでもなく演劇の舞台に立ったこともないじゃないか。ところが異種格闘技と、400回やって400勝した無条件勝利でもない。2戦2かけるは友達が勝つ場合もある。どのようにキャラクターを分析し、消化するのかによって異なっている見ることができるようだ。

-キャラクターを選択すると、好みの人たちの影響があるのか。

=それは排除する。私が追求するのがあればそうでないキャラクターに魅力を感じない。演技に支障が生じるようだ。演技は一つの終わりのノウハウがたまることはないようだ。他の演技をする時はまた空白に出してなければならない。

-しかし、なにしろ今までやってきたキャラクターたちは、自分が好きな人たちと似ている。

=粗悪なイメージのためにそんなことがたくさんきたよ。今は幅が広くなった。そして物語を引っ張っていく人物と何度も出てきてポイントだけ消化し ​​ている人物と一緒確かに違う。時々友情出演もする。<ダンシングクイーン>のようなのがとても難しい。数ヶ月前から頭が痛い始める。他の映画は、数々の話が行き来してキャラクターが取れたら、サイトに着の身着のまま行ってもされていることがある。カメオは、広範なラインがシーンをおもしろく作らなければならないという圧迫感がある。とても頭が痛い。

-普段の演技を準備する方法と態度にも関連しているようだ。アドリブながらもアドリブらしくない演技が多い。

=アドリブをたくさんする。映画に出てくるセリフの中にアドリブが多い。クァク·キョンテク監督がアドリブをあまり好きではない時が、 "痛み"もたくさんした。シナリオランコンテがいくら正しくても、撮影をすると接続ができない部分が生じる。それのために演技をしているように見える瞬間がありますが、私自身がそれをできない耐える。もちろん、 "パーフェクトゲーム"のように多くの場合はならない役割もある。

-見た目とは異なり、鋭敏な面があるようだ。

=用意する際に多くの鋭敏だ。元々の性格は単純無知なのにだ。運動時は頭を空にする時間が多かった。考えが多いと大変だ。なぜ私がやっているのか、ということはできた体が耐えられないのだ。

-来る機会を無条件なければしていた過去と違い、今は仕方なしに拒絶しなければならない状況だ。選択の基準は何か。

=一応、映画全体が標準である。その次がキャラクターだ。昔は私が上手にできそうなキャラを選択しました。もちろん、これを選択しても、撮影までの緩みもあった。<深夜のFM>は少し発達障害のある人物だが、善良ながらも、自分が執着していることを覚えている天才性のあるキャラクターを演技しなければしました。仮想の線を引いておいて、その境界に乗るのに、ある時は本物のようでない演技をしなければならない時もある。私はそれをよくできない。最近は少しチャレンジ精神が生じることに引き付けられる。私したキャラクターと似ているが、何か違う点があるとか。全くしてみなかったが、私とどんな感じだろう気になるキャラとか。しかし、人々はまだ、私は刑事やギャング専門の俳優であることが分かる。実際には三回しかしなかったが.... <不当な取引>に出演するときは、周りでは今回がリュ·スンワン監督と一緒の何番目にいるかと尋ねてきた。初めての作品なのに、当然のようにしてきた俳優だと思っているのだ。(笑)


-今まで演技しながら自らぴりっとした瞬間があった場合はどのような時だったか。一応"パーフェクトゲーム"は除外しましょう。

=すべての記憶ではありませができない。それが正しいかどうか分からないのに、鳥肌がたつ瞬間はあった。<不当な取引>で麻袋号の最後のがそうだった。撮影は解除されていくから、感情が壊れますが何か、私も制御できない切実さがあった。<痛み>のクォン·サンウを工事現場に送る場面もそうだった。廃墟建物いっぱい所だったが、人々が大声を出して火をつけて石飛んできてから、本当にこの人が死のいくような感じがあったよ。実際にはそれは快感というよりはっとした瞬間である。私はこの映画に完全についているようだという感じだ。

-俳優としてのキャリアで"不当な取引"と"パーフェクトゲーム"は、遠い近い映画に見られる。一方では悲劇的な人物であり、片方は漢方の感動を起こしますが、結局どちらも映画的なキャラクターだ。

=そうだ。もちろん、演技でだけ可能なのではない。<パーフェクトゲーム>はいったんバックフィゴン監督がバクマンスのホームランで観客の心を揺さぶって置いて構成したわけで、私はそれに合わせて演技しただけだ。ただ私が今まで運動をして映画をしてきて感じた情熱があった。パク・マンスの抑えられるということと情熱が一発でさく烈する瞬間、映画を見る私にも解消されるのがあった。観客に感動を与えることができるという点で俳優のやりがいが感じられたよ。<不当な取引>はシナリオを読むやいなや頭の中の絵が明確だった。普段刑事たちとの交流が多く、ベテランデスクをよく知っていた。デスクが何だったら班長の下の古参型だ。基本的な性向がある。それなりのベテランであり、あまりにもよく知っているが、委員長の前ではない尺度で、次の位ヨンギョルヘジュンというか?だから、むしろ少ないタフしようと努力した。

- <ヒット>をしながら親しくなった刑事たちだったのか。

= <ヒット>の直前に広域捜査隊の人に会って兄、弟になった。その人が凶悪犯罪担当から、複数の部門を移してみると、他の刑事もあったし、最終的に会議ができたんだ。月に一度集まる山岳会なのに、山はよく行く。ただお酒を食べる。その会議にリュ·スンワン監督もいる。<不当な取引>に私が監督を接続してくれた。

- <パーフェクトゲーム>や"不当な取引> <犯罪との戦争>は、男たちの壊れ目の中にある映画だ。ところが実際にはマ·ドンソクのキャラクターが光を放つときは、女優のつく場面である。

=主に女性の前で萎縮している時が多い。(笑)あまりにも過酷な印象の人がそうだからお好きなようだったよ。私のようにハンサムな男が妻を殴ってその後どのように楽しみませのか。それなりそのたびに恥ずかしそうにするのか、引き付ける力が必要か悩みが多かった。ところがすぐに女性にぞんざいにする役割を担うようだ。

-10余年を超える運動経験が演技する時の利点として発揮する時がありますか?一度体を育てて減らすのは容易であるように思える。

=年齢を食べる頃には難しい。昔は、正確な食事療法で体を育てて減らした。今は時間に追われそうはならない。<良い奴、悪い奴、おかしな奴>終了<ビースティ·ボーイズ>に行ったときに、6週間ぶりに17kgを抜いた。そのまま運動減らし食べ物量を減らして抜いたことだ。いわば筋肉量を減らすことだね。大きくするときはまた、運動して食べる。体というのが、メモリがある。以前に大きくなっただけに少しだけすると、サイズが出てくる。最近では、運動を減らしている方だ。週に一度の体解くようにウェイトをするほどだ。

-運動と演技が通じる部分はなかったが。

=体の異常、感覚的には似ているのだ。もっとも一般的なのは根気だ。持久力だ。力を抜いて耐えるのではなく、ずっと引くべきである。しかし、ベースは違うようだ。運動を続けることができた理由は、勝負欲であった。一人でする運動であっても、誰かに勝たなければするのがいますが、演技はアンサンブルではないか。私、その時点で殺さなければならことがある。私にがっかりしたくない心のために演技をしてきたではないかと思う。
e0109292_18234595.jpg

-今まで演じたキャラクターの中で、特にコメディ演技はなかったようだ。しかし、提案は多かったんだ。

=この前のお芝居をするいくつかの型がそうだったよ。演技を長くしたいのですが、消費されざるを得ない。映画に一度出てきて笑いが与えるその次に、ずっとそのような役割だけになりましだ。その話を刻んで聞いた。多様な姿を見せたくて躊躇していのがあったが、今はむしろたくさん重くなったんじゃないかたかったよ。<ダンシングクイーン"や"ネバーエンディングストーリー"や人間関係のためにしばらく出演したのだが、実際には私を少し楽に見てもらいたい気持ちもあった。

-普段の演技をしていない時間には、どのように時間を送るか。

=さっき話した山岳会でお酒を飲む。友達の中に映画の仕事をしている若い人たちがいますが、その友人たちと酒を飲んで映画の話してそうする。それとも運動する。お酒をよく飲むこともありません。若い頃は一日に焼酎8本ずつ食べたりもしたが、今はビールだけ飲んでどのくらいとれば疲れる。

-運動が趣味というと、一般的にウエイトの動きを趣味としない。他の練習はしないか。

=事実のものはない。ウェイトもそのままご飯を食べるようにしているんだろう、運動といっているのではない。つまらない人間である。余暇活動が必要ですが、登山マスク大変他のレジャースポーツは楽しむことを知らない。

-それなりの女性ファンが多いようだ。

=粗悪できたが、感性的な役割をたくさんしたおかげなのか。(笑)私の好きなファンを見れば年齢に関係なく、純粋さがあるようだ。それでも男性ファンが多い。ファンカフェ運営する方も私と似たような体格の海兵隊出身の人だったよ。薄いマニア層があると見れば良い。

-実際の恋愛をする時はどんな男なのか気になるしかない演技をしている。

=つまらない人だが、よくしてくれうとする努力はたくさんある。それでもトランクに風船満たす式イベントをしているわけではない。それなりの誕生日も得ようとする努力して、おいしいものも買ってしようとしますが、最近女性たちはディテールを好きではないか。演技だけは繊細でなければいけないよ。

-ひょっとして今 恋愛していますか。

=気持ちの合う友達がいます。

-どのような夫、あるいはどのような父親になりたいのか。

=頭の中に考えておいたのがありますが俳優以上の地方への出張があることが多いが、それが守られるか疑問である。理想的だと思うのは愛情表現が多い家である。優しい夫、パパになりたい。なんとか家族を守りたい気持ちは大きい。

-キャラクターと実際の目的の思いがたくさん似ている。

=そうだ。かつて私は演技しながら感じたのは何か戦闘的にのどが渇いて押してみると逃すことがあるということだった。しばらく振り返ってみると目に見えることだ。そんな思いをいつも持とうとする。人も家族も逃さない。演技をしてみると、家族がいないように感じられる時がある。後悔したくない場合はよく取りまとめなければならという考えだ。

文:ガン・ビョンジン 写真:ベク・ジョンホン 2012.02.02 Share it
by kazem2 | 2012-02-03 19:12 | Comments(0)