ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ジュ・ソンチョル記者の[他人の趣向]次第シザーハンズ

e0109292_1921192.jpg




私は植物園を買った。ただ不安も心配も多くして、情緒安定のため、オフィス内の場所に7個程度のやや小さい鉢植えを置いた。生きたのは一つもなくて皆直接種をばらまいて育てたり挿木(枝など一部を切り出して発根、発芽させる方法)あるいは水さし、鉢換えをして新しく植えたものなどだ。水耕栽培が可能なシンゴニウムをコップに育てていて、家で生い茂るように育ったテーブル ヤシを鉢換えして持ってきた。最も多いことはサンセベリアなのに事務室1,2,3階隅々を歩き回ってあちこち職員が育ててひょろ長く育ったサンセベリア幹らをむやみに切ってきて挿木をした。某理事様部屋で切ってきたベンゴルゴムの木幹はどうしても冬なのでそうなのか挿木に失敗した。厳密に話せば盗みだがそのように生い茂った枝らをみなされることによって事務室美観にも大きい助けを与えていると一人で考えている。まぁ使えない(?)の茎を協力してくれた社員の皆さんに感謝します。英語のサンキュー、中国語でシェセ。

シンゴニウムは、あまりにもよく育つ子供たちだからそのまま適当に切って水に入れておくだけでもよく育つ。冬には加湿効果もある。NASAが選定した空気浄化植物の1位に輝くアレカ椰子のいとこと言えるのテーブルヤシは、喫煙の独身男性が自宅で育てれば良い。あまりにも有名なサンセベリアは一ヶ月に水を一度だけ与えても良いほど'無関心'が最も良い栽培管理法なのにそうしたら事務室あちこちでひょろ長く育つ子供たちが多かった。いくつかのテーブルにあるサンセベリアは天井につくほど育ってスムプン切って息の根を分からせてくれた

最後に私は、オフィスで朝顔育てる男だ。最も愛情を持ったのが簡単に写真の中の朝顔です。ただ花粉ではなく、朝顔を、オフィスの中で飼うのが話にちょっとならないんだけど、あまりにも繁殖力が良い朝顔はそのような悩みをする暇もなく、ただ種を散水と同時に、一日で茎がわき上がった。割り箸と紐を利用してうまくいけば、利用の茎を巻き付けていく中で、春になれば巨大な植物のパーティションを作成することもあるようだ。同時に、反対側座キムヘリお姉さまの情緒涵養にも大きな助けとなりそうだ。いくつかの仲間たちは、"他人の趣向"を書くために無理やり味を作り出したのではないかという疑いの目を眼差しを送ったりしたが、いやこれが何のベンジャミン・バートンの時間がまっすぐ行く声なのか。みんな似合わないと話すが、元の私の夢は料理人や庭師だった。うまくいけば、成長くれれば南山韓屋村に次ぐ忠武路の名所として作る考えだ。
花咲く春が来ればサンチュに挑戦したいと思う。

文:ジュ・ソンチョル 2012.01.27 Share it
by kazem2 | 2012-01-29 19:39