ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[チェ・ミンシク]終わりをみる男 チェ・ミンシク

☆cine21.com
映画「犯罪との戦争:悪いやつらの全盛時代」
e0109292_18432825.jpg





"私、チンピラ子供です。公務員の出身です。公務員。妻と三兄妹、そして結婚も用意しなければならない二人の妹、そのような家族のために同僚らと遠慮なく不正を犯した税関員チェ・イクヒョンは偶然に知ることになった'遠い親戚'であり釜山(プサン)最大暴力組織ボス チェ・ヒョンベに会って暗い世界に足を入れることになる。ただ密輸品を引き出して支援金を取り込んだ水準とは距離が遠い、ナイトクラブを置いて相手組織とマッチャンを浮かび上がって政治家たちを丸め込んでホテル カジノの運営権を取り出す'ロビーの神(靴)'になる。自分がどこへ行っているのか、また、どこまできたのか振り返る暇もなく黒い水が入って行く。しかし、崔益鉉は意に介さない。否、もしかしたら彼自身が望んで減らしたことだったのかも分からない。ヤクザも一般人でもない別名"半月"の道なので、見栄やプライドでみな固く団結した激しい生存本能は彼をそのように"怪物"にしていく。

<オールドボーイ>のオ・デスが監獄に閉じ込められる直前の姿だとすれば合うだろうか。チェ・イクヒョンは、確実にモデルになった人がない。実話でモチーフを得た映画でもない。しかし、韓国社会ではおなじみの、日常の不正の中で、どこかで必ず見たような"おじさん"で、"より合わせ"だ。酒が一杯入ると誰もが往年の組織の生活もし、周りの点検、弁護士の友人も大勢いる。TVに出てくる人々に向かって"あいつあれ、私は知っているのに"と言いながら、到底判断できないことを事実であるように騒ぎまくる。もちろん、それを確実に刻んで聞く人もいない。どうせ、"グラス"が神楽を生み出す見栄の世界だ。"生きながら一般的に会ったそうなそんなおじさんが偶然な機会に、組織に足を浸すの物語"と映画を説明したチェ・ミンシクは"不動産屋から、"歯は良い"なおじさんが自分の過去の冒険談を聞かせてくれる感じを与えたかった"と話す。
e0109292_18435680.jpg


“私がまだ君のチョルタグが!”税関不正がばれる危機に処して、同僚らの代わりをしてほとんど反強制的に銃を担ぐようにして職場を出ることになったチェ・イクヒョンは過去の商社に会って一気に制圧する。もちろん、自分ではない"弟"たちの力で。"オッ、これは何?" という表情で、その時からチェ・イクヒョンの人生は180度変わることになる。その絶壁の象徴は、まさに空の銃だ。彼はおそらく、箇条書きがあっても、決して装填することができないのだ。"チェ・イクヒョンは、サングラスはめて髪とかして渡してヤクザがなって行く過程は虚勢いっぱいの韓国人の男が持つことのできる最大値のロマンを示しています。しかし、拳が弱いです私は、その卒業生、故郷の先輩と言って無条件につづってみる。ように生き残る。<犯罪との戦争:悪いやつらの全盛時代>はそのようなロマンを包括的に触るものの韓国的なユーモアをタッチする。権力と経済に向けた東京という韓国人の男の鼻に、より合わせ根性をユーモアと思いやりの間で描くこと、それがまさにこの映画の始まりだった"というのが彼の話だ。

しかし、チェ・イクヒョンは、徹底的に二重的な人間である。"血縁"でスタートしたチェ刑事支配に対する感情も徹底してビジネスに変わる。"糞か味噌か知らずに寄稿のみ成長する時は"家族の子供が、私たちは他人が"叫んでヒョンベのライバル組織のボスのパンオ(ジョ・ジンウン)の関心を引くの提案を受けたときは、さっさと乗り換える。イクヒョンの核心は、まさにその恐れのない二重星です。義理でなくビジネスだけが重要だ。”監獄に閉じ込められたヒョンベが解放されてくるのに助けを与えたイクヒョンは彼の監査(感謝)挨拶を受けて“人ぐらいずるがしこい動物がないだろう”として自身だけ信じろと威張るように話す。しかし、映画の中で最もずるがしこい人物がまさに彼だ。

チェ・ミンシクが"犯罪との戦争:悪いやつらの全盛時代"のシナリオを読みながら思い浮かんだ作品は、まさにマーティンスコセッシの"カジノ"です。どんな窮地に追い込まれても自分の地位を広げて愛でも何でも最後まで、自分は純粋だと信じて、あるいは勘違いする男。ところが、チェ・イクヒョンの加えた中核はそのような誤解と錯覚、あるいは偽善と加飾の二重性を超えて、自らを制御することができない統制力喪失から来る。彼はイクヒョンの最後の瞬間まで、自分の過去を後悔していないだろうと言う。"イクヒョンが果たしてごろつきの世界に足を入れたことを後悔する瞬間があるのか​​?いや、彼は生きるためなら地獄にも優れて入る男だ。税関員チェ・イクヒョンは、偶然にヒロポン10kgを発見した1982年のそのある日、彼の人生は自分の意志どおりにすることができなくなる"その点、<犯罪との戦争:悪いやつらの全盛時代>のチェ・イクヒョンは、チェ・ミンシクが今まで演じたキャラクターの中で致命的な傷を負っても、殺人行為を止めない<悪魔を見た>のチャン・ギョンチョルや、終局に罪を再プレーする瞬間まで、絶対に頭を下げリッジいない"オールドボーイ"のオデス、あるいはただ火のツボの中に淡々と自分から入りこんで行った"酔画仙"のジャン・スンに似ている。もちろん、行き過ぎた飛躍的に感じられるかもしれない。しかし、チェ・ミンシクは、そのように、その人の前途を防いでもいつも"終わりを見る人"だった。今回も彼を止めることができる人はいない。

文:ジュ・ソンチョル 写真:オ・ギェオク
2012.01.23 Share it

旧正月のせいか記事が3つしかあがっていません^^
by kazem2 | 2012-01-23 19:30 | Comments(0)