ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

CINE21[ガン・ビョンジンのパンパンパン]

恩着せがましくするのではなく 本当の支援を望んでいる
公開ブルホハン独立映画専用映画館インディと、一体なぜ?
e0109292_21424672.jpg


8人の独立映画監督たちの100日間 即興演奏予告編






"まさか"だったことが起こった。
のインディプラス上映するかどうかが不透明になった。
インディとは、映画振興委員会(以下映振委)が直営している独立映画専用映画館で、昨年3月、江南(カンナム)、ブロードウェイの劇場で開館された。
の上映問題は、すでに昨年12月から提起された。がインディプラスの12月の公開リストには含まれてアンジャ運営委員会が問題を提起し、去る1月10日に開かれた運営委員会で、映振委実務者の方が、最終的に"公開不可"を話したのだ。独立系映画は、上映不可の理由と根拠規定が何であるかを尋ねている。映振委実務者の方は"上映禁止の理由については、現在言えることはない"という立場だ。

は、8人の監督が集まって済州島カンの町の海軍基地建設反対闘争を記録したドキュメンタリーだ。作品性と意味を認められた独立系の映画が独立映画専用映画館で上映されていないこの状況は、なんで驚くべきはない。が、今韓国で最も尖鋭な葛藤を扱っているだけに、インディプラスを運営する映画振興委員会が政府の顔色を伺うしかないだろうという推定が自然だからだ。独立系映画人たちがこのような状況を予測することができなかったわけでもなかった。インディとは、果たして政府の政策を批判する映画も上映できるかどうかの懸念は、映画振興委員会が独立映画専用映画館を直営すると出た時から蔓延していた。プログラムの自律性確保のために運営委員会を作ったが、諮問機関にすぎない運営委員会がの上映を独自に決定するのは無理が続く状況だ。映振委関係者は、運営委員会の役割について次のように語った。"プログラマがプログラミングをすると、運営委員会が諮問会議で検討する。そして、報告システムを使用して映画振興委員会の上での報告がされると、映振委実務陣が最終決定をする。"現在のインディーと運営委員会のほうはの上映かどうか、運営委員会の役割に関する質問書を映画振興委員会に送った状態だ。映画振興委員会は1月16日、答弁書を与えることにしたという。

映振委関係者は"質問書を検討して忠実に答えることだから見守ってほしい"と話した。"現在のところ、上映のためのガイドラインがないのが事実だ。一応内部的にどのようなガイドラインが必要か検討すべきです。の上映かどうかは運営委員会と継続的に協議している。
私たちも難しくなったかではない。"表面的には一作品の上映の問題や、この問題がどう解決するかに応じて、映画振興委員会は、インディプラスを運営する実践的な態度まで明らかになるように見える。映画振興委員会が独立映画専用映画館を直営に切り替える時に前に出した理由は、"独立系映画の上映を公平にするために"だった。いわば委託運営にともなう公正性是非を起こさないようにするのだが、最も合理的な支援方法を悩んではなく、事実上、もう疲れている日を作らないという意図に違わなくみえる。プログラムの自主性のための運営委員会を作っておいても、映画振興委員会が最終決定権を持って上映するかどうかを判断する場合も運営委員会を一種の盾にしようとしたのではないかと思う。インディプラスを眺める映画振興委員会の本当の本音は果たして何だろうか。独立映画のための真のサポートなのか、ではない横柄な賭けなのか?

文:ガン・ビョンジン 2012.01.16 Share it
by kazem2 | 2012-01-16 21:48 | Comments(0)