ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

CINE212012期待作「犯罪との戦争:悪いやつらの全盛時代」と「ハウリング」

悪い奴vs悪い奴<犯罪との戦争:悪いやつらの全盛時代> /ユハ監督はソンガンホに会った時
<ハウリング>
e0109292_2158017.jpg

                   <犯罪との戦争:悪いやつらの全盛時代>




製作パレットピクチャーズ、ショーボックス(株)メディアフレックス/配給ショーボックス(株)メディアフレックス
監督ユン・ゾングビン/出演チェ・ミンシク、ハ・ジョンウ、マ・ドンソク、ジョ・ジンウン/

公開2月2日

タイトルだけ見ると、いくつかの想像をすることができる。
悪いのオスたちが得失をたてるようだ。正しい。オス、それも全身を入れ墨で壁紙を張る暴力団が出てくる映画だ。盧泰愚政権の"犯罪との戦争"が浮上したという。正しい。そう思ったあなたの年齢は30代中後半以上であることが明らかだ。少しの間。代替犯罪との戦争が何なの?それは1990年10月13日、盧泰愚大統領が大統領の権限を最大限に発揮し、犯罪や暴力などの民生治安の問題を解決するとした特別の宣言です。その結果、当時、全国の暴力組織はほぼ解体されたが、警察の実績中心の捜査や検挙に非難を受けたりした。<犯罪との戦争:悪玉の全盛時代>は、<ビースティボーイズ>以来、ほぼ4年ぶりに復帰するユン・ゾングビン監督が激動の1980年代をスクリーンに呼び寄せた作品だ。

1982年釜山(プサン)。悪い奴と悪い奴に会った。
解雇される危機に瀕している不正税関職員崔益鉉(チェ・ミンシク)はパトロール中摘発した覚せい剤を日本に密輸出しするために、釜山最大の組織のボスチェヒョンベ(ハ・ジョンウ)と手を組む。二人の目的は一つだ。釜山(プサン)のナンバーワンになるのだ。裏金受信、密輸品曲がりくねった打撃など、すべてのことを口の一つで解決するためのロビーの新崔益鉉と、相手を一気に制圧するカリスマの所有者のチェ刑事倍の力を合わせれば、釜山(プサン)をお受けすることはでもない。派手に"ナワバリ"を広げていった彼らの意気盛んさはぴったりと犯罪との戦争が宣言される前までだ。この時から悪いやつらの計画が狂い始める。

希代の両方の殺人鬼に会った。チェ・ミンシク("悪魔を見た"のチャン・ギョンチョル)とハ・ジョンウ("追撃者"のジヨ・ウンミン)。イ・クヒョンとヒョン・ベガ各自の考えを隠して、お互いの力を利用するのがこの映画のカギであることを勘案すると、これらを演じた二人の俳優の能力は疑う余地がない。ジョ・ジンウン、マドンソク、キム・ソンギュン、グァク・ドウォンなど忠武路にある図体している俳優たちが二人の男を助けたり狙う。ユン・ゾングビン監督は、"ラメの時代なので、より多くの同情が行く時代の1980年代は、今と似ているようだ"と、"男たちの義理と裏切り、欲望やコンプレックスが競合を生じさせるドラマになるだろう"と出師表を投げた。2月2日、雄の臭いが正しく振れるようだ。
e0109292_2242172.jpg

                      "ハウリング"
製作オパースピクチャース/配給CJ E&M /監督ユハ
出演ソン・ガンホ、イ・ナヨン/

公開2月9日

ユハ監督の次回作が犯罪捜査というニュースを聞いたときに気になった。
これまで彼が一度も作成していないジャンルだから?そうだな。なぜか彼が作った犯罪捜査は、特異な素材を扱うようだったし、人の刑事コンビが主人公そのものだった。半分は当たって、半分は間違っていた。<サンファジョム>(2008)以降、ユハ監督が4年ぶりに持ってきた"ハウリング"は、ソン・ガンホとイ・ナヨン、男女ツートップ刑事が劇を導いていって、オオカミ犬連鎖殺人事件を扱った犯罪捜査です。

いずれかの都市では、焼身自殺事件が起こる。昇進するたびに、後輩に押されている強力係刑事サンギル(ソン・ガンホ)は、新人女刑事ウニョン(イ・ナヨン)と一緒に捜査に乗り出す。調査した結果、サンギルは、この事件が精巧に製作された期限ベルト発火装置による計画的な殺人と判断する。しかし、ウニョンの考えは違う。ウニ​​ョンは、死体で発見された獣の歯の跡に注目が昇進に目がくらんだサンギルは、ウニョンの意見を無視する。そんなある日、獣による殺人事件が起こる。ウニ​​ョンは、最初の事件との関連性があることと推測しますがサンギルはまだ単独捜査を敢行する。事件の顔に一歩ずつ近づきながら、二人の刑事は、手がかりを見つける。被害者の体に共通の歯の跡がオオカミ犬の仕業という事実と被害者たちが過去、お互いに知り合ったの間とのこと。なんだかんだと言った二人の刑事は、オオカミ犬の正体を調査する。

"ハウリング"のソン・ガンホを見るとうれしいかもしれない。オリバリと感覚に依存して捜査をするという点でソン・ガンホが引き受けたサンギルは、<殺人の思い出>で彼が演じたバクヅマン刑事と重なる。それならイ・ナヨンがキム・サンギョン?あえて比較するとすれば、特有の冷徹ことで事件の場合までパヘチリョは、ウニョンの姿はバクヅだけのパートナーだったソテユン刑事が思い浮かぶ。それでも二つの映画が似ていると思うと大変なことに。あくまでも二人の刑事の役割分担がそうだという意味だ。噂によると、それぞれ他の二人の刑事は、手がかりを一つずつ訪ねていくたびに自分の姿を現わすオオカミ犬の正体は、結構緊張感があふれたという。そのオオカミ犬の正体は何なの?映画が公開される2月に知ることができそうだ。ただし、モンスターのような形ではないと言う。

+ issue
投資配給会社の関係者が選ぶ2012年期待作

2012年最高の期待小さなチェ・ドンフン監督の"泥棒たち"?
<シネ21>は、CJ E&M、ロッテエンターテイメント、ショーボックス(株)メディアフレックス、NEWなど、国内の主要投資配給会社の関係者11人に2012年の韓国映画期待作はどんな作品なのかと聞いてみた。
基準は、自社の映画を除いて、サードパーティ製映画の中で二編の差分を置いて選定するものである。調査の結果、"泥棒たち""私は朝鮮の王である"の順で最も多くの関心を受けた。

"泥棒たち"を挙げた投資配給社関係者たちはチェ・ドンフン監督の新作という点と、金尹錫、キム・ヘス、イ・ジョンジェ、チョン・ジヒョン、イム・ダルファなど派手なキャスティングを選定理由に明らかにした。"泥棒たち"と"後宮:帝王の畳"を選んだCJ E&M投資事業部異常無し部長は"チェ・ドンフン監督のカムバック作は、頑丈なストーリー屋の超豪華キャスティングで関心を呼び起こす"と述べ、"泥棒たち"と<コリア>を挙げたロッテエンターテイメントハングクヨウンファツジャチムイジンフンチーム長は"チェ・ドンフン監督は、素材を再解釈する力も強いが、映画を解きほぐす方法自体が違う。キャラクターをよく知ってテンポもいい"と評した。

"私は朝鮮の王"を選定した関係者たちは'イ・ビョンホンの復帰作"ということを理由に含まれて高い点数を与えた。ショーボックス、韓国映画ツジャチムギムドスチーム長は"イ・ビョンホンの演技変身を期待。
ハン・ヒョジュ、リュ・スンニョン、シム・ウンギョン、キム・ミョンゴンなどそれなり硬いキャスティング。よく書いたシナリオ"と伝えたし、NEWハングクヨウンファチムキムヒョンチョルチーム長は"チュチャンミン監督の纎細な演出とおもしろい話、そしてイ・ビョンホン!"と話した。
この他にもクァク・キョンテク監督の100億ウォン台ブロックバスター<敵>と1991年の千葉世界選手権に出場した南北卓球の単一チームを素材にした"コリア"も多く挙げられた。<敵>と<私が殺人犯だ>を挙げたのCJ E&M営業戦略チームパクチョルス部長は、"100億ウォン台に達する製作費、クァク・キョンテク監督の復帰作、現代戦のスケールを適切に生かすという期待(<敵>)"と述べ、"コリア"と"私は朝鮮の王である"を挙げたNEWマーケティングチームバクジュンギョンチーム長は"全年齢層から共感を引き出すことができる感動のストーリー("コリア")"と述べた。果たして映画ファンたちはどのような作品が期待されるか?


文:キム・ソンフン
by kazem2 | 2012-01-11 22:13 | Comments(0)