ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

"マイウェイ"キム・イングォン"命をかけて演技する"生計型俳優""

☆movieweek.co.kr
e0109292_21431149.jpg




キム・イングォンは、虚しい表情だった。
"死ぬ程苦労して撮った"<マイウェイ>の興行スコアが予想外に低調だ。
泣きっ面にハチ"親日論争"という暗礁に会って、興行に赤信号が入ってきた。キム・イングォンとしては、土地を打つことだ。 <マイウェイ>が封切りした後、最も注目された俳優キム・イングォンだった。二人の主人公チャンドンゴン、オダギリジョーのオーラを突破するほど、キム・イングォンは戦場で人間がどれだけ極端に怪物になるのか立体的に見せてくれた。彼が演技したアントンは、そもそも、シナリオにない人物だった。しかし、美味しそう私はキャラクターの必要性を痛感したカン・ジェギュ監督が苦心の末に腫大を作り出した。そして、キム・イングォンはカン・チェギュ監督の特命を完璧に遂行した。

- 12月21日<マイウェイ>封切り直後からキム・イングォンの演技が注目されている。
ひょっとして予想したか?

予想はできなかった。しかし、顧みれば撮影する時も、""このキャラクターが愛をたくさん受けたようだ。カン・ジェギュ監督とドンゴン兄をはじめ、スタッフたちの愛情が格別だった。それで現場でその場で(演技の)アイデアもたくさん得た。アントンは、序盤に興味をかきたてて後半に行きながら極悪非道になるキャラクターなのに、どのようなスタッフはこれを"山トラのようだ"と表現したよ(笑)一般的に撮影現場でスタッフに愛されるキャラクターが、映画封切り後観客たち愛を受ける。今回の腫大の役割も同じだった。

-素朴で人の良いアントンがソビエト連邦に徴集された後に、"アントン"という名前を得て、捕虜を管理する。アントンは自分の地位を守るためなら人さえ裏切る非情な人物だ。変化の幅がとても大きい。一人だが、全く別の人のように見えたりもする。その変化の幅をどのように表現したかったか?

アントンが普通の朝鮮人青年の場合、アントンの人間の最も醜い面を見せてくれる人物だ。二つのキャラクターの感情の幅がとても大きかった。その一方で演技する時、二人の人物が一人から出てきたという事実を逃さないようにしようと努力した。変化が大きいとして現実感が落ちればならない。状況の変化により、やむを得ず変更されるしかなかった男の姿をアントンから見せてあげたかった。

e0109292_21453915.jpg


腫大とアントンの中でどのような人物によりクルリョトナ?

演技する時はアントンはより面白かった。アントンの日帝強占期の悲しみを後でほど返す、複数の欲望でいっぱいの人物ではないか。そんな点が魅力で近付いた。彼は悪口を浴びせたり、無作為に捕虜を打つこともある。感情を即座に表現している人物だからアントンウル演技しながら、どのような快感のようなことを感じた。実際私には全く別の人物を演技する時、そのような快感がある。

-最初のシナリオでは、縦隊がなかったと言いながら。

正しい。しかし、姜帝圭監督が"映画の重みがややもすると観客たちにも負担になることができる"と判断されたのだ。美味しそう私はキャラクターが必要だったし、そういうわけで、新たに腫大という人物が追加された。姜帝圭監督の<シュリ>(1999)や"ブラザーフッド"(2004年)には、助演たちの活躍が伸びていない。監督は"今回は助演の比重を高める考えだ。助演が光る映画を作ってみよう!"と言われた。それは私に感謝していい。

- <マイウェイ>に対する観客の反応が予想ほど爆発的ではない。

気に障る。俳優やスタッフたちが悩まされていたものに比べて興行成績が低迷して残念だ。観客たちがたくさん見ていただけるともっといいのに。この映画、本当に苦労しながら撮った。死ぬほど苦労して撮った映画だ。地面にヘディングする気持ちで撮影したが、期待したほどの結果を出していないことができなくて胸が痛い。

-親日映画論議が足首をつかまえているようだ。

そのように罵倒されるのが残念だ。その後、劇中で、日本陸軍部隊グンガイン"関東軍が"歌った私も親日派なのか?

国民の立場ではどのような問題が作成されると、その流れに急に見舞われる傾向があるようだ。今すぐ<マイウェイ>をめぐる雰囲気もそうではないか。特に最近ではSNS(Social Networking Service)が活性化され、すべての案件が急速に広範囲に広がる。"それは誤解"と説明する時間もない。そのような状況を見るときは度肝を抜かれながら開いている。どんな極端な観客は、"<マイウェイ>が滅びるように願う'で書き込んだりもしたよ。。そのような形の反応はちょっと違うようだ。それこそが、反対のための反対であり、批判のための批判ではないか?

-アントンと達夫(オダギリジョー)が山で激しく争う場面が出てくる。殺気が感じられるほどの雰囲気が険悪だった。

達郎を投げつける場面だった。投げる真似事だけしなければならなかったが、感情がとても激しくなって思わず本当に投げた。。そこで、傾斜が45度以上だった。オダギリジョー兄は下へ転落、補助出演者たちが捕獲した。撮影がしばらく中断されたほど深刻な状況だった。怪我がなくて幸いだ。実際にはそこまでする必要はなかったが、瞬間的に自分の感情を節制させることができなかった。その瞬間は、日本や日本人に対するアントンの怒りが私の潜在意識をしっかり止めることによってそのような方法で表出されたのではないかと思う。演技する人物に陥って見たら、全く思うこともできない状況でそんなに無茶苦茶な行動があらわれるから自らもちょっと背筋が寒くなった。

-無意識のうちに日本への反感が生じたという話なのか?

たぶん私の中にそのような感情があったのかもしれない。撮影現場では、キャラクターに没頭した状態だと見ると思うところが大きかったようだ。日帝強占期の背景の映画上、強制的に日本軍に徴集され、苦難を経験する青年たちの話だ。日本軍の服装をした俳優たちが友達を打ち、殴る場面を撮るときは、これが明らかに映画の撮影ということをいながらも過去の日本軍の蛮行を思い付いて怒りが生じるのだ。その感情が、実際の撮影現場の外にもつながり心を簡単に開くことができなかった。これも恥ずかしい話ですが...(笑)しばらくの間は、ご飯を食べるときオダギリジョー兄の前では顔をぐしゃぐしゃにして傷ついたまま座っていた。
兄が私に尋ねても返事もよくしなくて(笑)誰もが分かるが、オダギリジョーは、本当に素晴らしい学び、素敵な人だ。

*インタビューの全文は、<ムービーウイーク> 511号で確認することができます。★
by kazem2 | 2012-01-09 22:11