ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

CINE21 2011映画界一目でボイプニダイン〜(2)

☆cine21.com
文:ジュ・ソンチョル 記事:ガン・ビョンジン 10個のキーワードで読む2011年の韓国映画界
e0109292_21312357.jpg





Keyword 06。韓国アニメーションの跳躍
<豚の王>
鶏と豚の年
e0109292_21103351.jpg

イルスクン (日数屋)
"韓国では、アニメーションするん難しいことではありません。6年の間にした作品だけにぶら下がって働いていたが難しければ、3回程度のオフィスに移動するんだよ。それとともに映画台本作家は2回程度だけ変えるんだよ。大変なこともないです。ただ休む日なしで毎日一300枚程度だけスケッチを描いて。いつ作品が仕上がるのか自分でもわからないときは、韓国映画の制作進行表に数年の間そのまま"の公開待機中"とだけ書いておいた場合はいない。そうして見ると、最初に声の演技をしていた子供が変声期をする事が発生して1人2逆も可能になって、30代のときにタスクを開始した監督は、40代に封切りをするようになったら作品には、より成熟美が感じられる効果も生じます。どう ​​です、アニメーションの作成 ​​本当に簡単ですね?"

長い間の失敗の記録だけ残してきた韓国アニメーションの歴史の中で、なんと6年の制作期間がかかったオソンユン監督の<場を出た雌鶏>は、100万観客を突破して新しい歴史を書いた。シッチェス国際映画祭のアニメーション部門の家族映画賞、アジア太平洋映画賞最優秀アニメ賞まで受けた。日本のアニメやハリウッド式3Dアニメーションとは異なるスタイルに加え、児童のアニメというには、豊富なテーマを抱いているという点で、普通の成功、それ以上の意味を与えた。一方、最初から大人の味の残酷スリラーを標榜したヨン・サンホ監督の"豚の王"は、独立した長編アニメーションの快挙であると同時に、これまで蓄積された独立映画界の人的、物的資源を効率的に集約した意味のある一歩だ。誰もアニメジャンルから期待しそうな明るく爽やかな絵柄と愉快なストーリー、そしてハッピーエンドなどを一挙に覆す"豚の王"は千編一律的な多くの当代の実写劇映画を向けて素敵な一発でもあった。このように、2011年はこれまで、希望だけでメムドルドン"韓国アニメの跳躍"という表現を安心して使うことができた素敵な一年であった。

Keyword 07。興行公式の破壊
<7鉱区>
e0109292_2111587.jpg

"アメイジング"な成功と失敗の
エジョンナム (愛情男)
"これは曖昧です。"青い塩"がいくらならなくてもソンガンホは手錠をかけられません。警察の出動ではない。"

最近、<るつぼ>と<ワンドゥクイ>をはじめ、先進的な興行作<サニー> <クイック>"最終兵器の弓"まで呼んで来ようと、今年は興行保証小切手俳優たちの壮絶な没落の年であった。去る秋夕の韓国映画の戦争ではすべての期待を覆して興行1位を記録した映画も、"家門の栄光4:家門の受難"です。"<シークレットガーデン>シンドローム"が無色にヒョンビンの"晩秋"と"愛してる、愛していない"、ハジウォンの"7鉱区"の興行惨敗は、まさに"アメージング"した。"カウントダウン"のチョン・ドヨン、チョン・ジェヨンはまたどうなのか。また、過去数年間にした映画(<黄海>)を置いてハ・ジョンウのように悩まされていた俳優がいるだろうか。俳優の苦難が映画の興行を無条件に保証するものではないが、この程度なら、俳優を無視している観客に本気で怒ることでもあろう。

"サニー"は、興行俳優はもちろんのこと、子役、大人のキャラを問わず、最初から映画出演自体が初めての俳優たちが大部分だ。ユ・ホジョン、植えられた卿の名にチケットパワーを期待した人が果たしてあったのだろうか。<朝鮮名探偵:トリカブトの花の秘密>で初めてコミカルな演技に挑戦したキム・ミョンミンまた、以前の作ら<リターン>(2007)、"破壊された男"(2010年)など、興行映画俳優としての破壊力は微小だった。<愛が恐ろしくて"のイム・チャンジョンと"怪しい顧客たち"のリュ・スンボムがそれよりもっとチケットパワーを持った俳優に挙げておきます。観客が望む"俳優の変身"という"悪魔を見た"でイ・ビョンホンが殺人魔の口を引き裂くのではなく、"朝鮮名探偵:トリカブトの花の秘密>でキム・ミョンミンが体のギャグをするのだ。ヒョンビンとハ・ジウォン、そしてチョン・ジェヨンとキム・ミョンミンを見ながら、今、果たしてどのような俳優が興行保証小切手と呼ぶべきか。ドラマだけジャルドェソンダメ、映画も頑張ってこそ興行の保証小切手になるんです。今後このようなのです。さて、緊張しているある俳優がある。TVドラマ"最高の愛"の"ドクゴジン"チャスンウォンが、"ぜひ協力ちょっとしてくださるとみます"と言って訪ねてくるのだ。

Keyword 08。最高ではと芸術家福祉法
e0109292_21132168.jpg


暮らす寝ていることなのに...
エジョンナム (愛情男)
"韓国でのシナリオ作家として生きていくん難しくないよ。映画会社の内容を前後に変えても、心穏やかにじっといればよ。私が最初に書いた物語よりもはるかにおもしろくて素敵な、それも無料で変え時でしょう。後でクレジットで自分の名前が欠けても、やはりじっといればよ。その逆の作品を書いた主人公のこの国のことを隠してもらうために映画会社代表様が銃の代わりに担いで下さったのです。どれだけありがたいことだ。我が国のようにシナリオ作家がこのようにもてなし受けて暮らすことができる国はあまりないです。"

今年の韓国映画界は、あまりにも胸が痛む事で新年を始めた。旧正月を控えた1月29日、韓国芸術総合学校映像院映画科出身の最高は、作家が極端な生活苦に世を去ったこと。チェ作家がどのような不当な待遇を受け、死亡し、直接的な因果関係を問うことができる契約があったのか明らかになったことはないが生計の死角地帯に集中していたある芸術家の苦しみは十分に察することができた。以来、芸術処遇改善のための活発な議論が行われたが、国内で活動している文化芸術関係者は20万人余りと推定され、このうち、月平均収入がない場合と、これを含めて100万ウォン以下の給料を受ける芸術家らがそれぞれ40%、 60%程度に達することが明らかになった。幸いにも、別名"最高は法"と呼ばれた芸術家福祉法案が昨年10月に国会で可決され施行令準備に入った。芸術人福祉法施行令が来年4月までに草案をまとめ、公聴会など意見収斂を経て、11月公布、施行される予定だ。もう一度謹んで故人の冥福を祈る。

Keyword 09。SNSの力
e0109292_21135197.jpg

ツイッターなしで大当たりもない。
エジョンナム (愛情男)
"これは曖昧です。パク・チュンフンがツイッターマッパルしないと手錠をかけられません。警察の出動ではない。"

映画やメディア、あるいは映画やSNS(ソーシャルネットワークサービス)の出会いという点で、今年の話題は断然Twitterのだった。有名な俳優や監督など映画人と観客が積極的に疎通して、140字前後の短いレビューはすぐに影響力のあるうわさがされて興行的に重要な要因として作用した。マスコミ試写会で先に映画を見た記者や関係者が映画館を出るとすぐにスマートフォンを取り出して、映画の短い感想を吐き出すことがもう日常の風景になった。封切り当時、スターを前面に出したり大々的な広報とは多少距離が遠かった"サニー"と"ワンドゥクイ"は、SNSによる口コミの効果を正確に見た場合だ。

映画の興行を離れ、最高は、作家の死をめぐる世論、実話映画"るつぼ"がもたらした影響もTwitterを使って急速に広まった。"不都合な真実"を描いた長編映画は成功できないという固定観念を完全に崩した"るつぼ"は、映画の実際の舞台でもある光州(クァンジュ)引火学校がSNSの力を土台に廃校に手順を踏むことになったといっても過言ではない。このようなTwitterのブームは、"スーパースターK"など、全盛期を迎えたオーディションプログラムのようにネットユーザーに"直接参加"という素敵な武器をプレゼントした。では興行した映画が全面的にSNSの力を借りたのかどうかこれ曖昧になる。その基準は、公開後週間の推移と決めればなる。<ワンドゥクイ>と<るつぼ>すべての封切り1〜2週目よりも3〜4週目に至っては興行増加傾向を見せてくれた。断然SNSの力と言わざるを得ない。

Keyword 10。<私はコムスダ>と韓国映画の"ビギョッ"たち
"折れた矢"
e0109292_21184137.jpg

風刺と嘲笑せずにどうボチリ
イルスクン(日数屋)
"食堂、大ヒット放つん難しくないよ。息で休んで1万円満集めて放送局に与えるんだよ。そして、無条件に辛いものと甘いものを混ぜてメニューを作成するんだよ。コチュジャンと一緒カステラを混ぜます。コチュジャンと一緒アイスクリームを混ぜます。コチュジャンと一緒コーラを混ぜます。それでも放送局が嫌いならばまた、コーラを混ぜます。どう ​​せ一度作って売らなければ停止です。"

<私はコムスダ>が2011年を生きる韓国人たちに、"ディテールコムス"の細かい魅力と"ビクヨト"の痛快さを発表した。ぜひ、このためだとすることはありませんが、2011年には観客も、不当な勢力が行った不当な取引の性質にビギョを与える映画を歓迎されたのは事実だ。また"るつぼ"の話にしよう。"るつぼ"は、実話映画であると同時に映画で作った"ピギョッ"のアイコンだった。地上波のグルメ紹介プログラムの虚像を暴くギム・ジェファン監督のドキュメンタリー"トゥルマトショー"も""ピギョッの代表的な事例だ。巨大企業になってしまった韓国の大型病院の本音を裏返した<白いジャングル>も、同じ脈絡のドキュメンタリーだ。

偽りの虚像をむいてしまって、直接事件を突破したい意志が今、韓国の観客の欲望であろう。そして、2012年は現政権の最後の年だ。政権末期のレイムダックと権力の漏水現象は、彼と絡んだ"私はコムスダ"のブームは、2012年にも"ピギョッ"への観客の欲望をさらに激しく刺激する。2012年に訪れる最初のピギョッの昨年釜山(プサン)国際映画祭で公開された後、1月の封切りを控えているチョン・ジヨン監督の"折れた矢"になりそうだ。去る2007年に発生した"石弓事件"をめぐる"裁判ではなく、最悪の状態"を描くこの映画も司法府に向かってピギョッを飛ばすのだ。

文:ジュ・ソンチョル 記事:ガン・ビョンジン
by kazem2 | 2012-01-05 21:53