ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

CINE21 [全英客桟]映画「マイウェイ」境界を消してしまう

☆cine21.com
<マイウェイ>アジアのブロックバスターあるいは無国籍のブロックバスター
e0109292_19514367.jpg




"韓国型ブロックバスター"という表現は、<トゥェマロク>で開始されたが、それが一時代を風靡できるようにした動力を提供したのはカン・チェギュだった。
今カン・チェギュ監督は<マイウェイ>を使用して、自分が可能にした韓国型ブロックバスターの終息を発表しながら、"アジアブロックバスター"に向かって進んでと宣言しようとしているように思われる。韓国型ブロックバスターは、ある種の消費のファンタジーだった。
ハリウッドブロックバスターに比べて多くの技術的限界を露出にもかかわらず、"韓国型"と記票は、このような不備であることを隠したまま、私たちがハリウッドに劣らないは、錯視効果を呼び起こした。劣悪さが誇りに変形する奇妙なマジックショーの頂点を見せてくれたのは、"D - WAR"だった。このような幻想を維持するために、韓国型という記票に表面的に満たすことができる素材が必要だったし、それが多くの韓国型ブロックバスターは、韓国の歴史から題材を借りてきた理由だった。しかし、常に自分自身の体に呼ばれるべきブロックバスターの特性は、もう韓国型という記票を廃棄しようとする。アジアという圏域での多形的に結ぶことができる市場が目の前に大人の通りとし、これを韓国映画界の未来のためのもう一つのブレークスルーのように思うようになったのだ。

韓国での興行するかどうかを無視することはできないが、<マイウェイ>の商業的成否に重要なのは、日本と中国の観客はどんな反応を見せるか、というのだ。300億ウォンに近い製作費は、韓国映画市場だけで還収されることができる規模の金額ではないからだ。キャスティングでも示すように、<マイウェイ>は、まず、日本と中国市場に定着することを望んでいたようだ。もちろん、これもそれほど簡単なことではない。日本では韓国映画の人気が折れたから既に久しく、膨大な中国市場では、強力な海外映画クォーター制の狭い隙間の中でも、韓国映画が席を見つけられずにいる(中国は年間20本程度の海外映画だけの公開を許可する、この強力なクォータ制で多少ビキョナルことができる理想的な製作形態がまさに投機である)。実際に近年の国​​内メーカーが主導した合作映画の目的は、映画の完成度を高めるためというよりは、市場を拡大するための手段だった。もちろん、その意図を前面に出した合作映画が成功した例はまれで、失敗した事例は多い。

アジアブロックバスターのジレンマ
<マイウェイ>は、韓国、日本、中国のすべてが共有する歴史から始まる(もちろん、中国と関連したエピソードは少ないが、中国公開版では、彼と関連したエピソードをもっと与える可能性が高い)。一方で、これらの選択は、これらの国々の観客に材料の異質感を下げるという点で効率的ですが、またそれに対する解釈や立場が他の素材に依存している点で、危険な試みでもある。
特に、<マイウェイ>が植民地朝鮮をめぐる韓日両国の微妙な問題に触れるしかないことを念頭におけば、この作品は、市場拡大に根本的なジレンマを抱えているわけだ。しかし、市場だけで見ると、韓国よりも日本と中国市場がはるかに大きいことは事実であり、これを意識もしたように<マイウェイ>は、市場の論理を物語形式の構成原則として積極的に収容しようとする。もちろん、商業映画では、市場の論理が物語の基盤となるのは当然のことだ。しかし、これは西に吸収され、その痕跡を隠しておくべき必要がある。
一方、<マイウェイ>は、それが書写あちこちで回るようにポツリと立上りている。たとえば、映画はパンビンビンイ作品内部の必要性からではなく、中国の映画市場に定着するための戦略として存在するという事実を少しも隠さないのに、これは、<マイウェイ>は、これらの地域の市場論理で機械工学的に結合しただけで、化学的に溶解するのに失敗したことを意味する(これらの地域を一元的な圏域で結びとする試みは、果たして正しいのかについてはもっと議論する必要がある)。

このような問題がもっと激しくなるのは、中国よりは韓国と日本の関係だ。植民地朝鮮を背景にしながらも、韓国と日本両国の市場の両方に訴えることができる書士を構成するのは容易ではない。これは、アジアのブロックバスターは、韓国型ブロックバスターの単純に還収されることができない理由でもある。なぜなら、アジアのブロックバスターが民族(国家)的境界を越えて、アジア圏域全般に訴えることができる書士を指向しようとすると、このような指向するところは、"韓国型"という登記表に保持されていた幻想を損なう危険性があるからだ。結局、それは韓国が中心となったの合弁映画といっても、アジアのブロックバスターと韓国型ブロックバスターは、緊張関係を形成するしかない。実際に<マイウェイ>の人物設定や事件の展開は、アジアの超大作の(解消されていない)のジレンマをそっくりそのまま見せてくれるように思われる。

国籍を話していない戦略
試写会直後、複数の記者たちに一番先に提起された欠陥は、ジュンシク(チャンドンゴン)のキャラクターと関連していた。つまり、ジュンシクが断線的で平面的な人物として描かれることで映画を単調にしたというのだ。一見妥当なようだが、私はそのような設定が十分に選択可能なものであったばかりか、"マイウェイ"の基本的な人物構成を念頭におけば、それほど悪い選択ではなかったという立場だ。棒を転がして行くようにする動力は、達夫(オダギリジョー)や縦隊(キム・イングォン)から十分にインテドゥェルことができてみると、ジュンシクが変わらない人物という事実自体が物語を単調にしないというのだ。ダグラスサークの指摘のように、メロドラマのジャンルの性格を前後に変化する流動的な人物たちが劇の動力を提​​供するとき、彼と対照的な不変のキャラクターを確保することが有利であることもあるからだ。もしそうならいざジュンシクの問題は、彼が他の人物たちの(そして観客)に訴えることができる価値と意志を省略したまま、ただ走ってまた走ることで自分が変わっていないことを証明しようとするという点にあるんじゃない?分裂的で可変的な人物たちと対照的な人物として、ジュンシクが生きて動くためには、自分を取り巻く世界についての理解を土台にした人生の意志を示さなければならない。しかし、映画はジュンシクに具体的な人生の目標を提示することを躊躇しているように思われる。もし、韓国型ブロックバスターだったら、彼にはもっと多様な質感を与えることも出来たのですが、敏感な問題を回避する必要のあるアジアのブロックバスターで、彼は宙に浮いた抽象的な価値のほかにその何も自分の生活内に引き入れることができない。公開初日の実際のエピソードをひとつ。ソ連の伐採場で目を迎え、走るジュンシクの姿が画面に登場した時上映館のあちこちの観客はあきれるというように笑うことを送った。その笑いは、ノルマンディー海岸でジュンシクが、また走って登場した時は少し大きくなった。変わらないジュンシクを見て、彼らはなぜ笑ったのか?

私は多分"マイウェイ"は、韓国の観客ではなく、日本の観客にもっと魅力があるか分からないという気がした。<マイウェイ>が日本市場を念頭に置いてとった戦略は、一種の"転換叙事詩"(conver sion narrative)に近いだろう。吉本ミスヒロは、戦後日本のメロドラマを分析しながら、これらの映画は、被害者意識に依存していると指摘する、変換ソサラン加害者としての日本の犠牲者に変えることをいう。戦後日本のメロドラマの登場人物は、通常、被害者として描かれ、その結果、観客はその犠牲者とナルシシズム的に同一視するということだ。つまり、<マイウェイ>が、韓国と日本の敏感な歴史問題を回避するための選択は、朝鮮と日本の両方の犠牲者の地位に置かれることとなり、戦争の罪を転嫁することで、個人はその責任を脱いで投げようという試みも持っている(韓国の観客が日本に与えられた犠牲者の座を許可するかどうかは疑わしい)。

文を書きながらふととんでもないある疑問を感じた。映画の始まりとエンディングのマラソン競技ではジュンシクという名前で走る達夫のユニフォームの国旗を見たんだとか、という疑問。
キャスターもジュンシク/達夫の国籍を話してはいなかったようだ。もし私が逃したものでなければ、そのユニフォームは、カンチェギュが<マイウェイ>を使用して行こうとしたの吉日だ。
その道は民族(国家)間の境界を(越えるのではなく)消してしまう。
言いかえれば、無国籍の道に走って行く。それがアジアのブロックバスターが行くべき道であろうか?

文:アンシファン 2012.01.05 Share it
by kazem2 | 2012-01-05 19:52