ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[最高のアクション①]"百聞は一見にしかず 忘れられない名場面"

☆movieweek.co.kr
撮影監督が賞賛した、2000年代最高のアクションシーン10

シーンのひとつは、その映画の全体を説明する時がある。それがアクションシーンならもっと説得力を持つ。ある映画の感情を、意図を、存在を証明するのにアクションシーンだけにスペクタクルに見せることができる機能を持った映画的装置があるだろうか?
<ムービーウイーク>が国内最高の撮影監督たちの育成に、2000年代を風靡した"最高のアクション10"を再構成した。
○... [オールドボーイ]ロングテイクジャンドリアクション
2003 |監督パクチャヌク|撮影チョン・ジョンフン|出演チェ・ミンシク、ユジテ
e0109292_20373553.jpg





2000年代の韓国映画は死に物狂いで速度を高めた。
アクションシーンも、速度を上げるために、カットをより細かく分けられる形で発展している。
"オールドボーイ"のロングテイクジャンドリアクションは、まさにその逆の地点に立っている。15年の間監禁されていた部屋を蹴飛ばして出てきたオデス(チェミンシク)はジャンドリを振り回して、装丁が所狭しと立っている廊下を突き抜けていく。映画は、廊下の側面をはがし、その姿をロングテイクで調べている。
チョンジョンフン撮影監督の説明を聞いてみよう。"元々は100カット以上の場面だったが、セットを書くことで、定められた期間内に、到底それを全部とることができない状況だった。撮影当日にパクチャヌク監督様が一カットで撮ろうと提案してセット場の側面をはがし二日間撮影した。映画に使われた場面は、十七番目テイ大きい。熱テイクをめくると(チェ)ミンシク兄が疲れてつまずくことになった。パクチャヌク監督が狙 ​​ったのがまさにそれだった。恐ろしいオ・ダルスは、死に物狂いで通路をくぐっていく孤独な様子。"オ・ダルスが狭い廊下で十数人の男を退けていく様子をロングテイクで撮ったという技術的な成果と15年の監禁から脱出した五ことの壮絶な情緒が一つになる瞬間。2000年代の韓国映画最高のアクション名場面が誕生した。ジャンソンラン記者
◇"百聞は一見にしかず。絶対忘れられない名場面だ。"ギムオヒョン撮影監督
◇"自他が公認するヌアルウイ新しい映像美学が加味されたアクションシーン。一つに接続されたロングテイクのミジャンセンがカットによる迫力よりも現実感を一層増幅させる。"パクサンフン撮影監督
◇"アクション映画は、普通のカットをたくさん分けてとるのにこれはロンテイクダ!衝撃的であるだけに新しかった。"キムヨンチョル撮影監督
◇"カットをいくつかにチョゲミョンスピードは生きていますが感情線が壊れる。しかし、この場面はプルショトイムエドかかわらず、五樹の気持ちがグラグラ沸く。キャラクターの感情をそのままジャプアネトダ。こういうのが映画的な力である。"チェヒョンギ撮影 ​​監督
◇"フレームの中で、カメラだけでスムーズに移動だけしている。その中できっちりと爆発的にアクションが行われた。とてもユニークな場面が演出された"キムソンボク撮影監督
◇"狭い廊下というスペースをそのように取るのが容易ではない。狭いですかこちらで撮って向こうから撮影されたのを接続するのが普通なのに、その空間で、主人公が武器の一つに頼って一人で先をくぐっていく姿をそばで撮影した方式自体が、観客が見てもセンギョンハルのだ。

"イソンジェ撮影監督 ○... [追撃者]路地追撃アクション 2008 |監督ナホンジン|撮影イソンジェ|出演金尹錫賀正優

e0109292_20384175.jpg

かつて韓国映画でこのように息ぜわしく追撃シーンを描いた映画があったかと思う。
<追撃者>の登場で映画界にスリラー熱風が吹くほど、この映画の波及力は強大だった。それもそのはず、映画全体に流れる膨大な緊迫感は、明らかに不慣れで不思議な経験だったからだ。特に静かな夜、容疑者を追う元警察官の綱渡り追撃は、恐怖感さえ醸し出すほどすごい爆発力で画面を満たした。二人の追いつ追われつの追撃を追っていくと、観客さえ息をあえぐほどだが、それだけこの場面は、それ自体で緊迫感の塊だった。さらに、イ・ソンジェ撮影監督の言うように"<情け容赦のない>(1999)の路地神を現代的に再解釈したい"という彼の意図は、スクリーンで完璧に再現された。ジヨンジン記者
◇"金尹錫と賀正優の追って追われる夜のシーンは映画全体を掌握しているハイライトだ。通常、夜の撮影自体がアクジョゴンイン場合が多いが、ライト設計の大胆さを介して緊張感と劇的な効果を高めた。"ビョンフイソン撮影監督
◇"背景をスピーディに流しながらも追撃をしようとする者の何のアクションも逃していない画面設計は、韓国映画史上、再出にくい場面を作り出した。"パクサンフン撮影監督
◇"人物たちの切迫した感情がよく込められている。小手先なしで視覚的な見どころに重点を置くことなく、人物の感情にタラブトオ迫力とリアリティを逃さなかった。一言で話を吸収するアクションシーンだ。"チェヒョンギ撮影 ​​監督
◇"路地追撃アクションも良かったが、二人の主人公が最後にヨンミン(ハジョンウ)の家で対戦するアクションも良かった。ライティングが暗かったですが、デザインがとてもうまくいった場面だ。本当に生存のために必死に戦う動物二匹を捕捉して出したようなアクションシーン。見る始終体がウムチルウムチルした。

"叔母ヶ撮影監督 ○... [おじさん]浴室リアルアクション 2010 |監督イジョンボム|撮影イテユン|出演ウォンビン、キムセロン
e0109292_2039323.jpg

確かにそこにはウォンビンがなかった。
そこには怒りに満ちた状態で咆哮するテシクがいがみ合っていた。ソミ(キムセロン)を拉致した悪党らを探しに出たテシクは、これにより、複数のピリオドを打つ番だ。舞台はトルコ風呂。陰湿で、湿った場所でテシクは数人の悪人たちを相手に一人で対抗して孤軍奮闘、壮絶なアクションを駆使する。トゥクシラムロワングァウイ1対1の肉弾戦はまるでデビッドクロネンボグの"イースタンプロミス"(2008)の浴室の決闘を凌駕する ​​悲壮さが埋めている。ダイナミックなカメラワークでテシクの動線に付いて行ってアクションを表わしたこの場面はヌアルウイムクジクハムグァアクションの迫力感が絶妙に共存している。ジヨンジン記者 ◇"ざっと見るには、ドラマチックで、装飾されたようなアクションですが、とてもリアルに撮影した。アクションシーンではそれなりの感じをジュギラン容易ではない。"キムテソン撮影監督
◇"テシクが悪人たちとバスでの戦いの場面は、観客たちが、"もし私がその状況ならば悪役たちを黙っの両方だ"という感情をピークに触れるようにして、アクションを表出させたという点で痛快だった。"チョンジョンフン撮影監督
◇"既存の韓国アクションが大きく見えて、合計を合わせることに重点を置いた場合は、"おじさん"のアクションはリアルそのものだ。殺人の恐怖が感じられるほどリアルに撮影した。"イジュンギュ撮影監督
◇"全体的にアクションに無駄がない。一つの動作で簡単に終わらせてしまうカットたちできちんとしたアクションを表わした。特に演技者たちが、できるだけ楽に移動できるように配慮した適度なカメラが引き立って見えた。"ジギルウン撮影監督 ★

すべてが新しくなった<ムービーウイーク>に会ってください!★
by kazem2 | 2012-01-03 20:46 | Movie