ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

CINE21 監督とプロデューサーが選んだ2011韓国映画と外国映画

巧妙な耐空<晴れ>
e0109292_2045544.jpg




今年の映画を選んだのは<シネ21>記者や評論家だけではない。
今年は8人の映画監督と7人のプロデューサーも、今年の韓国映画と外国映画それぞれ1編ずつを挙げた。それぞれのリストと選定理由を一緒に公開する(配置順序はァオーウ、名前のあいうえお順)。
★監督
キム・ハンミン"最終兵器の弓"の監督
<リアルスチール>
"韓国映画は私が演出した"最終兵器の弓"を選んでんだけど...(笑)、大衆に楽しく簡単に近付いてながらも、太いリズムがある映画を好む。その点で、"リ ​​アルスティール"は、今年最高の大衆?商業映画だった。"

バク・ジョンボム"無産日記"監督
<豆満江> <世の中のすべての季節>
、"長律監督の話を引っ張っていく力と映画自体が持つメッセージは、多くのインスピレーションを与えた("豆満江")。個人的には、マイクリー監督が好きだ。彼は毎作品の似たような話をすると考えていいのか分からないが、社会ほとりにある人物を示す視線と方式がいつも多くのことを考えさせている("世界のすべてのシーズン")。"

ソン・ヨウンソン<依頼人>監督
<北村の方向> <愛をコピーする>
"<絶滅の天使>の形式をぼんやり連想させるが"絶滅の天使"が物語の外に向けて激しい嘲笑に満ちていた場合は<北村の方向"は、温かい笑顔と思いやりが物語の中を向けている(<北村の方向>)。なロマンス映画はミステリーに満ちた映画で、本当に良いミステリー映画は日常を超えて、非現実と対面するようにしてくれるという事実を教えてくれる("愛をコピーする")。"

ユン・ソンヒョン<番人>監督
<サニー> "多くのキャラクターを劇に自然に配置する技量が洗練された映画だった("サニー")。悪党をシンプルで、表面的に描写してきた過去のハリウッド映画とは異なり、悪党に変わる過程を説得力あるように描写している。ブロックバスタージャンルを介して人間を深く描写するという点で、驚異だった("X - MEN:ファーストクラス>)。"

ユン・ソンホ<することができる者がクハラ>監督
<サニー> <もっとブレイブ>
"たくさんのお金をもうけグループらが真似忙しくて色々とうらやましい内容("サニー")。何人かの評者たちに不当に低く評価されたが、抜くん抜いてスリムに、今までの停止をセットして、しがない我々はすべての次第偉大な瞬間を思い出す。そして今年見た最高の少女キャラクター("ザブレイブ")。"

ユン・ジェギュン<海雲台>の監督
<ワンドゥクイ> <猿の惑星:進化の始まり>
、"俳優たちのリアルでは真正性のある演技と、わずかな日常を暖かく描いた演出が目立った(<ワンドゥクイ>)。言葉ができないチンパンジーの心理の変化をリアルに描写し、人間との交感過程をよく表現したようだ("猿の惑星:進化の始まり")"。

イ・ヘヨン<フェスティバル>監督
<晩秋> <アイアムラブ>
"普通、韓国でメロージャンルは、キャラクターや話に集中する傾向があり、<晩秋>は、空間と空気、俳優たちの演技など、本来のメローが持たなければならない、いくつかの両方を備えた映画だったと思う。<子供エムラブ"は、最近見た映画の叙事的、イメージ的に、スタイル的に最も恍惚の映画だった。"

張本勲<高地戦>監督
<7鉱区> <猿の惑星:進化の始まり>
"公開当時酷評一色だったが、いつの日か"7鉱区"が達成した技術的な試みは認められて当然だ。以前のハリウッド映画とは異なり、"猿の惑星:進化の始まり"のCGを実装した生命体の感じは、本当に驚きました。"

★プロデューサー
ギム・ミフイスタジオドリームキャプチャー代表取締役
<君を愛しています> <サニー> <ブラックスワン"
、"マンガ原作も良かったし、演劇の舞台に上がることもしたが、映画的な表現を効率的に駆使した作品だったようだ("君を愛しています")。女優のための映画があまりにもなかったが、女優だけでフンヘンハルできることを証明している("サニー")。誰もが認めるしかないナタリーポートマンのディテールある演技と物語の緊張感が印象的だった("ブラックスワン")。"

キム・ジョグァンス青年フィルム代表
<無産日記> <焼けた愛>
"<無産日記>を通じて、韓国独立映画の底力を確認することができた。<焼けた愛>は、全く久しぶりに劇場で息がつまるほどの衝撃を受けた作品だ。"

シム・ジェミョンミョンフィルム代表
<番人> <焼けた愛"
、"独立映画"番人"が主流映画界に投げかけた衝撃は意味深長だ。現在の映画界が覚醒しなければならない点がこの映画に込められていると思う。<焼けた愛>は、古典的な物語の中で、戦争の悲劇を一つに盛り出すテクニックが印象的だった。"

アン・ヨウンジン<不気味な恋愛>プロデューサー
"るつぼ""ブラックスワン"
、"法律上の脆弱者に対する保護、障害者に対する認識の変化など、映画が社会の関心を喚起させた("るつぼ")。監督の演出も演出だが、ナタリー・ポートマンの圧倒的な心理表現があまりにも魅惑的だった("ブラックスワン")。"

ウォンドンヨンリアライズピクチャース代表
<ワンドゥクイ> <モニボル>
"<ワンドゥクイ"は、キャラクターのヒムマンウロド書士を進行できることを立証した。それは、観客が物語だけでなく、キャラクターも一緒に表示を開始したことを意味する。同じ理由で"モニボル"を支持する。"

ユン・チャンオプムンワチョ代表
<サニー> <三退屈な人>
、"感性までも心にジョトオドゥルゲした賢い功("サニー")。普通の映画の定石が正常に輝く映画(<歳の退屈な人")。"

イ・ジュンドンナウフィルム代表
<豆満江> <焼けた愛>
"強烈で強力である。話は数え構造は大変小型であるだ。長律監督がこのように巧みな語り手イオトダニ!(<豆満江>)レバノンの話をカナダにドラッグしてきて構造が揺れ書士が弱くなったりしたが、議論を拒否していない映画のような映画("きつねの愛")。"


文:キムソンフン 2012.01.03 Share it
by kazem2 | 2012-01-03 20:03 | Comments(0)