ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

CINE21 2011の監督<北村の方向>ホン・サンス

☆cine21.com
e0109292_19514524.jpg




絶えず変化して、いつもときめくようにした
昨年に続き今年の監督に再びホン・サンス監督が選ばれた。
まず、一人の若い評論家の訴えではなく、訴えを聞いてみよう。"もうやめてと思う。
率直に言ってなかったら良いだろう。しかし、どうしようか。映画を見て出てくれば次の映画はまたどうかという期待とときめくようにする監督だなんて!ホン・サンスはとどまらない。どのような方向で絶えず変化して変化を期待させる。それにもホン・サンスはホンサンスだ。疲れるのですが、見ないことがなく、見てから次のものが気になる。既に彼は私の意志を超えている。それで今年も彼だ。"(ソンギョンウォン)では、同じ脈絡の鋭い警句にまとめた宣言文も一つ挙げてみよう。"仕事を休まない限り、無条件に彼を選ぶ。"(ジュ・ソンチョル)

ヅヘチェのような監督が選ばれたのは食傷ぎみであることではないか。そのように反問する人々がいる場合は、先に進んだ二評者の寸評のニュアンスに注目してくれと言いたいと思う。彼らの言葉は、新たな人物を選ばなければならないという強迫を無視することないが、それのために本当の達成を成し遂げた人物を破った避け、したくはないという声と宣言だからだ。ホン・サンス監督は、昨年と同様、今年も、演出や制作で他の追随を許さない誠実さを見せたのだが、その美しさの冒険でも決して止まることなく、もう一歩進んだというのが彼の今年の監督に選定した、これらの大多数の弁である。ホン・サンス監督が相次いで選ばれたのは今年の一年旧態依然で緩やかな面が多い韓国映画界と韓国の監督たちが、かえって刺激受けなければならないことのように見える。

選定のニュースを聞いてホン・サンス監督は語った。"本当か!とてもありがたくて、大きな力になる。
<北村の方向>は、毎日のようにも記憶に残っている。現場でと合わせて目を出したのもそうで、その雰囲気がすべて良くて面白かった。次の作品<他の国では>は、今、編集が終わっていく。色補正、翻訳(次期作<他の国から(のセリフは英語だ)を終えて、来年上半期封切りを目標にしている。その次の作品は、一応12月を送ってから考えようとする。"我々は来年も同じ問題に悩むようになるかもしれない。しかし、それは毎年訪れる幸せゴミンイルのだ。相違ではなく、"<オッキの映画>で<北村の方向>につながるホン・サンス監督の最近の作品世界は本当に神秘的ですばらしい"(イ・ドンジン)からである。

今年の新人監督の<番人>ユンソンヒョン
e0109292_1953757.jpg

語り部の誕生
"人生に一度しか受けることができない上だととても光栄です。上もあるのか?
"残念ながら賞はないが、もし賞があるならば何をされてかとユン・ソンヒョン監督に尋ねた。"
<シネ21> 1年定期購読!冗談だ。"冗談だというには用意された答えだ。<シネ21>記者や評論家たちは、"ストーリーテリングの方法を知っている俳優を扱うことを知っている、きちんと準備された新人の誕生"(章病院)だとか、"ストーリーテリングのヌンランハムイ新人にふさわしくない"(ジュ・ソンチョル)と<番人>を賞賛した。もちろん彼の才能と才能を本当に考えている意見もあった。"今年の韓国の評論家は、"番人"にも好意的だった。成果は認めるが、最も多くの惨劇を必要とした監督がユンソン現だった"(キムテフン)現在次期作を構想しているユン・ソンヒョン監督は""番人"は、勉強する気持ちで臨んだ。これから商業映画になったとしても独立系映画になったといっ<番人>を作成するときに持っていた、その気持ちを忘れていない。これから本当に私が楽しみたいと思う映画を作る計画だ"と覚悟を明らかにした。

文:ジョンハンソク 文:キムソンフン 写真:シネ21サジンチム
by kazem2 | 2012-01-03 19:56 | Comments(0)