ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[MovieWeek]相変らず愛される"ファン映画"には特別なものがある

☆movieweek.co.kr
◆ファンダム映画の裏技の探求
虎は死んで皮を残し人は死んで名を残したという。
その後、映画は?どのような映画は封切り時に点滅消費された後に消えて、どのような映画は、ファンたちの胸の中に長い間生き残って、永遠に記憶される。その差はどこから来るのか?
ここで公開されるまで数年たっても、熱血ファンに愛される特別な映画四編を集めた。
各映画の熱狂的ファンにその映画を愛するしかない理由を直接尋ねた。
e0109292_1032454.jpg





◇バンジージャンプする
2001 |監督キム・デスン|出演イ・ビョンホン、イ・ウンジュ
2001年2月3日の映画が封切りする頃、"映画<バンジージャンプをする>を愛する人の会"(cafe.daum.net/alswjd1113、以下ボンサモ)ができた。12月7日現在の会員数は4,068人に達する。2007年まで毎年、公開日に合わせて定期的に上映会をし、去る3月5日に公開10周年を迎え、4年ぶりに記念上映会を開いた。映画"バンジージャンプをする>(以下<バンジージャンプ>)の公式ホームページも藩士某から作動する。

映画が封切りしてから10年が過ぎた。
2001年2月19日バーンモードに加入し、現在のウンヨウンダンのメンバーとして活動しているキムヘヨンさんをはじめとするボンサモのメンバーは、10年以上も"バンジージャンプ"への愛情を受け継いできたということに誇りを感じる。キムヘヨン氏はこれまで"バンジージャンプ"を20回以上見た。"私はたやすいことだ。100回以上、本会員もいる" 20回、100回見ても"バンジージャンプ"が良い理由は、この映画が"縁"の固い確信を与えるためだ。キムヘヨンさんが言う。
"インウ(イビョンホン)とテヒ(イウンジュ)との縁は、現世でのヘアといって終わるのではなく、輪廻を使用して永遠に続く。人なら誰でも永遠の愛を夢ではないか。<バンジージャンプ>は、それに対する幻想をとても感性的ながらもスタイリッシュに解いた。インウとテヒが、残念ながら別れたのは悲しいが、二人の愛は、以下のセンエド続くだろうという希望を残す" キムヘヨンさんは、特に開かれた結末に、多くの人々が魅力を感じていると分析する。"インウとヒョンビン(ヨヒョンス)が手を握ってのように飛び降りる最後の場面は考え次第ではハッピーエンドゥイル場合とそうでない場合もある。映画の結末を観客が直接定めるように開いている感じだから、より愛着がある"人々に"バンジージャンプ"は、特別なもう一つの理由は、イ・ビョンホンとイ・ウンジュ、両方の俳優だ。"イ・ビョンホンの切ない目つきと、誰が見ても愛らしいイ・ウンジュの姿を見ていれば自然に恋に落ちる感じだ。" 映画でテヒがインウを調べてインウはヒョンビンをアルアブワトドゥト、ボンサモ会員は、自分もこの映画を"調べてみた"と思っている。彼らに"バンジージャンプ"は現在、映画を見る基準になった。
"どんな映画を見ても""バンジージャンプ"に似ているんだな、ではないな"計ることになる。
故イ・ウンジュさんが"恋愛小説"(2002年)で、慶煕大を演じるのを見て"バンジージャンプ"のテヒをたくさん思い出したは、会員も多く、キム・デスン監督の映画を見るたびに"バンジージャンプ"と似た感性を発見することもある。しかし、いくらなんでも"バンジージャンプ"だけにした映画はなさそうだ(笑)"
e0109292_10372728.jpg

◇刑事Duelist 2005 |監督イ・ミョンセ|出演ハ・ジウォン、カン・ドンウォン
<刑事Duelist>公式ファンカフェ"刑事中毒"(cafe.daum.net / Duelist)は、最初に映画の製作陣が映画を宣伝するために作ったのですが、2005年9月に映画が封切りして、会員が増えると、ファンたちに運営権を渡して、これまで続いている。12月7日現在で7,889人が会員として活動している。毎年公開記念上映会に訪ねてくる骨髄のメンバーは50〜60人ほどになる。

<刑事Duelist>は、人気TVドラマ"茶母"(MBC、2003)のようにバンハクギの漫画"朝鮮女刑事茶母"を原作にして、<情け容赦のない>(1999)を大きくヒットさせたイ・ミョンセ監督とハ・ジウォン、カン・ドンウォンという青春スターに会ったという点で公開前から大きな期待を集めた。しかし、2005年の公開当時、全国93万8,176人を動員し、期待に及ばない興行成績を収めた。
良い映画が注目されていないという切なさがファンを固く団結させた。刑事中毒の運営者ギムギスク氏が封切り当時を回想する。 "劇場で映画を見てとても良くて、表示しようとしたところ、上映する劇場がなかった。その年の釜山(プサン)国際映画祭で上映しても、アルアボダが刑事中毒を知ることになった。
"釜山国際映画祭上映後、同年11月、ソウルのメガボックスコエックス1管を借りて、最初の上映会を開いた。"マスコミ試写を除いて、メガボックスコエックス1館で上映したことがないので、わざわざそこを戴冠した。痛ましい心に何でもより多くにしたい気持ちだったか"(笑) 刑事中毒の会員たちが"刑事Duelist"入りの理由は、見るたびに新しい感じを与えるからだ。ギムギスク氏の説明を聞いてみよう。"イミョンセ監督特有の感覚的な映像があふれのに、話を一つ一つすべて展開せずに切除するから、映画が終わっても場面場面が目の前にアルンんてしまい、映画が終わったそうになかった。それで映画が封切りしたときは映画を見てまた見ながら、会員同士の場面一つ一つの話をたくさんした" 刑事中毒のメンバーの中には、映画や映像についての専門的な識見を持つ人が多い。<刑事Duelist>で、悲しい目(カン・ドンウォン)が剣舞を踊るシーン、ナムスン(ハ・ジウォン)との悲しい目が最後の決闘をする場面の映像美はみんな好きだがイ・ミョンセ監督の作品につきましては、会員の間で意見が分かれている。特に、
(2007年)につきましては、好き嫌いが克明に分かれる。ギムギスク氏が最後にこうアドバイスする。"このように、様々な趣向を持ったメンバーを同時に満足させるほどの映画を、また会えるかな?"
e0109292_10381350.jpg

◇王の男 2005 |監督イ・ジュンイク|出演イ・ジュンギ イ・ジュンギ
2005年12月29日に封切りした<王の男>が全国の1,230万2,831人を動員するまでに、"<王の男>の公式ファンカフェ"(cafe.daum.net / Kingsman、以下ワンナム)の役割が大きかった。
ワンナムイ"<王の男>を再表示する運動"の主軸になったため。映画の人気に支えられ、一時は会員数が約7万人に肉迫した。12月7日現在ワンナムウル守っている会員は7,606人。
ワンナム運営スタッフとして活躍しているエリサベツさんは<王の男>が開封したとき映画館で映画を70回以上見た。"毎朝、早朝に<王の男>を見て出勤した。120回本会員もいる。"エリサベツさんは<王の男>を見てまた見たくさせる要素で豊かな感情とキャラクターを挙げている。"君の主人公広大長生(カムウソン)、コンギル(イジュンギ)、王演算(チョンジニョン)、ジャンノクス(カンソンヨン)はもちろん、助演ユクガプ(ユヘジン)、チルドゥク(チョンソギョン)、パルボク(イスンフン)までのすべての人物が、自分だけの喜怒哀楽を表現している。" 特に、反乱軍が宮には、ドック打つ直前に、演算の前で命をかけて行を乗っていたジャンセンとコンギル同時に空にナルアオルン瞬間劇を終える絶妙な結末は、まさに"衝撃"だった。""これは何?" 心の映画をまた見ることしかなかった"というのが、エリサベツさんの説明。会員たちが猫も杓子も何十回映画を見てみると、公開当時には映画の隠れた意味を解釈した文章が一日に何件ずつ上がってきたが、その解釈が正しいかを見るために映画をまた見に行くほど。
"見れば見るほど俳優たちの切々たる目つきが目に入った。その目つきで自分の人生を振り返ったは、会員が多い。"絶体絶命の危機の前でも、最後まで役者の意地を曲げなかったて長生とコンギルの力を得て、幼い時の夢を再び追う始めたメンバーが多いとのこと。"私も<王の男>を見て、また絵を描き始めた。ダイエットを決心した会員から演劇俳優の夢を再び広げたのメンバーまで、すべての<王の男>を使用して勇気を得た。" 彼らに"王の男>は、映画を何十回再び見て、積んできた思い出の<王男>を通じて得た生活の変化を一度に見て回ることにする装置だ。"映画が人生に深くリンクされているため、ますます重大なものだ"とエリサベツさんが話す。"今でも、冷たい風が吹き始めると、<王の男>が封切りした時が思い付いても胸がどきどきする"、その心に、エリサベツさんは今"王の男>封切り6周年記念上映会を準備している。

e0109292_10384943.jpg

◇後悔なんてしない 2006 |監督イ・ソンヒイル|出演キム・ナムギル イ・ヨンフン
"後悔廃人"という呼ばれる彼らは、<後悔しない>が4万人を突破し、当代の独立映画最高興行記録を立てるまでの牽引車の役割を果たしている。現在、<後悔しない>の公式ブログ(blog.naver.com/noregret2006)は、運営が中断された状態。今ではそのうちの5人がイ・ソンヒイル監督の支持者に変身し、イ・ソンヒイル監督と家族のように過ごしている。

<後悔しない>は韓国映画初の本格クィアメロという点を除いては後悔廃人の誕生と熱気を説明できない。
後悔廃人を自任している被災者さ ​​んの話を聞いてみよう。"<後悔しない>前にも同性愛映画、小説、漫画を楽しむ人がいなかったわけではない。しかし、そのような趣向を外に現わすことができなかった。変態扱いされるのがパンヘトギだ。<後悔しない>を使用して初めて、その味が外に出てきた。同性愛者がカミングアウトするかのようにクィア映画を楽しむ人もカミングアウトをすることになっただろうか" <後悔しない>が封切り前にも、<ロードムービー>(2002)<王の男>のようなクィアメロがあった。
"<ロードムービー>の同性愛は、あまりにも厳しくし、<王の男>の同性愛は、あまりにも間接的だった。
ところが、<後悔しない>には、これまで私たちが外国のクィア映画、TVシリーズ、漫画を通じて、長い間楽しんだ幻想が溶けていた。"カミングアウトしたイ・ソンヒイル監督はゲイの日常を写実的に描写すると同時に、その中に1980年代の流行していたホステスメロドラマの新派を絶妙に溶かして出した。 "生の現実と甘い幻想が混ざっている感じだった。"被災者さ ​​んは、<後悔しない>最高の名場面にジェミン(キム・ナムギル)とスミン(イ・ヨンフン)のセックスシーンを挙げる。"スミンは、ジェミンをずっと拒否している途中終了を受け入れる場面なのに、ヤハダという感じではなく、切実な感じがぷんぷんと漂った"というのがその理由。被災者さ ​​んが言う。"同性愛を描いた作品を楽しんでみるのは、異性愛を超えた何かが同性愛にあるからだ。
異性愛では、男性と女性がお互いを最後まで理解できない部分があるはずだが、同性愛は相手を完全に理解し、お互いを完全に分けるという点で特別だ" "完全な愛を夢見る人々の美しくて胸が痛い愛の物語"に熱狂したのは絹のクィア映画を楽しんで見ている人たちだけではなかった。
"後悔廃人の中には熱血やおいファンもいたし、そうでない人もいた"というのが被災者さ ​​んの説明。
彼女はイ・ソンヒイル監督がまた一度人々の偏見を破る作品をネノトギル期待している。 ★

2011-12-12 ジャンソンラン記者
すべてが新しくなった<ムービーウイーク>に会ってください!★

映画「バンジージャンプする」
私は特に好きですね
ネットに最初に書き込みしたのは「インウ」に対しての言葉でした^^
LBHの韓国公式では毎年開催日を告知していましたが今もそうなんでしょうか
by kazem2 | 2012-01-03 10:50 | Movie