ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

なぜ280億映画「マイウェイ」敬遠されるのだろうか?

☆newsen.com
" 日本の容赦と和解 まだ慣れていない" なぜ映画" マイウェイ "は観客たちに敬遠されているか。
e0109292_13141997.jpg




[ニュースエン李在奐記者]
" 日本の容赦と和解、まだ慣れていない" なぜ映画" マイウェイ "は、観客たちに敬遠されているか。
国内映画史上最高水準の純制作費280オクロしたチャン・ドンゴン オダギリジョー ファンビンビン主演"マイウェイ"が映画館で観客らに敬遠されている。CJ ​​という国内最高最大の配給会社を筆頭に700以上の映画館を開いたが、観客たちは、なかなか"マイウェイ"に視線を与えない雰囲気だ。

一部では"ネチズンたちが1点1点などのポイントを非常に低くてくれる"と映画"カデギ"を云々している。
一部の映画関係者たちは、このような雰囲気に憂慮の声を出して"マイウェイ"味方に乗り出している。
"マイウェイ"は、素材やスケール、演出力や映像など様々な側面では、既存の韓国映画を超えたウェルメイド映画だ。しかし、最も重要な点を見落としていた。まさに韓国人の深いところに隠された日本に対する認識をまともに溶かして出すことができなかったということだ。いくつかの主観的なパンダンイルことがあるだろうが、単純に言って、映 ​​画があまりにも早く出てきた。韓国人の胸には、まだこの映画を受け入れるには準備ができていないと評価すると、あまりにもの中の狭い人なのか。世界化、グローバル時代に韓流が日本、中国などアジアを支配していると評価される場に。"マイウェイ"は、少なくとも日本が韓国侵略に対する心からの謝罪が行われ、日本が慰安婦問題や強制徴用など、いまだに清算されていない問題をある程度解決された後、韓国人が日本の心を受け入れるときに可能なシナリオだ。まだ、日本大使館の前には、日本の強制占領期間の被害を受けた慰安婦の女性たちが日本の謝罪と補償を要求するデモや集会が続いている。日本強占期に強制徴用されたり慰安婦に引っ張られて、日帝の蛮行を避けて中国とロシアに移住して行った私たちの先祖たちとその後裔たちは、中国で朝鮮族という名前で、シベリアの原野で、別の名前で苦しい生活を送っている。
2次世界大戦が終わって66年が過ぎたが、日本はまだとった音だけをしている。日本は慰安婦と強制徴用の原論的な返事だけしている。チャン・ドンゴンが演じた映画の中ジュンシク(チャンドンゴン)は、何度も自分を死の道に追いやった日本人長谷川達夫(オダギリジョー)が無限、無制限の許す。彼の夢も、父も奪っていったが、それに対する怒りや恨みはない。特に、映画の底辺に敷かれた寛容と寛容の中の怒りはない。中国の独立のために命をかけたパンビンビンマンただ怒るだけだ。ジュンシクの周辺である腫大(後にアントン、キムイングォン)がそれさえも喉の渇きに喉が乾く観客らにだまされる水を与えるだけだ。映画の中のジュンシクのようにどのような条件なしに日本と日本人を許す人々がある。しかし、多くの韓国人たちは、まだ日本を許していない。いや日本を忘れていない。また、日本が現在とっている歴史の歪曲などを見る時、日本はまだ許しの対象ではないと見る人が多い。我々はこれまで、日本を許し、理解しようと努力してきた。劇中ジュンシクのように。しかし、日本はまだそうではないと見なされる。映画を見た観客たちが映画を簡単に受け入れることができない理由だ。観客が映画を敬遠する理由だ。少なくとも2度見る必要はない映画だ。映画で夢見る志望生がいない場合。劇中、チャン・ドンゴンが演技するジュンシクは、" イエス "だ。限りなくノグロプゴ赦しと寛容を施す。延々と苦痛と絶望を与えたが、決してコクギジな闘志と意志の人物だ。彼の闘志と意志に拍手を送ることができる。容赦と和解、意志の韓国人を代弁する理想的な人物である。しかし、共感できる人物ではない。ではない観客たちが易しく受け入れることができず同化することができない人物だ。神に近いキャラクターだ。単純に降り注ぐ銃弾やミサイルを避けるラムボヒョンキャラクターが目障りではない。主人公ジュンシクが提示する和解と許し、我々はまだ慣れていないのだ。
李在奐記者star @ 記事情報提供および報道資料newsen@newsen.com Copyrightⓒニュースには。

2012-01-02 10:12:26


昨日はTwitterで映画「マイウェイ」を勧めるツィが何件かありました
でも映画関係者かなと思いました
映画の予告編をみる限り 韓国サラミが受け入れないだろうなと思うセリフがありましたから
この映画は韓国では受け入れられないと思っていました
この記者は公平にみることができる人だと思いますしよくわかる記事だと思います
映画「マイウェイ」は1月14日日本公開です
by kazem2 | 2012-01-02 13:20