ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イ・ミンギ映画「不気味な恋愛」270万人突破!!!

☆news.nate.com
e0109292_8122261.jpg




[OSEN =チェナヨン記者]
ソン・イェジン、イ・ミンギ主演のロマンチックコメディー"不気味な恋愛"が270万観客を突破した。
31日、映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによれば、"不気味な恋愛"は去る30日、243館で4万2782人を集めて累積観客数271万4991人を記録した。これで去る1日封切りした"不気味な恋愛"は、封切り25日ぶりに250万観客を突破し、30日ぶりに270万観客を越えた。名うての新作にもボックスオフィス5位を記録している。"不気味な恋愛"は、今年の国内のロマンチックコメディ映画として、最も成功を収めた映画。トップスターを前面に出した今年の下半期にロマンチックコメディー物が相次いで興行苦杯を飲んだが、"不気味な恋愛"だけは噂に乗って興行に成功した。当初、"不気味な恋愛"は、歴代のオープニング全米興行を記録した"トワイライト"シリーズの新作"ブレーキングダン-1部"に一緒に封切りして、"ミッション:インポッシブル:ゴーストプロトコル"と"マイウェイ"が出るまでの銃弾避けのではないかという見方もあったが、このような懸念にもかかわらず、口コミで弾力を受けて、"ブレーキングドーン"に勝ってボックスオフィス1位をダルリョトウミョ名うての新作の中でも負けないで300万観客を眺めるのに至った。このような"底力"には"不気味な恋愛"そのものが持つコンテンツの力が最も大きいと分析される。食傷したロマコメに刺され、観客に恐怖とロマンスが結合された、"不気味な恋愛"は、新鮮さの面で高い点数を受けた。恐怖も、ロマンスだけ添える程度ではなく、実際にホラー映画を見るように精選された恐ろしいシーンを披露し、完成度も高めた。
ここにソン・イェジンとイ・ミンギの好演が交わって、大作の中のニッチ市場を完全に攻略したと言える。
ソン・イェジンも、この作品で、今年最後の"ロマコメクウィーン"の自尊心を生かして映画界を代表する女優であることをもう一度立証した。年末劇場街で唯一の女優のパワーを見せている作品でもある。一方、トムクルーズ主演の映画"ミッション:インポッシブル:ゴーストプロトコル"は、同期間、全国24万1169人を集めて累積観客数461万4312人を表し、不動の1位を占めた。nyc@osen.co.kr

OSEN 原文 記事送信2011-12-31 08:01
[Copyrightⓒ韓国最高のスポーツエンターテイメント専門メディアOSEN(www.osen.co.kr)]
by kazem2 | 2011-12-31 08:16