ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

CINE21[映像工作所]映像編集ウィンドウズムービーメーカーで編集する1

あいうえおcine21.com
cine21.comウィンドウズムービーメーカーで編集2
[映像工作所]映像編集、本当にスィプジョイン〜
e0109292_19135283.jpg

韓国の映画監督のフォローをしています
ツィッターで編集中の写真をアップされていましたがまるで動画を作る時と同じだったので
監督に映画も動画と同じように作っていくのかと質問をしたことがあります
同じだと言う監督からの返事が来ました^^



1。私に合うの編集プログラムを検索する
ストーリーボードがすべて作らなったらもう本格的に編集を始めましょうていきます。まず、様々な編集プログラムの中で"私たちの家族の映画づくり"に最適なプログラムがどんなものか考えてみよう。

"ファイナルカットプロ"、"ラスベガス""プレミアプロ"など、専門家向けプログラムでは、緻密​​な編集が可能で質の高い作品を作ることができますが、プログラムの学習に時​​間がかかり、その費用も相当なものだということが短所です。"Windowsムービーメーカー"や"アイムービー"のように、コンピュータのオペレーティングシステムに含まれており、簡単に接することができる編集プログラムもありますが。プロ用のプログラムに比べて緻密な編集をするには限界があるが、比較的使いやすいインターフェースを持っていて、初心者でもすぐにまねることができるのが大きなメリットです。他にもウェブ上から無料でダウンロードできるプログラムがあります。音楽に合わせて画像を一括で入れたいときは、"アルシ"を有効に活用することができ、"次のパトインコド"は、ファイルのエンコーディングと一緒に簡単なカット編集、字幕の挿入などを行うことができます。別のプログラムをダウンロードする必要なく、最初からオンラインで編集ができる"プルラオン"(FlaON)というサイトもあります。"www.flaon.com"に入ると、すぐに編集をすることができ、完成版は、メールで送ることができます。

"私たちの家族の映画作り"は、日常で簡単に映画を作るのが目標なので、一番楽にアクセスできる"Windowsムービーメーカー"を利用した編集をしてみるよ。
e0109292_1971458.jpg
e0109292_1981697.jpg

写真1 写真2
2。必要な材料の読み込み
編集をする前に、映画の仕事に必要な材料を事前にジョンリヘヅことをお勧めします。ように複雑にあれこれ混ぜて編集をしても、迷わずしないことができます。材料別に動画、写真、音楽、効果音、ナレーションなどでフォルダを作って入れることもでき、映画のシンビョルロタイトルを決めて、その部分に使用する材料を貯めておくこともできます。(写真1)

材料の整理をすると、ムービーメーカーを開いて、必要なソースを表示します。ムービーメーカーはWindowsにほとんど含まれていて、ない場合は、MS社のダウンロードセンターから無償でダウンロードすることができます。ムービーメーカーを開くと、2番の写真のような画面が表示されます。

左は、メニューのうち、空白部分は原材料を確認することができるモウムチャン、右は画面を見ることができるジェセンチャン、下は編集ができる編集ウィンドウです。編集ウィンドウは、画像を中心に見て、"ストーリーボードモード"と、ビデオとオーディオを時間順に一目で見ることができる"タ​​イムラインモード"の二つに切り替えが可能です。

左側のメニューの"インポート"を利用して写真や音楽は、すぐに呼び出すことができ、テープに収められたビデオなら一番上にある[ビデオのキャプチャ"を使用してコンピュータのファイルに変換することができます。

お好みの具をすべて読み込むと、中央のペインで、材料をプレビューすることができます。写真はそれぞれの画像をクリックすると、右側のプレイビュー]ウィンドウで見ることができ、サウンドも、クリックすると試聴ができます。
e0109292_1992074.jpg

写真3
3。順番に配列する
材料の確認が終了したら、これで順番に画面を配置する順番です。材料を次の編集ウインドウに持って行くためには、お好みの具をドラッグアンドドロップするだけです。順序を変更するときも同じように、目的の場所にドラッグアンドドロップするので非常に簡単にシーケンスを編集することができます。一つのヒントより差し上げます。まず、"ストーリーボードモード"でカンマダ写真を順番に入れて、順序が終了すると、"タイムラインモード"に切り替えて音声と合わせて編集することができます。

写真の再生時間も必要に応じて調整されます。お気に入りの写真の一番端にマウスを重ねると、赤い色で両方向の矢印マークが表示されます。その状態での写真の一番端をクリックしたまま左に動かすと、時間を短縮し、右に動かすと時間が長くなります。再生ウィンドウで再生してみて、音声に合わせて、写真の長さを調節することができます。(写真3)

動画も同様にドラッグアンドドロップで目的の場所に配置することができます。必要な部分をカットしたり、一つのファイルに分けて複数の場所に入れたければ、"分割"を利用して一つのファイルをいくつかに分けるとされています。"タイムラインモード"には、必要な部分を再生するウィンドウに表示できるようにする"タイムライン"がありますが。動画のカットしたい部分にこのバーをドロップし、再生ウィンドウの右下にある[分割]ボタンを押すと、その部分で映像が二つに分かれています。この時、原材料には変わりなく、編集ウィンドウでのみ、ファイルが分割されるので、原材料は、いつでも再利用できます。このように分割されたファイルは、ドラッグアンドドロップで順序の変更や削除が可能で、編集ウィンドウ内のすべての材料はディルリトゥ(Delete)キーで削除することができます。
e0109292_19102667.jpg

写真4
4。ナレーションを録音する
ナレーションやセリフがありますが、まだ録音をしていない場合は、ムービーメーカーでも録音できます。編集ウィンドウの上部を見ると、小さなアイコンが複数ありますが、その中にマイクの形の二番目のアイコンをクリックすると新しいウィンドウが作成されます。コンピュータにマイクを接続し、オーディオトラックの空白部分に、"タイムライン"をめぐり"のナレーションの開始"ボタンを押すと録音が開始されます。録音を全部して、[ナレーションの停止"をクリックし、[ファイル名を作ってくれれば、"タイムライン"の横に、新しいオーディオファイルができたことを確認することができます。また、材料を見ながら編集をするには、メニューバーにある"アクション"ボタンを押すとされ、新たに生成されたオーディオファイルからも、"分割"して、部分部分を使用することができます。(写真4)

実際に編集するときに最も難しい部分は原因が不明なコンピュータのエラーメッセージです。エソソ作業したことをロラン飛ばさないためには、時々保存しておくことを忘れないでください。

*このコーナーで説明しているムービーメーカーは、Windows XPに含まれているバージョンです。Windows 7やVistaを使用する場合には、ムービーメーカーのインターフェースが異なります。新しいバージョンの"ウィンドウズライブムービーメーカー"は、下にあった編集ウィンドウをなくし、材料を読み込むと、そのウィンドウで、まさに"ストーリーボード"形式で編集するように変更されたんですが、ユーザーによっては長所にも、短所になる可能性もあるです。

文:ジミン
2011.09.08 Share it
by kazem2 | 2011-12-29 18:59