ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イ・ミンギ Newsen(インタビュー②)

イ・ミンギ 私の元々演技に 衝撃に失望"((インタビュー②)
e0109292_12112614.jpg




[ニュースエン文ジョヨンギョン記者/写真イジェハ記者]

イミンギは'海雲台(ヘウンデ)"、"クイック"など、いわゆる大作に出演俳優が、今回の映画を通じて、演技的には少し大きいようだと話した。しかし、一度、"不気味な恋愛"がとても目を開いて見ることができなかったということが自分たちの評価だ。"本当の私は私を見た時の衝撃もそのような衝撃がなかった。映画を見て"あなたは本当に、それで演技Snortは"というムルウムマン続けて浮上した。最初の日のマスコミ試写会終えてVIP試写会までしたが、とても大変だったよ。自分自身にとても失望して気持ちの良いふりをすることもできなかった。"

良い映画 おもしろくとっておいてすぐしおれていているとすぐにイ・ミンギの知人たちは彼の愚痴を聞きながら‘この子が少しずつ大きくて行っているようだ’として軽く叩いてくれたんだ。 イ・ミンギやはり自らの限界を自身も分からない間高くつかんでおいたのではないか振り返ってみたと。

“以前と同じだったらそのままその程度で最善を尽くしたから大丈夫こうしたが見慣れなくて見られないで私が私に対する判断を客観的にするといった方が良いようだ。 人々が上手だったとすれば上手だったようだったが今はそうでないから。 常に私に対して線を引いておくのに今回の映画を通じて私が私をこのように高くつかんでおいたようだった。 本当にしなければならないこととできるのを探した気持ちだ。 演技は恥ずかしかったが気持ちは良かった。”

イ・ミンギはインタビューずっと演技礼賛論を広げた。 この時演技はこうしたしあの時はああしたし。 機械のような演技でなくキャラクターが震えればそれが実際状況のひたすら縮む気持ち. ささいでディテールある行動は観客らの心を動かす起爆剤になった。

“演技をする時もそうしたが初めて共に寝て 門の前で簡単にキスをする場面がある。 めちゃ情緒の問題のようだがどうせするキスとしながらあえて行ってまた戻って口を合わせる。 撮影時はなぜかにせ物のようだと考えた。 なぜすばらしく見えようと重さ捕まえる虚勢がいっぱいにじみ出るようだった。(笑い)ところで映像で見るから本当に震えるようなのが本当に大丈夫だったよ。 それでも一番良い場面はやはり空港キスシーンだった。 ワハハ。”

年商(連想)年商(連想)年上の連続だ。 今回は同じ年頃と演技するかと思ったが失敗に終わった。 年下と演技をしないならば年商(連想)がそのようにチョンニャは質問が絶えることができないと思って話したところイ・ミンギは“幼い友人らと演技をするのに若干の不安だということと恐れがあるのは事実だ”と伝えた。 彼は余裕を持とうと努力するが余裕が有り得ないことであるようだとし後輩らに先輩と呼ばれるほどの資質があるのかまだよく分からないと深い内心を表わした。

“予診姉も今回の映画を共に撮影しながら私を遠慮なく弟を扱うようにしはしなかったが何時の間にか抱いたものがある。 そのような部分で私が後輩らと演技をするならば私もすることができるだろうか? という気がしたよ。 元に戻して考えてみれば前作品らの先輩らやはり全部そうしたようだ。 実際に後輩らと演技をすればまたするがまだ見聞きして習いながら私の資質をさらに育てたい。 まだそうしてもかまわないナでないか? ハハ。”

大進運を避ける訳には行かないが良い映画はどうにかうまくいくようだというイ・ミンギ.
笑って震えて軽く楽しむことができる映画を撮ったと俳優まで軽くなったことではなかった。
絶えなくて作品ができて幸せだというイ・ミンギに彼の歩みがより一層期待される。

助演頃j_rose1123@ /イ・ジェハrush@2011-12-25 10:57:22
記事情報提供および報道資料newsen@newsen.comcopyright(c)ニュースエン.
by kazem2 | 2011-12-25 12:11