ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

CINE21[チョンドゥホン]韓国式武術 通じていたよ

cine21.com
"G · Iジョー2:リテルリエイション"帰ってきたチョンドゥホン武術監督
e0109292_9542271.jpg


これまで気になった。
韓国映画界で一番忙しい人物の1人だったチョンドゥホング武術監督の話をしばらく聞くことができなかったから。オルヨルムグァ秋、彼は"G · Iジョー2:リテルリエイション"(以下、"G · Iジョー2")に'ストームシャドー'イビョンホンの"スタントダブル"に参加して、ニューオーリンズでの4ヶ月の撮影で帰ってきた。
来年夏封切り予定の2編でも、イビョンホンは、強烈なアクションシーンを披露し、天敵である"スネークアイズ"と再び真剣勝負を繰り広げる。そのようにイビョンホンの帯域を消化する中で、マーシャルアーツ(武術アクション)のコーディネーターでもあった。現場で"二"と呼ばれ、まるで初期のスタントマン時代の活力を改めて感じたし、武術監督としてのいくつかの悩みも練る時間だった。CINE21 ジュソンチョル




-すでに第1回である"G · Iジョー:戦争の序幕"(2009)にも参加しようとしていたことを知っている。

=以前からハリウッド映画の現場を体験したかった。<良い奴、悪い奴、おかしな奴>を終わらせて(この)ビョンホンが出演を悩んするのに無条件に行けとした。私が手伝ってくれるだから躊躇してくれとした。ところが、ビョンホンがが、ハリウッドでは新人の位置や他ならない見ると勝手に力を入れることができなかった。特にマネージャーなしで私一人で通わなければならないゲトだったよ。ところで私は英語もよくならず初めてだと見るとそのようにするのはちょっとバーガーだった。それで一人でガトダオとした。先に行く道をいくつかのよく拭いて置くように。(笑)

-2本時は、何か少し変わったのか?どのように参加することになったのか。

= "ステップアップ3D"(2010年)などをしていたジョン追加の監督を引き寄せる、本格的な続編の制作を開始した。続編の成功の可能性を高く見たんだ。そしてビョンホンが1編であまりにも上手に大きな信任を得てみると、自分の"スタントダブル"と私を使うという話を楽にすることができる。待遇がたくさん異なっているという。(笑)

-韓国を離れるとはどんな気持ちだったのか。

= 2つのことの心を持って行った。幸福と恐怖。どんなに小 ​​さな役でも、ハリウッドで作業してみるのが夢だったから、それを成して行く過程だと考えると幸せだったし、また、イビョンホンと一緒に行くと、誰ではないかと恐怖だった。そんな恐怖感があるからよくして出した時の幸福感はさらに大きくなった。

-一日の日課はどうだったか。

=月曜日から金曜日まで撮影するのに撮影がなければ、ずっと訓練である。通常は6時に起床して撮影準備をして7時ごろ撮影に入る。その間撮影がなければ、私は無条件スタント訓練をして、イビョンホン、このような俳優は、ダイアログのコーチと一緒にする。そうするうちに5時頃に撮影が終われば帰ってきてご飯食べて個人練習をして、11時やジャジョンチュムねぐらにつく。もちろん、徹夜の撮影もあるから午後5時頃に集合して夜を明かすこともある。いずれにしろ12時間の個人的な休憩時間には必ず与えられる。そのように一人で、ほぼフリーで通って4ヶ月の間ビョンホンが横に必ずついていた。(笑)

-与えられた役割を正確に説明するとどうか。

=イビョンホンのスタントダブルが重要であり、全体的なマーシャルアーツのコーディネート概念と考えればよい。私達は自動車ストントゥゴンワイオゴンマショルアチュゴンは、"武術監督"一つで通称されるが、ハリウッドでも分けて管理するから。私がイビョンホンの帯域を、基本的に俳優たちも、その動作を無条件に演技する。あとでどうせなら俳優の撮影分を使うが、そうでない場合、帯域量を入れる。韓国でも帯域があろうがなかろうがそのように俳優たちのアクション演技を基本的にすべてなら監督がその俳優を背負って歩くのだ。(笑)それで俳優の訓練やアクションを怠ることがないのに、イビョンホンの運動量も半端ではなかった。私が見てもボディービルダー選抜大会に出てもされている水準だった。

-実際にイビョンホンに対する現場の反応や存在感はどうだったか。

=現場の王子だったと見れば良い。かつて私は現場に楽に行くことができたのも、ビョンホンがのおかげだから1編でどれだけジャルヘトゲトナ。ハリウッドや韓国でもすべての現場でもそうだがイビョンホンには演技する時、スタッフの没入度も普通ではなかったし、モニタの周りに集まって皆見守った。ジョン秋監督がとても気に入っていた。現場の雰囲気は、韓国でもハルリオドゥドゥンも同じだよ。芸術する人々は皆同じだといいましょうか。それと共に私がハリウッドにも巨大な巨人と想像したのか、という気もした。

-先に行ってトレーニングをしてからクランクインした日の記憶が鮮明にする。

=訓練された領域はそのまま倉庫のようなデヨソ、"これ何ソウルアクションスクールがはるかにナトジャンア"そうだったが(笑)撮影装置が入って来始めてるから、本当にものすごい言っていたよ。一応ニューオーリンズの撮影スタジオが昔のネジ(NASA)のロケットを作っていた所と空間自体が相当なものだった。もうこれ以上、そこからロケットを内部作成だから、政策的に映画のセットに変えるのだ。ただの巨大な工場の一つがセットだが、その中にセットでホテルも作り、コーヒーショップも作る。だからホテルやコーヒーショップのようなものを丸ごと移動する水準だ。その中にモニターが8、9個ほどあるが、カメラがみなどこか気付かないほどだった。これがハリウッドだね、している。


-どうも2話から急に参加することになったことと、負担感が大きかったようだ。どのように自分だけの席を作ったか。

=ビョンホンがの最初の撮影が脱出するアクション場面だった。ビョンホンがが、やはり口が塞がらなくやりこなしたし、私も自分の分量を撮影したが、実際の高難度のアクション演技をすること自体が久しぶりだから"恥あわないように、本 ​​当に熱心にしなければならない"という考えだけだった。幸いなことに、撮影にもよく終わらせたアクションシーンでは表情も良く、気合も大丈夫だったのか、みんな拍手をチョジュォトダ。アジアのアクション映画は、確かに"アクションは、感情的"と刀を一度振り回しても感じが違う。そんなのを見てイビョンホンを好きだったようだ。そのたびに監督が私に笑いながらハイタッチをしてくれるのを見て、何か少しなるんだな、と思った。

-直接現場を経験してみると具体的には韓国式のアクションの演出がどのような点で強みを持っていることがあります。

=どうしても年齢があるてみると大変だった。現場でイビョンホンがが撮ってくれた私の写真を見ると、ほとんど若い年の写真だ。(笑)ストームシャドウはスネークアイズとのつく場面が多いので、スネークアイズの帯域をしたジェイコブという友達とたくさん親しくなった。マーシャルアーツに関しては、確かに私たちの韓国式の演出が強みがあるという自負心があった。そちらで格闘の合計をすべて作ってくれれば、私はリハーサルと撮影のみとなるが、時々その和を耐食に変えて再度見せてこれでされるように好きだった。助監督が恐ろしい両班だが、俺とビョンホン他人がいつも"パワフル"と"エナージェティック'という話をした。困難な残りの残りの力を引き上げ、気合を突き出すような姿が好きだった。それとともに、現場への適応もされて、スピードもつくか後には思わず相手スタントマンを入れて投げてびっくりしたりもした。目も鋭く変化するか自分の目も釘を合わせて。現場で"二"と呼ばれ、相手がガードを車道私の手の動きに痛いから"二!サルサルヘ"その一方でいたずらもしてよくやっていいた。うわさが出ながら、他のセットの撮影チームが見物に来ることもして。

-一番大変な時はいつだったか?やはり子供を考えていた。

=妻よりも子供たちが見たくて及びますよ。(笑)ソウルアクションスクールのチェックも別にしなかった。アクションスクールから連絡が来て、どのように過ごしますかと問って見たが、"自分の体に刃物が入っても痛みが分からないようだ"とした。とても緊張した状態だったから。そうするうちにも携帯電話の動画で、"パパ、すぐに"そんな時、涙が平回らない。撮影していた所が田舎や相違なく、遊びに通うのにもなく、フィットネスセンターでは運動だけを継続した。帰ってきて部屋でイビョンホンと一緒に"スーパースターK"のレポートこれでふらりと、午前1、2時にれたりした。

-リュスンワン監督とは別に連絡しないのではないか?これで、一緒に戻って"ベルリンのファイル"をすることになる。

=も拭く気分で幸せと恐怖を抱いて行っては悟ったことが多い。思わず誤り、努力を怠った部分を振り返って見て覚悟を固めた。そのような考えをしていたある日、リュスンワン監督に"私は反省たくさんした。韓国に戻って本当に熱心にするつもりだ"と、カカオトークを送った。そしたら、"三日坊主なんだろう"という答が返ってきた。(笑)だから3日ではなく、少なくとも3年は行くと言った。ハリウッドで感じたのは確かに投資家になるからセットにしている部分が多い。例えば、壁や階段を、実際の場所ではなく、セットから別の材料にすると、衝撃を少なくヌキニさらに、様々なスタントをすることができる。そのため<ベルリンファイル>への階段のシーンがあってセットで作ろうと提案し、それを行うようだ。

-4ヶ月余りのアメリカの撮影を終えて戻りながら感じたことがあるならば。

=一度のアプローチについての悩みをたくさんした。4ヶ月の間撮影しながら"配慮"という言葉を最も多く考えた。分業化が徹底できている見たら私のこだわりを捨てること、他のチームに被害を与えないことが重要だった。そうしたら私が韓国で作業しながら、私のために疲れていて苦痛を受けた人々に申し訳ないという気がした。また、そのように心が楽だから執着も捨てることになって、現場が楽しかった。これまで出て長時間作業していたビョンホンがもナドロ、"兄がそのように気さくで面白い人なのか知らなかった"そう言っていた。若い友人らとの合計を合わせて意見を交わしながら、ぱっと若くなった感じも聞いたし。さらに、私の体に愛情を与えて栄養をくれるので、体も変わっていたよ。そのように呼吸を長く練る時間だった。その呼吸を忘れてはならない。

文:ジュソンチョル 写真:ソンホンジュ 2011.12.23 Share it
by kazem2 | 2011-12-23 10:10