ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「キム・ジェドンの得得得」ソン・イェジンインタビュー

☆news.nate.com
“年取りながら誰でも痛みと欠乏があるとのことを悟りました”
e0109292_22564031.jpg

キム・ジェドン“私もやはり偏見を持っていたようです。 お言葉を本当によく、たくさんされますね。 フフフ.”ソン・イェジン“私が本来1対1対話に強いです。 話しながら声も大きくなって笑い声も途方もないでしょう。”キム・ジェドン“慶尚道(キョンサンド)女たちが本来そうします。”
カン・ユンジュン記者yaja@kyunghyang.com




“年取りながら誰でも痛みと欠乏があるとのことを悟りました”

何の話が必要だろうか。 ただ向かい合って座って眺めることができるということだけで良かった。
俳優ソン・イェジン氏(29)を出して理想だと公然と明らかにした後なされた初めての出会い.
以前理想だった俳優ソン・ユナ氏が兄嫁になった後‘彷徨’した私の心はソン・イェジン氏を通じて安定をさがすことができた。 それを置いて兄嫁は“君はポリシーもないのか”と非難したし、私の周辺では私をしばらくからかいまくった。 そのような非難や冷やかしが大きい数なのか。 愛は、理想は動くことだ。 ところが緊張と震えでさく烈するような私の心を分からないふりをしたかったのか。 彼は私に‘ファインプレー’を飛ばした。

“この前に放送見るから女優と付き合われると….”

-それがです。 私がそのように爆弾発言をすれば記者やネチズンが追跡をしなければならないということではないのですか? 問題は実体を誰も心配していないということ、その記事を書いた記者だけ非難されましたよ。 コメント見ると‘女優が及ぼしたか’ミョ….

“事実あのソン・ユナ先輩と親しいですね。 それでその家にもしばしば遊びに行きます。 そして今とっている<タワー>という映画でソル・キョング先輩と共に出演します。”

-、苛立って。 いったいキョングは私の人生の障害物です。 前イ・サンヒョンとは結婚して、現イ・サンヒョンとは映画を作って。 いや、前世に国を救ったようです。 そのまま本論に入ります。 どうですか? <不気味な恋愛>は興行うまくいって良いでしょう?

“幸いそうします。 事実大いに心配しましたよ。 封切りを控えて責任感がこんなにまで大きかったことは初めてです。 演技を最初に始める時はそのまま熱心に、与えられたことだけ最善を尽くせば良いと考えたが、今度は10年ぶりに初めて私が導いて行かなければならないという責任感が強かったです。 それ以前までは相手俳優も私よりはるかに高齢な先輩らだったが今度は初めて後輩(イ・ミンギ)のせましたよ。 映画だというのが結果的に人々にまともに評価されることができなければその険難で美しかった過程も評価されることができなくてそのまま埋められてしまいますね。 責任感、負担感のために封切り一月前から私寝られなくなっていましたよ。”

-睡眠寝られないと解決されるのはないのに自らを困らせることになる場合が多いです。 私も<トークコンサート>をしていると公演始める時その負担感と恐れが本当に恐ろしかったんですよ。

“結局は極度に積もったストレスが封切りする直前に自暴自棄状態で作ります。 それと共にかえって気が楽になります。 幸い封切りした後うわさが少しずつ出ながらかえって観客が増えました。 そのような経験初めてであったのに気持ち良くて満足だったんですよ。 映画見れば分かるだろうがその作品はホラー、ロマンチック コメディなどが混ざり合ったこととあれこれしなければならないことが多かったです。 場面一つ一つがみな心配になりましたよ。”

-告白しようとするなら、私がまだ映画を見ていませんでした。

“映画を見なかったとすれば話にならないでしょうね。 一緒に行ってみましょうか? 手を握って?”

-嫌いです。 前拒絶しますよ。

“多分映画終われば私が見たいでしょう。 ハハハ。 ああ、そうだ。 故郷が霊泉(ヨンチョン)でしょう?
前大邱(テグ)です。”

-分かります。 今は‘罪下’があって私がびりっと声できないが、次にまた会えば死んだよ! 大邱(テグ)後輩!

ソン・イェジン氏は初めから私を聞いて置いてした。 インタビューしに行きながらその俳優が出演した映画もまともに見て行けなかった、基本もならないインタビュアーという罪悪感のために口が10ケでも話す言葉がない状況だった。

-以前にヒョン・ジョンイ姉(コ・ヒョンジョン)の インタビューする時は私が酒をたくさん飲んだ後に破ってだったんですよ。 精神が素早く不明瞭な時だったが、今日はマン精神にしようとすればまったく…. 酒はたくさんしますか?

“たくさん増えました。 初めには一杯も食べられなかったが。”

-この前にSBS <ランニングマン>に出てこられたのではないですか。 その時担当PDが私に自慢をしますよ。 それと共に私にはトヒョンが兄と共に出てこいと。 私がちょうど癇癪を起こしました。 イェジン氏出てくる時呼ぶべきで、なぜトヒョンが兄と一緒に呼ぶかと。 その時頭にきて午後1時から翌日明け方5時まで酒を飲んだのではないですか。

“とても多く食べられるのではないの?”

-集に一人でいるならば酒も飲むことになって….

“人々は誰でも孤独でしょう。 ところで静かに見れば一人で暮らす女より男がさらに哀れなようです。”

-深刻な段階にきたかと思ったのが、哀れだという話を聞けば今はかっとされます。 怒りも起きなくて、ないとの話にもならなくて。

“エイ、明確にガールフレンドいつも余地が充分だが目が過度に高いようです。 そうではないならば私たちが一般的に知っていて、見えることより性格がたくさん変なこといいえ? ハハ、冗談だよ。 重要なことはまだガールフレンドが切実に必要でないようです。”

-切実でないというより怖くなります。

“なぜですか? 性格見つけられるかと思う?”

-どのようにご存知でしたか? あの性格完全‘何’同じです。

“良い意味で難しくて鋭敏だと思いますが。 内心考えは多くても相手をみな受け入れられるでしょう。
私はとても鋭敏だったがそれなりにちょっと良くなる方です。”

-どのようにすれば良くなることができるでしょう?

“こちら(芸能界)生活をたくさんするならば誤解を受けることが多いでしょう。 女たちは特にさらにそうで。
その前に傷をたくさん受けたようです。 誤解もたくさん受けたし。 そのようなあんな傷と気に障るということが積もりながらも真心はいつか通じることと考えたが通じないで…. そのまま積もりながら流れましたよ。 結局他の人々がどのようにしてくれることを願って悩まずに、自らを気楽に放っておくことが解決策になるようです。”

-自らを困らせるスタイルなのですか?

“本当に激しいです。 私が不幸でこそ幸せだったかのように。 少しの間もじっとしていることができなかったんですよ。 欠乏、罪の意識、劣等感に捕われては….”

-常にきれいで明るくてイェリコ幸せに見えるのに….

“俳優、特に女優は自身のイメージを包装して作らなければならないでしょう。 常に光らなければならなくて、誰にでも肯定的な力を集中しなければならないでしょう。 悲しく見えたり情けないく見えればちょっとそうでしょう。 みな作られたイメージながらもそのような姿を見せるほかはないのが現実ですから。 放送に出てきて私の個人的な話をつまらなくすべてすることもできないよ。 そして私がその間受け持ってきた役割は主にヨリショリタン主人公であったのに、大衆はキャラクターの中の私を実際私と考える場合が多いでしょう。”

-事実その間は役割がしばった側面もあるでしょう。

“そうです。 それでなぜ痛い役割、死ぬ役割、美しい役割だけするかとの質問をたくさん受けました。 そんなことだけわざわざ選ぶ俳優、美しくて格好よいことだけしようとする習えと考えられたことのようです。 ところで特別に意図したのではなくて毎度最善を尽くしてできる選択をしたことです。 おもしろいのは、最近何年間がんじょうで笑わせる役割をほどほどにしたのではないですか。 すると今度は変身を試みるとたくさん話されましたよ。 とにかく私も少しずつ年を取って時間が過ぎながら思い付く考えは、人々は表面に見えることと違い誰でもどんな欠乏と痛みがあるということです。”

-それで人の胸中には365角形の心があるでしょう。

“全(前)幼い時から考えがとても多かったです。 誰が何の話をしたりどんなことを体験した後に、夜に寝るだろうに横になっては‘私がなぜその状況でこのように話せなかったんだよね’、こうしながら夜を明かしますよ。 また、そのような心を見つけられるのがとても嫌いでした。 それでも私の心を他人に下ろすこともできなくて。 なぜかは分からないがちょっとそうします。”

-さっき良くなったといったがどんな契機があったんですか?

“意図的に練習をたくさんしました。 言葉で声を出して。 ‘私はみな忘れた’ ‘思い出せなくて’. こうしながらずっと自らに話しかけます。 それがちょっと効果がありましたよ。 それと共に睡眠も持って忘れることになって。 また、私の心を開こうと努力しましたよ。 その上周辺に良い方々、また、縁を作ることができる良い作品らに会うことになったのも複合的に作用しましたし。 以前には人で人が治ることができるとのことを信じなかったが今は人々が大切だということを感じますね。 人々と近づくことが恐ろしかったし、そのために芸能界と関連した方々中では親しい人がなかったです。”

-今まで相手俳優で共に演技した方々が誰でしょう?

“チェ・ミンシク、キム・ミョンミン、チャ・テヒョン、キム・ジュヒョク、チョン・ウソン、ペ・ヨンジュン、ソン・イルグク先輩…. そして今映画ではソル・キョング先輩….”

-、キョングの話はやめてよ。 それでは以前映画と今とる<タワー>は大河は心や現場で持つ感じがちょっと違ったのですか?

“このようにおもしろい現場は初めてです。 撮影終わって酒の席を持つが、よっぽどでなければ家に行くのが嫌いなほどですからね. 俳優がたくさん出るから私も少ししか出てこないです。 今まではみな私が中心になる映画だけとって見たら初めには適応をできなかったが、とって見たらこのように気楽で幸せに映画を撮ってもかまわないかという気がするほどです。 何か私中に変化が始まる時期に作品もぴったりなのを会ったようです。”

芸能人として私がたくさん受ける質問は“芸能人になればどうなのですか?”とすることだ。 その時ごとに私の口でぷつんと飛び出してくる言葉は鵲豆上に立っている巫女のようだということだ。 賎民で待遇を受けるがシーンとチョプシナはその瞬間はすべての両班(ヤンバン)がその前に頭を下げる。 誰も接近できないその時間を全て支配するが代わりに全て責任を負わなければならない。 ややもすると狂いが生じて足でも切られる瞬間は完全に投げ出されてしまう。 その瞬間、出血した足を握りしめている時タオルで私の足を閉じてくれる人一つだけあるならば芸能人として良く暮らしてきたという考えをしてみたことが多い。

“いつも薄氷板の上を歩くんです。 女性芸能人は加えてよ。 この頃はそのような考えになります。 私がいつまでも主人公であるはずがないでしょう。 いつかは私も私の後輩らに席を渡して叔母、ママ役割をすることになるでしょう。 この前にイ・ミスク先輩とトークショーしたのではないですか。 全(前)その先輩の姿を見ながら感心して感動受けました。 そんなに生きたいが、私はそのようにできないと思うという考えになりました。”

-そのような悩みと変化過程を通じて‘美しい芸能人ソン・イェジン’で‘俳優ソン・イェジン’へ渡るのではないでしょうか。

“そうです。 俳優. 今までそれを追求してきたし今後もずっと俳優として人生を生きていきたいです。 火が消えて映画が始まる直前のそのぴりっとする。 緊張感と集中でぎっしり埋まったその瞬間の感じを本当に愛します。”

-その瞬間には観客らもやはり震えるそうです。 金を出して入ってきたから、自身の選択が正しかっただろうかと思うんです。 ハハ。

“今日尋ねるから演技しても上手にすると思うという気がします。”

-そうですか? 事実以前に単幕劇提案がきたことがあります。 チジランどんな告示準備生が女に蹴られます。 そしてきつく勉強して告示について検査になります。

“マア、それで?”

どうなったのだろうか? 結論は‘それでも女が帰ってこない’であった。 ‘美しい俳優ソン・イェジン’は“ウハハ、反転ですが”として手をたたいて笑った。 私もしたがってぽかんと笑った。 このようにまた、ある太陽が沈む。 それでも‘美しい後輩ソン・イェジン’の電話番号を取りまとめたのでフフ、期待しなさい。
ソン・イェジン・キム・ジェドン主演コミックメローホラー物. 封切り切迫.

<パク・ギョンウン記者king@kyunghyang.com>京郷新聞‘今日のホットニュース’

京郷新聞原文記事転送2011-12-22 20:51最終修正2011-12-22 21:40
by kazem2 | 2011-12-22 23:12