ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

撮影監督が賞賛した2000年代最高のアクションシーン10

☆movieweek.co.kr
[最高のアクション③]"のアクションの快感をそのまま"
e0109292_19144859.jpg

               [反則王]死力格闘アクション 2000





○... [チャクペ]ウンダンジョンオールアクション
2006 |監督リュスンワン|撮影キムヨンチョル|出演リュスンワンチョンドゥホンイボムス

この場面だけに空間活用が目立つアクションも珍しい。ウンダンジョンアクションは、二人のチャクペエゲ集まる"ゲテ"たちとの戦いだ。この時、カメラは入り口の広いスペースにびっしりと人物を追い詰めて、彼らが振り回す棒や刀、体の大きな動きをキャッチし、"規模"を示しています。後には最高の関門へと向かうゲームのキャラクターのように畳の部屋、本館に向かって前進している人物たちの状況を最大限に生かす。畳の部屋では、外側から内側まで、狭い空間の奥行き感を活用し、節制された動きの剣のアクションを見せてくれるといった具合だ。区間に分けて段階的にジョムチュン的なアクションをお目見えするという点で、武侠映画に捧げられる鮮やかなオマージュのように見えたりもする。イウンソン記者

◇"非常に果敢に吹きつける、インパクトの強いアクションシーンだ。視覚的に痛快な刺激を与えるぴりっとするということが目を引いた。きらびやかなカメラワークが視覚的にカタルシスを与えるのアクション場面だ。最も理想とする韓国アクション映画の一場面だ。"ガンスンギ撮影 ​​監督
◇"リュスンワン監督特有の匂いが感じられるシーンである。アクションシーンを見ながら没頭するというのが容易ではないが、この映画の最後のウンダンジョン神は非の打ちどころがなく、完璧だ。 チョンジョンフン撮影監督

○... [反則王]死力格闘アクション 2000 |監督キムジウン|撮影ホンギョンピョ|
出演ソンガンホ、チャンジニョンパクサンミョン

小心な銀行員大(ソン・ガンホ)とプロレスラーのユビホ(キムスロ)の死活をかけた最後の試合のシーン。大が後ろにジャンプしてリングに登場するスローモーションからの視線を捕らえる。そして、アクションは壮絶さの最後までチダトヌン ​​ダ。'反則王'マスクが破れ、血が流れるまでのアクションは止まらない。五大湖の感情に焦点を合わせるときは、クローズアップ、レスリングの技術を入れるときは、プルショトウル使用して、感情線とアクションのリズムを見事に見せてくれた。国内初の格闘アクションの災いの種を見せてくれたこのシーンは、後日、四角リング上のアクションを盛り込んだ"チャンピオン"(2002年)"拳が泣く"(2005)などにも影響を与えた。張記者
◇"小心な銀行員大と最高のレスラーユビ号との最後の血みどろの戦いのシーン。競技場面の迫力やドラマを、高速撮影と携帯を利用してアクションの快感をそのまま提供した名場面だ。"イヅマン撮影監督

○... [高地戦]エロク古坂アクション 2011 |監督張勳|撮影ギムオヒョン|出演シンハギュンコス
e0109292_1916369.jpg

"エロク高地"は、韓国戦争最大の激戦地。国軍と北韓軍は、数ヶ月目にエロク高地を奪い奪われる戦いを続けている。飛んでくる弾を避け、戦友の死体が多かったように埋め込 ​​まれた坂を何度も再上がらなければしている兵士たちの壮絶な心情。カメラは、血弾く戦闘が繰り広げられるエロク高地の風景を横で眺める。以内にあらわれるエロク高地の急な傾斜。その瞬間、映画は観客を阿鼻叫喚の戦闘が行われているエロク高地に連れて行く。その場面で、観客は、血を流して体を踏んでかろうじて坂を登る兵士たちの苦痛と恐怖を一緒に感じた。ジャンソンラン記者
◇"既存の戦争アクションシーンが戦闘を見守ることにするような感じだったら、この場面は、観客が登場人物たちと一緒に丘を登りながら戦うような感じを与えた。新しい体験だった。"チョンジョンフン撮影監督
◇"カメラワーク自体は、とても創造的である。見てびっくりした。兵士たちが高地に上る感じを創造的なカメラワークでキャプチャされるショトイオトヌン ​​デ、リアルだけではなく、非常に独創的だった。カメラが、戦争シーンで横にコクイミョンソ上がるのは初めて見た。"叔母ヶ撮影監督

○... [良いやつ悪いやつ変なやつ]ダイナミック空中アクション 2008 |監督キムジウン|
撮影イモゲ|出演ソンガンホ、イビョンホンチョンウソン
e0109292_19172422.jpg

満州砂漠の真ん中に泥棒が集まっているグィシジャン。ここでは良い奴(チョン・ウソン)、悪い奴(イ・ビョンホン)、変な奴(ソン・ガンホ)が集まった。良い奴の行に乗って飛び回り、悪い奴は銃と刀を持ってもいい奴を追撃する。変な奴も建物の合間合間に転がって、走り回っていろいろ被害通う。いろいろな種類の風物の間で、屋上や床などのスペースを立体的に活用したアクションがかなり良い楽しさを抱かれる。カット数も多く、終始途方もない速度でスライドさせて付ける。"リズム感のある娯楽映画"を作成し、シプダドンキムジウン監督の叫びが最も如実に表れる場面である。張記者
◇"アナログ的な方法で空間をうまく活用した。三つのキャラクターがよく生きていてジェットコースターに乗ったかのように見てずっと楽しくなった。"我が国でもこれだけのアクションとビジュアルを作成できるんだな"という気がした。"キム・ヨンホ撮影監督
◇"無国籍の満州空間での長いライフル銃を発射して走るチョンウソンの姿を完璧に表わした。大きなスケール感と一緒にチョンウソンの存在感が引き立って見えた。"オ・ヒョンジェ撮影監督 ★


すべてが新しくなった<ムービーウイーク>に会ってください!★

2011-12-19 movieweek
by kazem2 | 2011-12-22 19:27 | kim jee woon