ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

CINE21[映画の読み取り]幻想を破る無礼さに アーメン!

☆cine21.com
キム・ギドクの"アリラン""アーメン"を介して到達偶然悟について
e0109292_1844245.jpg




キム・ギドクの映画を初めて会った時の生物学的な不快感を忘れることができない。
それは、その後の彼の作品を見るたびに蘇って出たし私は理性の力でそれを押すために努力し(これは現在の型である)。<島>を見てから私は"目と耳の人がパクように聞いたが、理解しているふりしかできなかった"去勢恐怖"を女性的に再現するとすぐにそれなのか?"としばらく考えていた。
10年前の"悪い男"を釜山(プサン)で初めて見て一晩中非難していた私は、数日後、友人が投げた一言のために、すべての批判を留保した。古くなって文章自体は忘れてしまったが、要旨は"我が国の映画で、キムギドクの映画に出てくる人物たちの世界を代弁した人々がいて?"だったようだ。彼は韓国映画で一度も自分の世界を見せることが、"できなかった"の階層の人物を画面に呼びたちであり、彼らの欲望を乱暴に形象化し​​た。その人物は、文化的"象徴資本"を持って見られなかった監督の欲望を投射しており、洗練されていない化法は、他の方式の真正性を切望していた。

彼が催す不快感の源を探して
私は分割され始めた。私の不快感は、"洗練された文化"に対する強迫から始まったのではないだろうか?女性の肉体に加えられる暴力と暴力的な性(性)の城(圣)な変形プロセスを象徴的な次元で理解する必要があるのだろうか?社会的にも、弱者であり、映画という媒体の中でまともに声出すのをあまり見たことのない女性としての'私'と現金資本はないが、制度圏の教育の中で学ぶほど、学んだの象徴資本をヌリョトダゴすることができる"私"が無限分裂した。鏡で鏡を映し出すかのように両方の質問には、お互いを逆に反射して延々と繰り返された。両方の質問を簡単に要約すると、"彼が女性を扱う方法が暴力的なのか?"と"私が彼の映画を見る視線が暴力的なのか?"だった。この時、"私"という主体の席には金基徳の言語と映像に対する拒否感を率直に表現することができた知識体系/文化権力の系列体に対する、その版を思うままに権力は全くないにもかかわらず、まだそれらと共謀しており、制度の中に入ろうとした主体としての下品な罪の意識が反映されているといえる。

"野生動物保護区"に留まるようだったキム・ギトクは、ヨーロッパを経由して韓国の"芸術映画のメインストリーム"となった。この形容矛盾のような在り方は、映画の中で芸術の印章を撮ってくれる最高の権威をもつ"ヨーロッパ"の地域性と歴史性と、国内の一般の観客と映画産業の外面に結合されながら作られたのだ。
そのため<アリラン>で、監督は明らかに、ヨーロッパの映画人たちに向かって発話し、彼らのために廃人生活や生と死についての省察の時間をたたんで監督に帰らなければならないと力説する。彼が韓国に怒っているのは資本に関するものであり傷心の彼をウィムハルことができるのは、ヨーロッパの象徴資本である(これに関しては<シネ21> 832号キム・ヨンジンの記事で詳細に論じている)。自分を"作家"と呼称してくれたヨーロッパの映画祭を想起し恍惚の境地に浸り、自分にドゥンドルリョトドン韓国の監督と製作者を罵倒し、今では絶対に復帰することができない"野生人"キム・ギドクを再プレーして演技する。

<アリラン>でキム・キドクはジグトジグトハルだけに、"アリラン"を歌う。映画を作ることができない客観的な状況と精神的枯渇を"一"とリンクさせ、これを即座に"アリラン"に置換して、この単純な公式は、キム・ギドクの映画の典型的話法だ。これらの典型性が自国では"シンプルさ"に、海外では"チョウォルソン"と解釈されていたのではないか?キム・ギドクの映画の言語は、"翻訳"の最大の受益者といえる。ある言語から別の言語に翻訳されたときに生成される距離感のある文化から別の文化に翻訳されたとき生産することができる神秘感が彼の映画をヨーロッパで流通させた文化資本を形成するのに非常に寄与したのだろう。
<アリラン>の"アリラン"は、奇妙なことに、彼が自国の映画を作ることがないように作ったのにイルジョハン韓国の観客としての罪の意識を"証してくれる"。キム・キドクは、"アリラン"を通じて、"韓国的なもの"を消費している監督キム・ギドクを前面に前に出したが、文化商品の内包バイヤーは、韓国の観客がないからだ。そのような点キムギバンドクシクビデオ誌"アリラン"は、分裂した鑑賞体験に奇妙な免罪符を与える作品だ。

<アリラン>を経て、"アーメン"を見た後、私はビョンソンチャン評論家の安心感をある程度理解することはできたが、"和解の身振りや未来への約束"を読むのには同意できなかった。映画の中の女性は、フランスとイタリアをヘメミョ"イミョンス"を探してガスマスクをかぶった男に強姦されて中絶をしようとしたが、彼の言葉に説得当該放棄する。彼女を説得したガスマスク男の懇願は、女性の立場で読むと鳥肌及ぼす。"この世に私の赤ちゃんが出るようにしてください。私のために。" このように非常に男性中心主義的な強要があ​​るか?それは、"警察に自首して罰を受けるよ"という司法上の次元の報復と"あなたを愛しています"という感情的な次元の呼びかけで拡散されていないことにも、この映画は"許し"と"救い"というキリスト教的なシンボルと彼女が探していた"イミョンス"は、最終的にガスマスク、社内の別の名前を指定することができるという仏教的な悟りを接合することで縫合してしまう。

ビョンソンチャンは、彼女が自由に移動しているという事実のために、この映画が"悪い男"から脱したと言ったが、彼女は本当に自由だったか。
彼女を動かす最初の動因は、"イミョンス"の跡であり、彼女からの移動の自由を奪ったり、またプレゼントするのはガスマスクサネダ。彼女は自身も知らないうちにガスマスク男に監視されており、どこかに移動するには、(明らかに、元彼のものだった)靴から乗車料金まで赤線を受けなければならない。それでも彼女の歩みは、本当に自由なの?すべての事件は彼女の肉体で起きたにも彼女は自分の肉体に一度も自己決定権を持ったことがない。彼女は薬に酔って強姦の瞬間を覚えてすらできず、自分のお金と品物をゆっくり回して受けて、"飼育"されて中絶を決心した瞬間、再び拉致されて説得されながら強姦犯を捕まえても、彼を告発することができない。そして、警察署の前でガスマスク男の"イミョンス"と呼称することで、犯罪自体を霧化してしまう。これにより、ガスマスクの男が罰を受けるとしてもで受けるとしても、それは女性の選択ではなく、完全に社内の選択に残ることになる。

"アーメン"が真の悟りを与える瞬間は...
強姦犯の子供を産む女性の実際のメントルリチヌン両方のではないか?一つは、精神的パニック状態で、人工中絶についての選択権を持つことができなかった場合、もう1つは、犯人の子供が、私の子供だというギョルダンイルだ。ところが、映画の中のガスマスク男は、"私の子供"を"私のために"産んでくれと頼む。そして、かわいい赤ん坊のソックスを、彼女のバッグに押し込む。彼女が二番目の病院に行った時に自発的になったのは彼の言葉を理解してだろうか。この部分があいまいということは、ガスマスク男の手紙が吹くとされているからだ。彼はなぜ韓国女性に仏語で手紙をソトウルカ?これは、"アリラン"と同じように"アーメン"は、手話者としている象徴、世界の国籍を明らかにした。同時に、映画の中の韓国人女性との明瞭な意思疎通を妨害する。吹くどころか、英語すらたどるん浮かんだ彼女が彼の手紙を理解したのだろうか?彼女はむしろ手紙の内容を認識していないので、子供を産むと決心したのではないだろうか?結局、それは重要でない。その手紙の受取人は、肉体の主人である女性ではなく、彼女の肉体を経由して到達しなければならない、ヨーロッパ(パリ、ベニス、アビニョン)ですので。

"アーメン"が真の悟りを与える瞬間は、女性が現実的な法の体系を超えた地点も、強者と弱者のルールムファハン点も、自分の行路を左右していたイミョンスから脱して他のイミョンスを呼称し始めた点でもない。彼女が大聖堂に入ってミサを盗み見する瞬間だ。彼女は、マリアの生きている顕現であることを、彼女の体に起こった暴力が赦しと救いの象徴に転移されている奇跡を強弁するために選択が単純化法は、意図しない効果を生み出す。彼女は、マリア像を眺める瞬間、彼女に加えられた暴力の順応過程とマリアの体を借りてこの世に生まれた赤ちゃんのイエスキリストの奇跡がオーバーラップされ、そのすべてが、最終的に強姦の痕跡を消去するために用意された神話ではないかという疑いが押し寄せからだ。これらすべてのことを象徴的に理解しようとするその強い自体が、最終的に誤った文化体系の中で始まったものではなかったのか会議することになる。あ!"空に栄光、地に祝福"に満ちた幼児キリストの誕生日がある今月は、このように不敬な解釈をプレゼントされた、そしてそれが傾いている文化への幻想から解放してくださった"アーメン"の偶然の悟りに"アーメン"。


文:キムチミ 2011.12.22 Share it
by kazem2 | 2011-12-22 18:52