ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

イミンギ "不気味な恋愛" [インタビュー]

osen.com
"切ない恋愛してこなかった"
e0109292_12595414.jpg

                    可愛いミンギ! う~んハンサム❤



[OSEN=チェ・ナヨン記者]
底力発揮中である映画'不気味な恋愛'のイ・ミンギはこの作品を通じてまた一度忠武路(チュンムロ)が注目する20代男俳優中1人であることを立証した。 初めから愛ではなかったがいつのまにか独特の彼女に陥ってしっとりとした目で愛を渇望した男. 映画の中マ釣鉤はイ・ミンギとどれくらい似ていているだろうか?
彼は"切なる恋愛をして見た記憶がない"として今回の映画を通じて本当に恋愛をしたような感じだと話した。 また'年上の女が愛する俳優'という(のは)修飾語には"実際には兄たちが好んだのに"と話して笑ってみせることも。

-実際恋愛スタイルはどうなのか?

▲映画の中 釣鉤は私にはくすぐったい男だ。 可愛くて見慣れない感じだ。 実際恋愛で話しそうだったから、もちろん良い出会いを持ったことはあるのに本当に‘恋愛’のように苦しがって戦ってそうしながらもまた好んで理解して配慮して歪んで傷ついてそのような切なる愛はしたことがないようだ。 好んでこういう時間に戦うことならばなぜマンナナという考えに止めたことが多い。

-実際恋愛をしているという考えになったのに?

▲違う。 率直に生きてきながら真剣に恋愛して見たことがないようだ。 特に映画を撮る時はわき腹が冷えない。 映画では他の女見たがって話して愛するが、他の現実にガールフレンドがあり、そのガールフレンドに映画を見せると考えれば変だ。 映画‘インセプション’同じでないだろうか。 そうしてみたことがなくてよく分からない。 本当に作品する時はガールフレンドと付き合いたいという考えが入らない。

-ロマンチックコメディ物に出演した理由は? 本人好みではないような感じだ。

▲合う。 うじゃうじゃとうごめく感じを嫌う。 本来内指向はくすぐったいのを好きではないのに少なくとも''不気味な恋愛はくすぐったい場面がなかった。 ロマンチックコメディが明らかなこともあるが'不気味な恋愛'はホラーというジャンルが混ざってとても明らかなジャンルなのによく作れば才気溌剌な作品になるという気がした。 また、出演を決心した理由はロマンチックコメディは20代に一度やれるジャンルという(のは)気がするからだ。 20代と30代にできる演技が違うと考える。
ソン・イェジンが下記で確定しているという声を聞いたし しない理由がなかった。 イェジン姉は映画'妻が結婚した'を見て完全にファン(パン)になった。 今回のロマンチックコメディをしながらたくさん習ったようだ。 ソン・イェジン姉と本当に恋愛したようなそのような気がしたよ。 前に女性の方会えば上手にするようだ。

-ロマンチックコメディの中自身の姿を見る感じはどうなのか?

▲映画が終わりに二人の主人公の空港キスシーンで仕上げされるのではないか。 そのまま暖かい一つをよく見たという幸せな感じる。 ‘ア ロマンチックコメディ見たんだな’、‘二人うまくいって良い’という(のは)暖かい感じが良かった。 映画の中二人の主人公らに少し嫉妬も出て.. ああしたこと(愛)としたいという考えになったよ。

-演技に対して惜しい部分はなかったか?

▲個人的に私の演技に対しては5%さらに上手であるべきだとの気がした。 私が考えた線に比べてさらに努力しなければならないと考えた。

-年上の女が好む俳優にも指折り数えられる。

▲偶然に今まで作品らでみな年上の女と演技することはした。 今まで相手俳優がみな姉であった。 だが、実生活では年上の女らに人気があったとかすることは全く感じられない。 かえって兄たちが好んだのに。

-映画の中影と見られるソン・イェジンとの‘テント キス’にも話題を集めた。 映画報道資料によれば実際しはしなくて影をよく利用したことだといっていたが?

▲違ったが、出た一傑と記憶するのにハハ。 もちろん私の記憶が誤ったことをこともある。 だが、実際にしなくてそのような場面が出てこれるか..出た本当したようなんだけど。

-ソン・イェジンはどんな俳優か?

▲習う漸移本当に多い、今回会えて前に私の演技人生にだいぶ大きい影響を及ぼす人だ。 演技に対して‘アこういう考えもできるんだね、こんなにもできるんだね’という(のは)考えるようにした俳優だ。 撮影する時は‘ヨンヒ氏’(劇中ソン・イェジン配役)と呼んだし、映画を終わらせてしまってから姉といった。 しばらく先輩なのに私が‘撮影する時はヨンヒ氏と呼ぶ’というとしたところ快く良いといったよ。

-理想があるか?

▲理想はない。 人が無限だがどのように一つの理想を持てるか。 映画‘妻が結婚した’を報告書はソン・イェジン氏がとても良かったし、映画‘その年夏’でのスエ氏、ドラマ‘コーヒープリンス1号店’ではユン・ウネ氏がとても魅力的だった。 とてもぴったり一つであるように完ぺきで、理想は、こういうものはないようだ。

-俳優として本人が持った長所や魅力は何か?

▲虚勢としなければならないか、上包みやうわべ(殻)そんなことをかぶせないとする姿だと考える。 最大限私をありのまま見せてあげたいこと。 そんなことが今までの長所だったようだ。 もちろんこういう率直な姿を短所だと見る人もいる。 どんな役割を受け持って演技すれば私が感じられるだけに演技する。 ちょうど演技を作ってというタイプでない。 作ってすれば罪悪感が入る。 映画'海雲台(ヘウンデ)'以後から成長したという話をちょっと聞くが、実際にその後演技に対する考えと幅がもう少し広くなった。 もう少し適切に柔軟に演技できる俳優にならなければならないと考える。

nyc@osen.co.kr<写真>パク・ジュニョン記者/soul1014@osen.co.kr

OSEN 原文 記事送信2011-12-22 11:17 最終修正2011-12-22 11:19

映画‘その年夏’でのスエ氏は良かった^^
by kazem2 | 2011-12-22 13:19