ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

イミンギ"不気味な恋愛" 忠武路の注目俳優

e0109292_1842320.jpg










イミンギのフィルモグラフィーには無関心なように豪華である。
モデルとして活動して演技者に変身、"タルジャの春'、'ごまかして興信所'など多数のドラマを通じて、テレビ劇場で盛んに活動思うよ、いつの間にかスクリーンに住まいを移してきた。"浮気日和"、"ロマンチックアイランド"、 "おいしいマン"など、多様なカラーの作品を経た彼は、1千万観客動員をして興行した"海雲台"に続き、'10億'、'クイック"など、シーンスリラーで休みなしに飛び込んだ。
毎作品ごとに印象的な演技で俳優飢饉に陥った忠武路の注目を一身に受けている。
最近作"不気味な恋愛"も、単純なロマンチックコメディーではなく、ホラーが加味されたロマンス物という点で平凡でない。シナリオが良くて選択したという彼の"接触"は、間違いなくそのとおりになった。
過去のインタビューで"鬼の話を聞けば家に帰ってシャワーも怖い"と言ったイミンギだったし、これまでロコジャンルは"引き付けていないためでした"と言った彼だったが"ポンハジため、新鮮だった"という"不気味な恋愛"は違った。今年の冬最高のロマンチックコメディ期待作に選ばれてきた"不気味な恋愛"は期待作のレベルを越えて大ヒットロコ班列に上がった。
封切り3週目まで興行の勢いが続いているうえ、200万人の観客集めに成功して常勝疾走している。
ビシルハン(?)イミンギに意外によくされると、ホラーキングがされていることだろうノンウルを掛けると、"ものすごい作品ならしますよ"とにっこり笑う。"不気味な恋愛"を選択したのと同じ脈絡だそうだ。
"不気味な恋愛"で、ヨリ(ソンイェジン)とジョグ(イミンギ)の間に恋愛の障害となる要因は、まさに鬼である。鬼の反対(?)により、ややもすると別れる危機にまで置かれたビシルハンカンド、震え打たれる寂しさも心の前では理由にならなかった。劇中の凄まじい反対も乗り越えていたカンウイ男イミンギ。実際に住みながら反対にぶつかってできなかったのがいるだろうか?"そうですね。特にないようです。何とか私がやりたいことはしたほうだったし、何かをするとし、反対にぶつかったことも特になかったようです。" 学生時代のモデルになりたい決心した時も、高校の担任の先生は、普通の道をガラミョ引き止めたが、イミンギの意地をコクジンことができなかった。"モデルの仕事をして食べて暮らすのかと言われましたが、他の距離と、私が食べて生きるよ。勉強はしている人だけとされているのだから、やりたい仕事がしたい言って上げたら理解してくれるんです" そのようにモデルとして活動していたイミンギは演技者というもう一つの一生となるアップを選んだ。
端役、助演を経ていつの間にか忠武路がよだれを流す主演俳優になった。厳しいように反抗的なようで、平凡でたまには可愛いイメージで女心を魅せられる彼は、どのように忠武路の愛を受ける俳優になったのだろうか。
"うーん... そんな気がします。何か隙があって見えて粗末に見えるので、あの子は元々そんなような感じをウリに見てくれるようだか。その土台にある私のマインドがグレトゴんですよ。どの程度本物でなければダメだというのがあったし。感じられるのがでなければダメだよ。発声をわざわざ作って、あえてクールな表情で。そのようなものではなく、ピクサリガ出ても、感情的にする必要があり。基本的な枠組みが感じられるだけに見せようという気が長所になったようだが、また一方ではそれを欠点と思っている方もきっといらっしゃるんですよ。あの子はなぜ演技もできないのようだがなぜずっとキャスティングされて?このような方々もいらっしゃるでしょうか。そのような点ずっと考えを広げて行っているが、"海雲台(ヘウンデ)"以後、ジャンル的な映画をみながら、ある程度柔軟に動くことができる境界には、必要なんだなという気がするんですよ。その映画が必要とする、その役割の演技。この映画では、このキャラクターで見せなければならない様子。自分のこだわりだけでは限界があるような気がして。少しずつ変わって行くんですよ" 彼の答えは率直だったし、分析的であり、結果的に明快だった。劇中の呼吸が高いほど、相手の女優との熱愛説は避けられない宿命でもある。
特に、"海雲台"に続き、"クイック"で呼吸を合わせたガンイェウォングァヌン無数のスキャンダルに包まれたりした。あえて誰かとの関係について、"解明"よりも、これに対するイミンギの考えが気になった。"演技する時は、毎回そのようなことのようです。どう ​​しても相手の長所を見るようになるからです。
幼かった時は、"告白しなければならないか?" という思いをしたこともあるのに、周りから"作品が終わってまた見てみろ"というお話をしてくれるんですよ。それが合うんだなと思いました。
毎作品をする時は相手俳優との呼吸がよく合って良いが、役割としては良いものと、女としていいのは、他の部分です。" 人気が多ければ多いほど、"群衆の中の孤独"を実感するようにされのか尋ねると、うなずくイミンギ。しかし、"今は仕事が先だ見たら私の心も半端なようだ"と率直に打ち明けた。"今、私だけでも大変だが、誰かに会って、より困難になるよりは、今が良いです。みたいなことする人はだめに会ってはならないする所信もあって。このまま結婚できないハヌンゴンではないかという気もしますが(笑)、人は常に変わるのだから" そのような意味でソンイェジンとの呼吸について尋ねると、すばらしい回答が帰ってきた。
"ソンイェジン先輩に会って感じたのも、横から見たものも多いです。もう少し広い考えを持つようになったようです。私が思うことだけが正解ではないことがあるね、私がしっかりと信じていた信念が、信念がないガムオクイルこともできるんだという気がしました。" それもそのはず、ソンイェジンはきれいで演技もするだけのがではなく、いつのまにかデビュー10年度を越えた英敏な俳優だった。俳優に演技とは、アップしたの、これは当然よくやり遂げなければならない課題が、国民は、その当然の結果に熱狂する。
イミンギも、それによって多くの愛を受ける演技者の一人だ。"毎作品ごとに悩むことなく演技する俳優はない"と述べ、自分を下げる彼は俳優イミンギとしての長い道のりのどのあたりにいるのだろうか。
"演技上手な俳優が多いが、それぞれの長所や臓器がすべて違うという話ですね。そのため、その位置に自分ができる役割をきちんとこなすのが当たるようです。自分の長所をよく生かしてできることをよく訪ねて、というのが私がすべきことではないでしょうか。もちろん、それだけとガトヒョボちゃうから、あちこち行ったり来たりもするようだよ。これからが手始めのようです"

[毎日経済スタートゥデイパクセヨン記者psyon@mk.co.kr /写真=ペンヒョンジュン記者]
by kazem2 | 2011-12-21 16:27