ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[キムヘリの映画の日記]

我々の方法をあえて他人に説明しようとするな
文:キムヘリ 2011.12.16 Share it
e0109292_21504812.jpg

新世界ギャラリーで展示されているエドゥアルドチルリダ(1924〜2002)の<手>(1994年、紙·糸·インク)。主に彫刻家として活動した唐辛子という事物と人間も一つの空間だと思った。"手は空間の中で最も豊かな表明(articulation)だ"という彼の言葉のようにモングルモングルハン線で描かれた指は物理的であり、無限の製品は、空間的に見られる。




ブラッドピットの"威厳"に関する昨日のおしゃべりに続いて商業映画として、"マネボ-ル"の奇怪な点をメモしておくことにする。金持ち球団とかろうじて競争している貧しい人々の球団が中心に立っているハリウッドのスポーツ映画という前提を聞けば、誰もが生の最後の機会をつかんだの外人球団選手たちの人間の勝利と義理、そして、続くハンスジマー風の音楽が添えられた、人生大逆転のフィナーレを想像する。しかし、<マネボル"の実像は距離が遠い。この映画の葛藤は、人間対人間ではなく、野球というゲームを運営する方法論と方法論の間にもたらされる。しかも、主人公のオークランドエスルレチクス団長ビリーヴィン(ブラッドピット)が代弁する立場は、伝統的に非感を生きる視点です。ビリービンは、統計情報を信頼し、反対者たちは、ダイヤモンドの骨が太いの野球人の直感と経験を支持する。数台ヒューマニズム。通常、大衆映画は、このような構図で、英雄を、後者の場に立てて結論に至り手まで聞いてくれる。ビリービンは、さらに議論をあまり信じていない、独裁者に近い人物だ。監督が自分の構想とオトナガヌン用兵術に固執すると、ビリービンは最初から監督のお気に入りの選手をトレードしてしまう。つまり、<マネボ-ル>は、人物同士の戦いというよりは、顔などのない方針の対決であり、さらには競合している信念と方針の内容も映画の核心とは関係がない。厳密に言えば作家アーロンソキングァスティーブ者リアン、ベネットミラー監督には本当に問題なのは、(それがどんなものであれ、)一つの方針を死守している個人の内面です。したがって、"マネボ-ル"の理論の実用的弱点とか、映画の後、オークランドエスルレチクスガあげた低調な成績は、映画の力を削って食べられない。

それで本人が選択した方針の主人公ビリービンの姿勢は何であるか。劇中で彼の娘が歌ったの歌詞を借りれば、"私はすごく怖い。しかし、誰にも恐怖を見ていない"(I'm so scared but I don't show it)にまとめることが言える。"我々の方法をあえて他人に説明しようとするな"とビリーヴィン右腕ピーターブランド(ゾナーヒル)に渡す一言は、宝石のようなセリフが砂利のように足の違いは、この映画でも唯一耳をさらに強調する。挙句の果てに自分が選択した方法の正当性を他人に認められることにも関心がないことを表明しているセリフだからだ。メジャーリーグと呼ばれる、世界で最も華やかで賑やかな板を舞台にサムジマン、"マニボ-ル"が対象とする勝負は、そのように極めて私的で内密なのだ。作家たちは、"お金の素晴らしいところは、偏見を破ってのパラダイムも変えることができるということだ"という要旨のセリフを入れ込むことで<マニボ-ル>に普遍的な教訓のオーラをこっそりキオンジマン、それはあくまで景品に過ぎない。興味深いことに、共同脚本はアーロンソキンウイ前作"ソーシャルネットワーク"とFacebookの相関関係は、ほぼ正確に"マニボル"とプロ野球のそれに重ね合わせるように思われる。"<ソーシャルネットワーク>:フェイスブック= <マニボル>:メジャーリーグ"だ。まあ、インナーハーバーの積が外港の積と同じであるかまでは分からないが、一つは確実である。二つの映画も、最終的に私たちに与えるのは、感動ではなく、インスピレーシヨンである。

11月17日
使用してきた電話は、寿命がつき、数ヶ月前に、スマートフォンを初めて持つようになった。週末に会った父は、私の新しい電話番号を見て言った。"最近、地下鉄に乗る人々が皆覗いているのがこれだな。"ビョルトゥトなく、言われたことだったはずなのに、なぜか寂しく聞こえた。その次からは地下鉄で思わず携帯電話を取り出して弄るリョダガもギョッとすることになる。私が乗ったカンヌ、どの席では、父親のようなおじさんが、いくら見回しても目かあわないということで特に対象もない空しさを感じているようで。

11月28日
高校時代にサークル活動が活発化していた近所の学校に"社会問題研究班"があったが、かなりにぎわっていることを"サフェムンジェジョジャンバン"と呼ばれては笑い話が回った。社会問題がなければ、作っててでも研究しているわけだが事件記者タンタンは、そういう部類のヒーローだ。エル製の原作漫画"がんがんの冒険"に関する私の思い出は、幼年期に予約購読された漫画雑誌に翻訳連載された分量に限定されているので、スティーブンスピルバーグ監督の新作"ティンティン:ユニコーン号の秘密"(以下、"タンタン")を迎える私のポーズには、原作のファンが持つものと決まって厳格さや切ない個人の好みが混ざっていなかった。試写会が終わって劇場を出る私の頭に浮かんだ最初の思いは、情けなくも映画を見ていない状態でも十分に提起することができる疑問だった。いったいなぜ、ピータージャクソンは、"タンタン"を映画化する最善のフォームは、パフォーマンスキャプチャと思うし、スピルバーグは、自分を演出しなければならないと信じていたのだろうか?このフォームエール私の画風が付いてぱっちりな色彩と簡潔な線を続くことがないばかりか、実写映画を超える迫力を出すことなしには最初からポンヘトウルでしょう。"ティンティン"全体をひっくるめてエニメイションジョクの美しさにウトゥムイン点は、<キャッチ米イフユー缶"の冒頭のようにブラシバス風に内装された古典的なオープニングクレジットです(書いてみると、うわさ話である)。いや、もっと根本まで遡ると、年齢不詳のティンティンは、映画のヒーローとして、危険なほど無色無とった - ように誰も同一視されがちですが - キャラクターだ。彼にスノーウィー("ウォレスとグルミット"のグルミットと双璧をなす名犬)がなくてはならないからである。映画"ティンティン"で、タンタンが直接ヒットを打つ点は、彼の前髪が"ジョーズ"のパロディギャグに利用される場面だ。

誤解なくなる。もちろん、誰がなんと言ってもこれはスピルバーグとジャクソンの手を経たものである。映画的な楽しさはいたるところに散在している。多くの鏡を利用した高難度の巧みなミジャンセンとスリの迅速な動きを組み合わせた目を見張るの最初のシーケンスを含めて、遠景をゴ​​マ粒のように活用するコメディー演出と透明なオブジェと反射面の素晴らしい描写、流麗なマッチカットは名不虚伝だ。問題は、これらすべての映画の中の冒険と技術的な冒険を、"どうでもいいよ"という気持ちで見守ることになるという点だ。<パイレーツオブカリビアン:見知らぬ鳥"を見ながらも実感したが、"ティンティン"は、きらめくルーブゴールドバーグ装置(単純な作業を非常に複雑な手続きを経てするように設計されたマシン)のようだ。スティーブンスピルバーグ監督は、"レイダース"の"タンタン"シリーズに見立てた評価を見て初めてエール私の原作を接するようになったと知らされたが、観客として連戦"インディジョーンズ:クリスタルスカルの王国"に続き、"ティンティン"を見て、私の感想は今アドベンチャーのジャンルからスピルバーグがこれ以上の宝を発掘する可能性は低いのではないかという懸念に近い。オスカー受賞後"マイノリティリポート""ターミナル""キャッチ米イフユー缶""宇宙戦争"などを経て、新しい境地へと飛躍したスピルバーグ監督は、高原期に入ったのだろうか?すぐに"ウォーホース"が公開だから時間が気にしなくても良い。

11月29日
キムギドク監督の"アリラン"を見た。<アリラン>の弱点は非常にナルシスト時にスティックという点で、長所は、その事実を隠そうとしないという点だ。撮影の中で俳優に発生したくらっと事故の経験は、映画のドンジラ信じていた後輩たちの"裏切り"、より大きな成果を成すことができないかもしれないという不安に創作の壁にぶつかっ監督の独白と自問自答が"アリラン"の本筋です。金基徳監督は、最初の事故の記憶を3年の空白期をもたらした第一の原因と指摘が見守るほど、観客は、残りの2つの理由は、監督をより革紐しているという印象を受けることになる。通常、キムギドク監督の映画は、人物が言うよりも省略されている時がもっと美しいんですけど"アリラン"は、自虐と恨みの言語が滝を成している。フィルモグラフィーから、例外的な動機や方法論にしてなったから当然のノルトイルこともできますが、その言葉が監督の前作が積み上げた詩的な沈黙の美しい城砦を多少傷つけたことも否定できない事実だ。私の映画の中人物たちが表出した、純粋な本能にも、あるいは解脱にも、自分はなぜ到達できないのか嘆く金基徳監督もその点を知っているように見えた。何よりも私を混乱に陥れた瞬間は最後の場面だった。想像の復讐を分極されたシーケンスに続いたこの自爆のシーンには、その地点までの映画が吐き出した本音をびまんする、もしくは自分で水位を調節するような計算の気配が突然映画の中に取り込んだり冴えない異物感を残したからだ。
文:キムヘリ
by kazem2 | 2011-12-17 21:59