ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[ジンジュングォンのアイコン]神の息吹

cine21
オーラとオーラの破壊
e0109292_21593227.jpg




ジャングルの真ん中に立っているアンコールワットのような文明は、今日の目には奇異に見えるのだ。
しかし、社員が建てられる当時その地域は、人口100万人以上の賑やかなエリア。当時、英国のロンドンは人口5万人余りの小さな町だった。そのように発達した文明がそんなに急にジャングルの中に消えてしまったというのは驚くべきことです。なぜ彼らは森林を破壊し、国力を排出してまでも、あれだけの巨大な歴史の中で、毎月れるべきだろうか?

ハイデッガーによれば、"ギリシャ人は、神が存在する神のモサンを作ったのではなく、神のモサンを作成することで神を存在させた"。狡猾な(?)の策略だ。モサンは、常に何かのモサン。モサンが存在する場合、元箱も存在しなければならない。例えば、実在しない人物の身分証明書を偽造し、路上に流す場合は、それをジュウォドゥン人は、身分証明書の中の人物が存在すると信じることだ。ソースのない複製は、元の代わりにするシミュルラシオン現象は、このように古くから存在してきた。

形状を禁止
ギリシャ人は神々の家を行うことで、オリンポスの神々が存在することにした。中央の身の上でジュランウルから流れ出る神聖な雰囲気。オリンポスの神々は、この"感じ"の中でシルジョンハルことができた。私は今、神の息吹の中に入っているという感じ、そういうわけで、その存在が今私のそばにおられるという感じ。それを"オーラ"と呼ぶ。シェムリアップアンコールワットやバイヨン寺院を建てた人々も確かにこの宗教的な行列の有効性を狙ったのだ。

神殿を建てるということは、ぽつんと建物を一つ建てるのとは次元が別の日。オリンポスの神々を除けば、ギリシャ文明では何が残るか。たとえば、ローマ人がエルサレムの神殿を破壊したのはグロソした歴史的な民族の生活をなくすためだった。同じように、カンボジア人たちがアンコールワットを立てたとき、彼らは自分たちの民族の世界をプログラムされたのだ。その社員たちがジャングルに食われてしまったときに最も偉大な民族の世界も消えたのだ。

"神殿"は、神の住まい、つまり像を祀る場所です。もちろん、ユダヤ教、キリスト教では神の家で神の姿を見ることはできない。ユダヤの神は人間たちに私の形を作ることを禁止したからだ。ユダヤ教、キリスト教の神殿は信者が集まる"会堂"に近いと、キリスト教に改宗したローマ人たちは神殿を建てるときに姓(圣)に属している神社ではなく​​、中の(俗)の建物である公会堂をモデルとすべきだった。ヨーロッパの大聖堂"大聖堂"と呼ばれるのはそのためだ。

今日、我々は、いくつかの文明の像を見て、せいぜい、"偶像"を思い出させるならば、それはユダヤ教からキリスト教に伝わる形状禁止(iconoclasm)の偏見のためであろう。イスラムは、形状禁止の戒律を非常に追求する。キリスト教の大聖堂では、壁画や彫像も見られるが、イスラム寺院で、具体的対象を描写した形状を探してみることは難しい。寺の装飾には、"アラベスク"という名前の抽象文様が使用されるだけだ。

美術史でも同様の現象を見ることができる。例えば、抽象絵画へ進むのに決定的な貢献をしたヤスパの画家たちは、アフリカの部分と、イスラムのアラベスク模様で芸術的なインスピレーションを得たという。マレのビーチは、自分の"黒い正方形"を両方の壁に会うの角に掛けておいたが、そこには伝統的に正教会の性状をかけて置くところだった。"性状(icon)の席に性状の破壊(iconoclasm)のアイコン(icon)を掛けたことになる"である。

イメージの危機
キリスト教とユダヤ教の形状の制限は、おそらく、文字の導入により、イメージが疑われてきた状況の産物だ。しかし、文字を知らない民衆に画像のない宗教を信じ勧めるのは、マトリックスの住民たちに文字と数字で書かれたプログラムを信じなさいと勧めるのと同じ。このため、キリスト教は、自分が定めた戒律を自ら破るしかなかった。中世の教会がイエスキリストの聖者と聖母を模写したいろいろな種類の性状と混合されているのはそのためだ。

形状禁止の戒律がオーラを破壊するわけではない。なぜ、ユダヤ人は神の形を作ることをグムヘトウルカ?文化的相対主義のためだったのだ。民族間の接触が活発になり、民族ごとに絶対者の姿を別の方法で形象化していることを知ることになる。神は、文化的相対性から取得し、彼に絶対性を付与するには、当然、具体的な形状を放棄したのだろう。そういう意味で、形状の制限は、むしろ、より大きなオーラを演出するためのジャンチラすることができる。

構想を放棄するとオーラがサラジゲトか。身上はなくてもユダヤ教にも聖域は存在する。実際には抽象系の作品であればあるほどオーラで武装したりする。例えば、カンディンスキーやマレのビーチは、自分たちの絶対的抽象的に宇宙論的規模の途方もない理論を付け加えであり、バーネットニューマンとマークロスコは、自分たちのセクミョン抽象化が引き起こす影響を崇高の体験に描写したりした。抽象でも具象でもすべての画像にはオーラが通うはずだ。

オーラの破壊
ヴァルターベンヤミンは、提案の対象が、今日の展示の対象に転落したことからオーラの破壊の開始を見る。もちろんグロソオーラが完全に消えるわけではない。性状に対する宗教的崇拝が今作品の芸術的な崇拝に変わっただけだ。このように神はないのに神学(オーラ)は存在している現象を、彼は"否定神学"と呼んだ。広く知られているかのように彼の写真や映画などの複製メディアが、この芸術的なオーラさえ破壊すると見た。

例えば、アンコールワットから少し離れたところにバンテイスレという名前のヒンズー教の寺院がある。ヒンドゥーの神々が存在していた、その寺院で以前のように宗教的なオーラを体験することはないと。私達の目の神殿は、ただ"作品"に見えるだけだ。しかし、洗練された建築や彫刻で構成されたこの完璧な作品(?)の前で私達はほとんど宗教的な外径に近い芸術的な畏敬の念を感じるようになる。これがベニヤミンが言った、"否定神学"の状態であろう。

ベニヤミンは、オーラの破壊を"進歩的"な現象で見たが、必ずしもそうではない。ハイデッガーは、かつては博物館や美術館の中に入って来てハンガト作品で転落してしまうことを嘆く。我々は、像をハンガト"作品"として鑑賞すると、かつて、それが各民族に開いてくれたのは"世界"が崩壊してしまう。ハイデッガーは、現代人たちに個人がオーラと一緒に開いてくれたのは、真理(wahrheit)を保存(bewahren)することを要請する。

ベニヤミンの時代のオーラを破壊するものが大量に複製されたイメージだったら、今日のオーラを破壊することはボクジェヨヘンイルだ。商品化された旅行によってすべての人が旅行をすることになったのは、進歩的な現象かもしれませんが、従業員を追求するほとんどの観光客は、宗教的オーラはもちろん、芸術的なオーラを感じることにも関心がない。"今、ここ"のオーラを体験するのではなく(写真で)、そこ"にいたノラは、証拠を残すのに忙しいだけだ。

ハンガト観光の"資源"へと転落してしまったの寺院の境内に、それでも寺院の本来のジェウイジョク機能を蘇らせる努力する健気な人もたまに目立った。彼らは私ヒャンブルを丁寧に渡し、寺院に残された仏像の前のセクションをするように勧めた。古代の寺院で、神の息を感じては、この嗅覚オーラの演出をするには、もちろんヒャンブル一つに1ドルずつ料金を払わなければならない。

文:チンジュングォン イラスト:ジョンウォンギョ
2011.12.16 Share it
by kazem2 | 2011-12-16 21:45