ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イ・ミンギ「不気味な恋愛」"不気味な三つの戦略!"

☆tvreport.co.kr
e0109292_21555452.jpg




[TVレポートギムボムソク記者]
ソン・イェジン イ・ミンギ主演の"不気味な恋愛"(ファンインホ監督、想像フィルム制作)の興行傾向が尋常ではない。去る1日封切りしたこの映画は14日、一日だけで7万8000人(ヤングジンウィ集計)を動員し、ボックスオフィス1位を守った。2〜3位の"ブレイキングいた-1部"(2万6000人)、"ティンティン:ユニコーン号の秘密"(2万2000人)を遠く弾き出して三倍以上の差でリードしている。

状況がこれほどになると、15日に封切られるトム・クルーズ主演の"ミッション:インポッシブル:ゴーストプロトコル"にも一度競う力があるのではないかという話が出ている。序盤に厳しい勝負になるだろうが、"ブレーキングドーン"を減らした底力が今回も発揮される場合、意外な結果が出ることができるという雰囲気だ。14日までに166万観客を"感動して"作成されたこの映画の底力の秘訣を調べてみた。

◆"サムシングニュー"通じた
"不気味な恋愛"を見た観客たちの反応を1行で要約すると、"新しくておもしろい"です。
興行法1条1項"New、Fun"に忠実だったこと。ロマンチックコメディに本格的なホラーをミックスマッチした"怖ければ怖いほど"戦略が功を奏したのだ。漢江(ハンガン)の夜景を見下ろす静かな雰囲気の中で幽霊を見る女ヨリ(ソン・イェジン)と合コンした男性がエレベーターの幽霊に会ってびっくり驚天している場面はこの映画の差別点を最もよく見せてくれたのハイライトだった。

クローゼット幽霊の魂を癒してくれるタイプのジョグ(イ・ミンギ)のホラーイリュ―ジョンもなかなか興味深い点だった。観客がまるでホラーマジックショーに招待されたかのような緊張感のある撮影技術も一役買った。"800円出して二本の映画を見た気分だ"という鑑賞評があるだけに幽霊が出てくる時はホラーの文法に忠実だった。

シナリオ作家出身のファン・インホ監督は'シシリー2km'二つの顔の彼女'を通じて異質なジャンルの一つに混ぜる才能を発揮した。チョコレートマキヤトのようなぎくしゃくしたロマンスのエスプレッソのような濃厚な恐怖を配合した試みが興行呼び水の役割を果たした。


◆ソン・イェジン八方美人実証
SBS'ランニングマン'に出るときに調べてみたばならなかった。ソン・イェジンはこの映画にどれだけ愛情があり、またどれだけ自信があったのか。今まで観客の期待を一度も裏切らなかったなソン・イェジンは、"不気味な恋愛"で、可愛くて愛らしいながら引きこもりに住んでいる孤独な魂のヨリを豊かな表情と一緒に立体的によく表現した。容易ではないキャラクターを調理する腕が一流シェフの水準だった。

イ・ミンギが呼び出した酒の席で、代行運転の名刺を額につけたまま、"私が代理ですか?彼女もながら"と
ぶっきらぼうに問い詰めてすぐに"どのように男が呼ぶのに出てこないのか"と本音をバラす飲酒演技まで、ソンイェジンだからこそ可能だった。どんな状況でどんな演技をしても、すべてを、ソン・イェジンの表に置換する能力を今回も見せてくれた。

酔うと男のシャツ破るのが得意なよっぱらいの演技も笑いをかもし出したボーイフレンドできれば、"一番最初にオーガズムを感じたかった"と話す時も浅はかだったり、突きつける女性の方に見られなかった。ソン・イェジンの演技が最も輝いたのは電話の友人に告白懺悔している場面だった。

"私は幸せ。一人で暮らすのもいくらでも楽しい"と心にもない話をしてから、"でも、正直怖い。私は今まで一度も幸せな時はなかった"と言いながら嗚咽する時は鳥肌出るほど深い感情が伝えられた。忠武路で投資されている女優3人衆ハ・ジウォン、ソン・イェジン、キム・ハヌルを称する'ハソンギム"の面目を遺憾なく見せてくれた名場面だった。

◆12月の封切り遅らせたのも好材料
昨年12月にクランクインして今年4月に撮影を終えた"不気味な恋愛"は、半年以上も公開待機中だった。投資配給会社CJエンターテイメントが、元の秋の映画に配置したが、12月に封切り日を遅らせ結果的にこの戦略は合致した。

"ただ君だけ""ほんの少し集めてロマンス"、"きみはペット"など、今年の秋メロー映画は、遅々として進まないの成績表をもらったが、"不気味な恋愛"は、12月のランドマークの映画で差別化し、同日取り組んだ"ブレイキングダン-1部"を4日間で破って劇的に打っていった。実際にCJエンターテイメントと12月のロマンチックメローはあまり相性が合わなかった。パク・ジニ主演の"甘い嘘"(08)をはじめとして、痛恨のいくつかの失敗の事例があったから。

しかし、"良いコンテンツは、観客を無視しない"という平凡な真理を信じて12月1日に思い切って勝負の賭けに出た"不気味な恋愛"は、予想通り、観客の財布を開いた。CJの立場ではこの映画を通じて、12月のロマンチックなジャンルの不快感をすっきり振り落とせるできるようになった。



ギムボムソク記者kbs@tvreport.co.kr

記事の日付:2011 - 12 - 15 13:47:33
by kazem2 | 2011-12-15 21:55