ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

イ・ミンギ<不気味な恋愛> インタビュー②マ・ジョグとの縁

☆tvdaily.mk.co.kr
イミンギが明らかにしたユアイン、ソンジュンギの魅力
e0109292_15334273.jpg

e0109292_15354218.jpg








e0109292_15343654.jpg


[テレビデイリーキムジヒョン記者]
今年の映画界は、特に多くの20代男俳優らがあふれた。ユアンの人からソン・ジュンキとチャングンソクまでの青春俳優たちが豊かな実を結んだ年だった。俳優イ・ミンギ(26)も青春俳優たちのラッシュの中に一緒にした。むしろこれらよりも早く映画に集中して、様々な作品でフィルモグラフィーを作っていくところだ。観客を集める力も生じた。映画" 海雲台(ヘウンデ) "で1000万俳優になったし、初主演作"クイック"は300万を突破した。去る1日封切りされた映画"不気味な恋愛"(監督ファンインホ、製作想像フィルム)は、"ブレーキングドーン"と"タンタン"などの大作を抜いて200万観客突破を目の前に置いている。20代半ばのイミンギが示す成長は確かに注目に値する。

▷20代半ばで映画主演を務める俳優になったのです。胸がいっぱいなのですか?

こういう話を聞くことが胸がいっぱいです。(笑)しかし、安定した状態ではない。作品を選んでいるのかとよくおっしゃってくださる方々がいます。ところで、私はまだ不安です。私の言葉を信じていないんですよ。自分で作品を取ったと感じる日は、まだまだです。私はずっと動いていたい。どんな意であるかといえば、その間私が引き受けた役割が限定的であったという話です。。今までずっと一つを繰り返したという考えになります。今後、似たような役だけ引き受ける場合は、自分自身に飽きるようです。二時間の映画で、ずっと同じ姿を示すことは失礼でしょ。今回の"不気味な恋愛"は、そのような部分で二歩程度ずらしていったと思います。

▷それでもある映画の責任を負う主演級になったが陶酔することもできるでしょう

今の私を予想したのも、意図することはありません。どう ​​いうわけか、暮らしてみるとそのようになりました。偶然に'海雲台(ヘウンデ)'のようになり、そのために"クイック"をするようになったし、"不気味な恋愛"に会うようになったゼロのです。私がこのように持ちこたえることができる理由をあえて探すならドラマ "テルン選手村 "からです。何も知らずに始めて"泰陵選手村"で最初に演技にすべてをかけちゃいけないと思いました。その前に私は少し違っていた。田舎から来たモデル出身の子供がただTVに出てきただけなんです。ところが、いつからか切実になったようです。

▷ジョグはホラー魔術師じゃないですか。マジックは水準級だったのにどのような訓練を経たのか。

魔術も演技ということを悟りました。初中級に分かれていますが、最終的に表現力が良くなければならない分野だということを学びました。同じテクニックを調べても、魔術師によって表現が変わって、より神秘的になるのです。本当に繊細な作業です。他者との親密な関係を続けて神経を使わなければね。ある意味では俳優のような職業です。"不気味な恋愛"と、私は縁だと感じたのはオファーが入って来る前、私の魔法を学んでいたんですよ。と、ところが、次の役割がホラー魔術師マ・チョグだったんですよ ​​。縁だと思う。

▷ユアイン ソン・ジュンギ チャン・グンソクなど、これらの演技を見たんです。

たまに記事を見ると不思議です。三人とも美男子で、私よりずっと華奢な雰囲気なのに、私と一緒に名前が挙論されると、変です。でも、考えてみると皆私と年齢帯が似ていましたよ。しかも利点が多い方々です。正直びっくりした部分もあります。ソン・ジュンギ氏のような場合は、アナウンサーになろうと勉強をされたと聞いたのですがそれが光を放つようです。演技をするときに、ダイアログトーンが整理されてあり、それが魅力的に寄ってよ。見ながら"あ、あんな言い方とあんな呼吸を使うことも魅力があるように見えるんだな"と感じたんです。発声から学ぶ部分があります。ユアンさんのような場合は、"ワンドゥクイ"と話をしようとするなら、新鮮な演技でした。ワンドゥクイの反抗感があるのに、反抗をこのように新鮮に表現することもあるんだ、"本当に考えをたくさんする友人だ"と思ったんです。ただ乱暴に表現することもいたよけて行って、ちょっと違うように表現するのが新鮮だったし、キャラクターをポンハジように解いていく姿が良かったです。残念なことにチャン・グンソク氏の"きみはペット"は見ていないですね。すぐに満員だっのですよ。

▷イミンギさんは密かに多作をした俳優です。噛んで痛い作品がある場合は?

本当にすべての俳優が同じ答えをするが、すべての作品が残るのだ。そして、それはすべて違います。その残りを説明するには時間が足りないようです。前作の"クイック"は、ジャンルの演技を学んだ。俳優自身の演技が重要なのではなく、ジャンルに合わせて吸収する必要があるとは何かを学んだ。柔軟に全体を合わせる作業のことですよ。また、学習の人格的な部分も必要な職業であることも学びました。私がいくら疲れてもスタッフらがけだるい時は活気に満ちる姿を見せなければなりません。俳優は人間的にもしなければならない部分が多いです。"不気味な恋愛"のような場合は、恋愛をする気がしました。時々かゆい祈りが、時間が経つと大切に感じられるんですよ。'クィク'とは違うようにキャラクター自体に集中しなければならなかったし、感情演技が大変重要だったんですよ。俳優の演技が必要な映画でした。

▷次期作では何を構想していますか?

まだ決定したことはないですよ。移動可能な役割であり。私が引き受けて見ていないの役割のことですよ。新しい作品に新しいキャラクターならば良いし、明らかでなかったらいいですね。また、常に女優さんと作業したので男俳優とやってみたいです。俳優同士のエネルギーが充満する演技を体験してみたいです。撮影が終われば相手の俳優を"お兄さん"と呼びながら、サウナもして一緒にビールを飲むことができるといいですね。

▷"不気味な恋愛"の希望、観客は? 300万程度ですか?。

ソンイェジンさんのファンがたくさんくるようです。ソンイェジンさんは、女たちも好きな俳優じゃないですか。"と、ソンイェジンですか?認定!"このように叫ぶ観客たちがたくさん見るようです。

[テレビデイリーキムジヒョン記者news@tvdaily.co.kr /写真=バンジヨウン記者(上)、映画スチール]

記事情報提供news@tvdaily.co.kr 2011年。12.15(木)13:25
by kazem2 | 2011-12-15 15:37