ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

CINE21 [他人の趣向]あるんじゃないか.....秘密です

CINE21.com
e0109292_22534573.jpg




"他人の趣向"と名付けられたこのコーナーで何を書こうか何日間か迷っては好みが何なのか、それ自体についてきちんと尋ねられることがないという気がした。好みは何か、私の好みは何か、私が他人のものだと感じる味は、何かする。例えばこういうことだ。私のファッションの好みはAlexaのチョンイダ。右、そのファッショニスタだ。面白いことにも、Alexaの清が着るサイズの服も、そのようなスタイルの服も、その価格帯の服も私には、該当がない。一度山のスニーカーは、落ちるまで申告、週に3回はバックパックを担いで出勤して、気に入ったストライプティーを色別に5スーツ買って回して着る私として、味もグリルソニャ。私は、私の好みから疎外されるわけだが...私は私の好みで飾ることができない現実に適応したとして、私の現実が趣向までの規定を犯さできますか?

しかし、ファッションではない場合は、問題は変わる。本と音楽についてなら私の好みは、私の消費量と一致する。しかし、まだ問題は残る。私の好みは私のだろうか?私の文化的な好みは、私は所属する階級を教えてくれるので、私の好みを"理想的"なものにする試みをすることはではないか?素直に好みを前に出す前に、この味がどう見えるか自己検閲をすることがしばしばあるということだ。小学生の時に私が好きだったクラシック音楽は、バッハの"ブランデンブルク協奏曲"やチャイコフスキーの"悲愴"でしたが(もちろん、自由な時間の90%は、米帝パプウムアクウル渉猟して送った)、"悲愴"を聞いていくも、泣いたりもした。その言葉を聞いた知人が、"やっぱり小学生だったんだね"とキドゥクゴリは缶に、しばらくの間、チャイコフスキーのアレルギーに悩まされたりもした。90年代にはミラノクンデとの本の"耐えられない存在の軽さ"が好きか"冗談"を好きかでその人が社会を堅持する姿勢を見極めることもあった。のような作家の代表作二編のうちどちらを"好きか"の問題は、政治的意識の成熟度(あるいは世間知らずロマン主義的傾向のバロメーター)にも評価された。

年を取るほど、あまり親しい人の前に立てるな"公式"の味をライナスの毛布のように巻いて通ったりもする。馬鹿な行動合わせて厳しくないはないが、十分に繊細で、やや荒いようだが、分かってみれば物静かで、適当に博学多食しながら好きな分野は深く食い込むように見えるが、結局何も意味しない味のマニュアル。代わりに、最もソンタヌンのこと、一人で楽しむものは、ベッドの下や、"ジクバクグリ"フォルダの中に入れて親しい人とだけ共有するという形だ。どのようなことは、とても浅いので、どのようなことは、とても優雅で、どのようなことは、みんなで楽しむのがもったいなくて!このような無駄な秘密主義にマトドゥルヨトウニ好みについて虚心坦懐に文章を書くことができるか。というわけで今回の"他人の趣向"はこれで終了します。

文:イダヘ


mufufufu^^
by kazem2 | 2011-12-09 22:54